「お金を稼ぐスキル」と「勉強のスキル」はまったく別物!という話

f:id:steveperry1373:20190218193051j:image

学校の勉強を頑張っていれば、将来は安泰です

 

というのは冗談で、勉強を頑張っているだけで楽ができる時代ではなくなりました

 

東大を卒業しても、思うような進路になっていない人が実際にたくさんいます

 

参考>>最高学府「東大」の卒業生でも、就職先で悩むという話 - シンプル都心ライフ

 

では、学生時代には、どのようなスキルを身につければ良いかといえば、「お金を稼ぐ」スキルです

 

とはいえ、学生時代に「お金を稼ぐスキル」を身につけられる人はごくごく少数です

 

怪しげなサロンに高額な月謝を払って社会勉強をするくらいしかできないものです

 

というわけで、今回は「お金を稼ぐスキル」と「勉強」のスキルはまったく別物!というあたり前の話をします

 

 

 

 

お金を稼ぐスキルと勉強のスキルはまったく別物!という話

社会に出て学校の勉強が役立つ。ことは少ない

まず、よく聞く話ですが「社会に出てから学校の勉強が役立つ」という話です

 

こちらは「学校の勉強は、社会に出てから役立つかもしれないけど、役立つことは少ない」が正解です

 

こんな記事も書きましたけど、レアケースですね

参考>>「数学」なんて絶対に社会に出てからは役立たないと思っていたのは間違いだった話 - シンプル都心ライフ

 

専門学校で「簿記・介護・看護・医療・IT」などの専門知識を学ぶのは、仕事に直結します

 

しかし「地理」に詳しくても、「営業でトップのセールス」を出せるわけではありません

 

「数学」が得意でも、「社内での根回し」のスキルは身につきません

 

社会に出て学校の勉強が役立つことはあっても、勉強の内容が”直接”仕事に役立つことは少ないです

 

 

東大生が社会人になってセンター試験を解いてみたYouTube動画でわかること

さいきん面白い動画の中で、堀江貴文さんがメインでやっている「ドラゴン堀江」が面白いです

 

この番組は「堀江さんと、売れてない芸人、アイドルが東大を目指す」というものです

 

この中で一番おもしろいのは「現役で東大に合格した堀江さんが、センター試験の数学II・Bで0点をとった」ことです

 

つまり、現役時代には8〜9割の点数をあたり前にとっていても、社会にでてから数学のセンターレベルの知識は使わないことがわかります

 

堀江さん以外の方も同様でして、東大卒業生の20代のYouTuberの方が、数年ぶりにセンター試験を解いてみたら、「3〜6割の点数」だったという動画があります

 

このことから、「勉強がもっとも得意だった人」でも、社会人になると大学受験の内容を忘れてしまうことがわかります

 

大学受験の勉強が無駄だというわけではなく、「大学受験用の勉強は、大学受験で役立つ」ということを意識した方が良いということです

 

無理やり「社会にでてからも学校の勉強は役立つんだ」と思い込むのではなく、「大学に入るのに必要な勉強」ということを意識しましょう

 

そして「学校での勉強のスキル」は「お金を稼ぐスキル」とは関係ありません

 

「お金を稼ぐスキル」はどのようにしたら身につくのか

それでは「お金を稼ぐスキル」はどのように身につけるのでしょうか

 

結論からいえば「独学しかない」と、筆者は思います

 

まず、学校生活の中で、「お金の稼ぎ方」は誰も教えてくれません

 

普通の小学校でも、超名門の小学校でも「お金の稼ぎ方」は教えてくれません

 

まれに「変わった先生」がいれば、お金の稼ぎ方を学べるかもしれませんが、「お金の稼ぎ方は誰かが教えてくれる」と思うのは辞めましょう

 

「お金を稼ぐスキル」は「独学」で色々と試してみて、その中で結果がでたものを工夫し続けるしかないです

 

1円も稼いだことがない人が「お金の稼ぎ方セミナー」に行ってはいけない理由

お金の稼ぎ方は「独学」しましょうという話をすると、「お金のセミナーがたくさんあるじゃん」といわれます

 

しかし、「お金の稼ぎ方セミナー」は、99%の人には意味がないセミナーです

 

なぜなら、講師の方は「お金の稼ぎ方」の「一部」を教える人が多く、そして「セミナー業」で稼いでいる人も多いからです

 

いまやYouTubeでもブログでもSkypeでも「お金の稼ぎ方」は簡単に伝えることができます

 

それなのにわざわざ「セミナー」をしているのですから、「講師の方」に圧倒的な利益が生まれるためにあるのです

 

「お金の稼ぎ方」のセミナーを受けてもいいのは「一円でもお金を稼いだ経験がある人」です

 

参考>>ブログで「1円」を稼ぐことが本当に貴重だと思う3つのワケ - シンプル都心ライフ

 

それ以外の人は、「いい話を聞けたなあ」という「感想」しかもたず、大切なお金を講師に支払うことになります

 

「お金を稼ぐスキル」は「独学」でも十分に身につきます

 

「お金を稼ぐスキル」は「大金を稼ぐスキル」ではない

「お金を稼ぐスキル」という話をすると、「月に10万円、50万円、100万円稼ぐスキル」と思いがちです

 

しかし「お金を稼ぐスキル」とは、「アルバイトや給与以外で、1円でもお金を稼ぐスキル」のことです

 

決して「大金を稼ぐスキル」ではありません

 

例えば「YouTuberは儲かる」という話を聞いて、YouTubeを初めてみたら、一定のレベルにならないと「広告」をつけられないことに気づきます

 

ブログも同じく、「Google」さんの審査に通らないと、「広告」の収入は入ってきません

 

社会人の方は、初任給から15〜20万円のお金をもらえます

 

ですので、副業で稼げる「1円」の価値をバカにしがちです

 

とはいえYouTubeもブログも「1円をいかに積み上げるか」の作業になります

 

「お金を稼ぐスキル」は「最初の1円をいかに稼ぐか」という話と「稼いだ1円をどのように増やしていくか」を身につけるスキルなのです

 

学校では「1円を稼ぐスキル」は教えてくれませんよね

 

ですので「お金を稼ぐスキル」を勉強する場合は、「独学」で情報を集めて、「どうやったら1円を生み出すことができるか」を考える必要があります

 

まとめ。「お金を稼ぐスキル」と「勉強のスキル」はまったく別物!独学で早いうちからお金を稼ぐスキルを身につけると楽になる

いくら有名大学に進学しても、「お金の稼ぎ方」は教えてくれません

 

大学院時代、ビジネスをしている学生もいましたが、「学校の勉強」は適当にこなして、ほとんどの時間を「ビジネス」に費やしていました

 

それでも「毎月30万円くらいは稼げるけど、疲れたから辞める」と言っていましたね

 

彼の場合は「アフィリエイト」をしていましたが、「自分が買ったことのない化粧品などの商品記事を大量に生産」していました

 

「そんなやり方でも稼ぐことはできるのか」と悲しい気持ちになりましたが、彼はそのあと別のビジネスをスタートさせました

 

彼は完全に「独学」でスタートしていました

 

大学院の授業や研究そっちのけで、ビジネスをしてました

 

真面目な方は「学校の勉強」も大切だと思うでしょう

 

もちろん「教養」という面では「学校の勉強」は役立ちます

 

しかし東大生も含めてほとんどの方は、社会に出たら学校の勉強を忘れてしまいます

 

あくまで「学校の勉強」は「より待遇の良い企業に内定するためのもの」であって「お金を稼ぐスキルを身につけるもの」ではないんですね

 

「お金を稼ぎたいんだけど、何をしたらいいんだろう」という方は、とにかく「お金を稼げそうなことに挑戦」してみるのが最短距離です

 

成功よりも失敗の方が多いと思いますが、やってみる価値はありますよ

 

ブログで稼ぐことに興味がある方は、こちらを参考にしてください

 

参考>>ブログで月1万円を稼ぐにはどのくらい時間がかかるのか? - シンプル都心ライフ

 

参考>>月に1万円の副収入があると、ちょこっとだけ人生が捗る話 - シンプル都心ライフ