テレビの「CM」を見ると「消費欲」が高まる!テレビは「ほどほど」がベスト!

f:id:steveperry1373:20190219201712j:image

テレビを見るのはおもしろいですが、その一方で「CM」による「広告」もたくさん見ることになります

 

 

「CM」ってすごいです。広告業界の方が「本気で」商品を魅力的にするために、作成しているものですからね

 

意識的にしても、無意識的にしても、「CM」をみることで「ものを買いたい」気持ちが強くなります

 

引っ越しのタイミングで、筆者はテレビを売ることにしました

参考>>テレビは一人暮らしで必要なのか3年間考えた結果、売ることにしました【断捨離】 - シンプル都心ライフ

 

しかし「テレビをみたい」という人もたくさんいますよね

 

筆者のようにテレビを捨てる必要はありませんが、テレビの見過ぎは「衝動買い」したい気持ちになるので、テレビを見るときは注意しましょう

 

 

 

 

テレビの「CM」を見ると「消費欲」が高まる!テレビは「ほどほど」がベスト!

「CM」の効果は絶大!物を販売するには「広告」の力が必要

「CM」の効果は抜群です

 

「CM」をみているだけで、無意識のうちに「この商品は魅力的なのでは」と思い込んでしまいます

 

どんな普通の商品であっても、有名なタレントや俳優さんが商品の素晴らしさを演じるわけですから、商品の価値があるように感じられるのです

 

その証拠に、少しでも「好感度」が下がった有名人の方は、簡単にCMを外されてしまいます

 

それくらい「最新の注意を払って」CMは作られているのです

 

「CMなんてみても、商品は欲しくならないよ」という方も、無意識のうちに「CM」の影響を受けていることに気がつきます

 

テレビは面白い物です。しかし「CM」をみることで「必要のない物」まで購入したい気持ちになるので、注意が必要です

 

「インターネット広告」よりも、「CM」の方が効果がある理由とは?

最近では、テレビ離れを理由として、インターネットでも広告が多くなってきました

 

しかし「インターネットの広告」と「CM」を比較すると、「CM」の方が効果が大きくなります

 

なぜなら、「インターネット」を利用しているとき、ユーザは「何かしらの情報を検索している」わけですから、「能動的」になります

 

一方でテレビの場合は「なんとなく」情報が与えられ続けるわけですから「受動的」に情報を受けることになります

 

そこに「CM」のような非常に魅力的な広告が映ると、「あの商品って価値があるんじゃないかな」と思い込みやすくなるのです

 

テレビは「なんとなく暇だから」つけているという方は、注意しましょう

 

 

まとめ。テレビを受動的にみていると「CM」の効果でものを買いたくなる!テレビはほどほどに楽しみましょう

テレビは魅力的な媒体だと思います

 

いまだに数千万人もの視聴者に情報を届けているのですから、経済的な効果は絶大です

 

そして、テレビを放映する目的は「番組」ではなく「視聴率」を稼いで「CM」の効果を大きくすることです

 

YouTuberも「動画の再生数」を意識しますし、ブロガーも「PV、アクセス数」を意識します

 

しかし、2019年現在でもテレビ以上に影響のある媒体はないのです

 

なんとなくテレビをみているという方は、無意識のうちに「消費欲」が増えてしまいます

 

テレビを見ることが悪いわけではありませんが、「CM」の効果はすごいということを意識して、テレビは「ほどほどに」みることをオススメします