本ブログの「人気トップ100」の記事を分析してわかった!人気のあるジャンルとアクセスアップの方法とは?

f:id:steveperry1373:20190215201332j:image

どうも。数字を分析するのが好きな男、タクミです

 

分析といっても高いITのツールを使う高度な分析ではなく、与えられた情報をコツコツとエクセルシートにかきとめて、対応策を考える地味なものが好きです

 

さて、今回は本ブログ「シンプル都心ライフ」のアクセス分析を行ってみました

 

とはいえ、本ブログは750記事もあるので、「アクセス数トップ100」の記事に絞って、記事の特徴をまとめてみました

 

なぜ「トップ100」なのかといえば、実は「アクセス数のほとんどは上位の人気記事」にあつまっているからです

 

というわけで、今回は「Googleアナリティクス」さんを使って取得したデータを元に、「人気トップ100記事」のジャンルや、今後のアクセスアップのための方法を考えてみました

 

なお、今回は「過去3ヶ月」のデータを元にしております

 

 

 

本ブログの「人気トップ100」の記事を分析してわかった!人気のあるジャンルとアクセスアップの方法とは?

検索されている「人気カテゴリー」のTOP5位は?

f:id:steveperry1373:20190215201342j:image

まずは「Googleアナリティクス」の分析結果を印刷し、アクセス数の多かった「人気カテゴリー」を書き出してみました

 

【人気カテゴリランキング:TOP5】

1位:シンプルライフ・ミニマリスト・断捨離

2位:お金、クレジットカード、お得情報

3位:キャリアアップ(英語、TOEIC、大学院、勉強方法)

4位:健康、サプリメント、スポーツジム

5位:オススメ商品

以下、略

 

圧倒的に1位だったのが「シンプルライフ・ミニマリスト・断捨離」。ブームということもあり、人気、需要が非常に高いです

 

2位は「お金、クレジットカード、お得情報」。お金の稼ぎ方や使い方など、気になる方は多い人気のジャンルです

 

3位は「キャリアアップ(英語、TOEIC、大学院、勉強方法)」。特に英語の勉強方法を検索されている方が多い印象です

 

4位は「健康、サプリメント、スポーツジム」。健康思考の方が多いのか、こちらのカテゴリが4位でした。

 

5位は「オススメ商品」。インターネットでオススメの商品を探している方が多いのではと思います

 

カテゴリー別の合計PV数ランキングのTOP5位は?

次に、実際の「上位100位」の記事の「PV数(アクセス数)」を書き出して、合計のPV数を求めてみました

 

【人気カテゴリPV数:TOP5】

1位:シンプルライフ・ミニマリスト・断捨離:13893PV

2位:お金、クレジットカード、お得情報:9679PV

3位:趣味(音楽、カラオケ、ピアノ):8894PV

4位:仕事、心理学、IT:7238PV

5位:健康、サプリメント、スポーツジム:5586PV

 

人気カテゴリのPV数を分析してわかったことは、以下の通りです

 

  1. 「シンプルライフ、お金、健康」のジャンルは、「ブログ内で検索される」
  2. 「趣味」ジャンルと「仕事、心理学」ジャンルは、インターネットなどの「ブログ外から検索される」

 

基本的には、「ブログ外から検索される割合は7〜8割」と言われています

 

しかし「シンプルライフ」や「お金」、「健康」のジャンルは人気が高いため、ブログ内でも検索されていることがわかりました

 

 

カテゴリー別の「記事数」のランキングTOP5は?

次に、筆者が書いてきた記事の「カテゴリー別の記事数」のランキングTOP5をまとめてみました

 

つまり「筆者が書きやすい記事のジャンル」を分析してみました

 

【カテゴリー別の記事数:TOP5】

1位:お金、クレジットカード、お得情報135記事

2位:仕事、心理学、IT125記事

3位:ブログ、PV、運営報告:123記事

4位:オピニオン、日記、ニュース記事:117記事

5位:シンプルライフ・ミニマリスト・断捨離86記事

 

カテゴリー別の記事数を分析してわかったことは、以下の通りです

 

  1. 「お金、クレジットカード、お得情報」、「仕事、心理学、IT」は記事が書きやすい上に、需要があるので相性が良い
  2. シンプルライフ・ミニマリスト・断捨離」は、「記事数」に対して「アクセスが多い」ので、「伸びしろ」が最も高い
  3. 「オピニオン、日記、ニュース記事」は、「需要がない」上に「アクセス数も少ない」ので、「伸びしろ」がない

 

「オピニオン、日記、ニュース記事」などは、日記に近いジャンルですので記事は書きやすいです

 

しかし「需要」がないのに「記事数」が多すぎて、ミスマッチしていますね

 

ジャンル別のアクセスアップのための方法をまとめてみた

最後に、ジャンル別にTOP100記事を分析した結果をもとに、ジャンル別のアクセスアップのための方法をまとめてみました

 

今回は「TOP100記事」の「PV数の合計」をもとにランクをつけ、それぞれのカテゴリごとのアクセスアップの方法を考えてみました

 

【カテゴリー別の全ジャンルにおける「アクセスアップ」のための方法】

総合1位:「シンプルライフ・ミニマリスト・断捨離

検索件数、アクセス数(PV)が圧倒的。需要高し、そして記事数も多く書きやすいジャンルなので、相性よし。最も伸びしろが大きい分野なので、関連記事数を増やしてアクセスアップを目指す

 

総合2位:「お金、クレジットカード、お得情報

件数、アクセスともに安定した人気あり。「お金」はロングテール(数年単位で検索されやすい)なキーワードでもあり、安定したアクセスがある。今後の伸びしろも十分。引き続き関連記事数を増やしてアクセスアップを目指す

 

総合3位:「趣味(音楽、カラオケ、ピアノ)」

「カラオケ」のキーワードで上位検索になっているのが非常に大きい。わずか「19記事」「アクセス数は3位」と驚異的。地味に「ピアノ」のネタも上位。関連記事を増やすにはネタ切れなのがネックだが、新ネタを考えてアクセスアップを目指す

 

総合4位:「仕事、心理学、IT」

アクセス数が安定しており、人気あり。ロングテールでもあり、今後の伸びしろも十分。筆者がもっとも書きやすいジャンルなので、「仕事関係」「人間関係」のみでなく、「恋愛関係」の記事を増やすことでアクセスアップを目指す。「IT」は必要ない

 

総合5位:「健康、サプリメント、スポーツジム」

アクセス上位の理由は「プール」「筋トレ」のビッグキーワードで検索上位のため。健康は筆者が書きやすいジャンルなので、「サプリメント」のみでなく「トレーニング」系のジャンルを増やしてアクセスアップを目指す

 

総合6位:「キャリアアップ(英語、TOEIC、大学院、勉強方法)」

カテゴリ別の需要は「3位」だったので需要は高い。しかしほとんどが「英語(TOEIC)」であり、「大学院」の情報はネタ切れ。よりわかりやすい「英語の勉強法」の記事を増やしてアクセスアップを目指す

 

総合7位:「ブログ、PV、運営報告」

記事としては最も書きやすいジャンル。しかし「ブロガー」向けの記事となるので、需要は横ばい。「副業」などの「お金」のジャンルに合わせるとアクセスアップが期待できる

 

総合8位:「オススメ商品」

カテゴリ別の検索ランキングは「5位」と人気。しかし「ものを買わない」ライフスタイルのため「オススメ」商品は記事が少ない。「商品」よりも「サービス」の紹介に力を入れることでアクセスアップが見込める

 

総合9位:「評論(書評、映画評、芸術関係)」

レビュー系の記事は「ブログ作成」に時間がかかるわりには、アクセス数が少ない。アクセスアップよりも「本当に知ってもらいたい」オススメの本や映画のみを紹介するに留めたい

 

総合10位:「食レポ・旅レポ」

食レポ・旅レポは行動さえすれば記事にできるが、旅行先がバラバラで、アクセスも少ない。1食4万円以上の高級レストランや5つ星ホテルもそこまで検索されない(わざわざ検索する需要がない)。趣味レベルにとどめる

 

総合11位:「オピニオン、日記、ニュース記事」

記事数が4番目に多いのだが、要は「日記」なのでアクセスは少ない。息抜き程度にとどめる

 

まとめ。「人気トップ100」の記事を分析してわかった!人気のあるジャンルとアクセスアップの方法は「Goolgeアナリティクス」で分析して理解すべし!

というわけで、「11カテゴリ」を分析した結果、アクセスアップのための方法が明確になりました

 

一言でいえば、以下のルールを守れば良いのですね

 

「自分よがりな記事」<「読者の求める記事」

 

ブログは、どうしても「自分が書きやすいジャンル」ばかり書いてしまいます

 

特に「オピニオン、日記、ニュース記事」などは、その場で考えていることを記事にできるので、「趣味ブログ」ならオススメです

 

しかし、「副業」として「ブログ」をやるには、「アクセスアップ」のために「人気のある記事やジャンルを分析する」ことが重要です

 

「自分よがりな記事」<「読者の求める記事」

 

このシンプルな方程式を意識して、今後のブログ生活に役立てていきます

 

というわけで、「人気トップ100」の記事を分析してわかった!人気のあるジャンルとアクセスアップの方法をまとめてみました!

 

今回の記事は、さっそく「自分よがりな記事」ですけどね笑

 

少しでもブロガーの方の息抜きになれば幸いです