シンプル都心ライフ

東京都心で仕事、生活、プライベートを謳歌するノウハウを公開しています。

【書評】前田裕二さんの「メモの魔力」は、ガムシャラにメモ魔になりたい気持ちにさせる一冊

f:id:steveperry1373:20190312200428j:image

SHOWROOMの前田裕二さんの『メモの魔力』を読んだ感想をまとめてみました

 

関連図書>>【書評】「人生の勝算」石原さとみさんと交際報道のIT社長前田さんの本を読んで心が揺れうごいた話【前編】 - シンプル都心ライフ

 

関連図書>>【書評】「人生の勝算」石原さとみさんと交際報道のIT社長前田さんの本を読んで心が揺れうごいた話【後編】 - シンプル都心ライフ

 

前田裕二さんは、とにかく「メモ魔」で有名です

 

スマホやパソコンに簡単に情報を記憶できる時代に、アナログなメモはなぜ有効なのでしょうか

 

前田裕二さんは「メモは人生を変える魔法」と述べております

 

そして本書では、とにかく24時間365日メモをとりまくることをオススメしております

 

なぜ、メモをとることが魔法なのでしょうか

 

若くして圧倒的に成功されている前田さんが、メモにこだわる理由が書かれていました

 

本書から学んだことは以下の通りです

 

  • メモは「大切なことに集中する」ための道具
  • メモをとることで「アイディア」を生み出す
  • メモは「ファクト」「抽象化」「転用」で書く

 

 

【書評】前田裕二さんの「メモの魔力」は、ガムシャラにメモ魔になりたい気持ちにさせる一冊

メモは「大切なことに集中する」ための道具

世の中は情報にあふれています

 

必要な情報もあれば、全く不要どころか、害のある情報もあります

 

そして、脳みそは「キャパシティ(容量)」が決まっております

 

「キャパシティ」を超える情報は、勝手に忘れたり、引き出しにくくなっていきます

 

本来、大切な情報のみ「時間を使って考える」ことが必要なのに

 

全く不要な情報、害のある情報が脳みそに記憶されるのは困ります

 

そこで「メモに情報を書き出す」のです

 

必要な情報にしろ、不要な情報にしろ、書き出すことで初めて目でみて、客観的に見ることができます

 

スマホやパソコンは、いつでも携帯できるものではありません

 

仕事場で、ガンガンスマホを取り出せる人は、少ないでしょう

 

メモ帳であれば、仕事中でも打ち合わせの途中でも、いつでもとりだして情報をまとめることができます

 

脳みそのキャパシティを超えた情報を、一旦、別のメモリに書き出す

 

メモを書くことで、脳みそにおさらない情報を、外部に書き出すのです

 

そして、脳みそに残った「本当に重要な情報」について、時間をかけて熟考することで、新しいアイディアが生まれます

 

メモをとることで「アイディア」を生み出す

頭の中の情報を書き出すのは、機械でもできます

 

重要なのは、メモをとることで「アイディアを生み出す」ことです

 

前田さんは、単に頭の中の情報をメモに書き出すだけでなく

 

「なんで、今こんな気持ちになっているんだろう」

「なんで、流行っている映画やドラマは流行っているのだろう」

「なんで、この広告はこの色や形になったのだろう」

 

と、目に入るあらゆるものに対して、純粋な興味を持って、メモにどんどんアウトプットするそうです

 

すると、情報と情報が繋がったタイミングで、新しいアイディアが生まれます

 

メモには、頭の情報を書き出すだけでなく、「新しいアイディア」を生み出すことを意識して、メモをとることをすすめています

 

メモは「ファクト」「抽象化」「転用」で書く

メモの書き方は「ファクト」「抽象化」「転用」で書くことをすすめています

 

「ファクト」とは日本語で「事実」です

 

  • 勉強を毎日1時間しているが、試験に合格しない
  • ブログの収益が月2万円であるが、1日1〜2時間の活動では収益が増えない

 

まずは、情報自体を書き出します

 

次に「ファクト」を元にして「抽象化」をします

 

  • 勉強時間を増やすことによって、試験の点数は上がっていく
  • ブログの作業時間を増やすことによって、ブログの収益は上がっていく

 

集まった事実から、「抽象化」して何が言えるのかを書き出します

 

最後に「転用」をします

 

例えば、資格試験の勉強方法と、ブログの収益アップには、一見、全く繋がる情報はないように思えます

 

しかし、資格試験の勉強法で、「間違った問題を分析して、復習の時間を増やす」という戦略と

 

ブログで「アクセスの集まらない記事を分析して、記事のリライトの時間を増やす」という戦略には

 

「失敗している原因を分析して、失敗の確率を減らす」という共通点があります

 

資格試験で身につけた方法が、ブログの収益アップに「転用」できるのです

 

まとめ。前田さんのメモの根本は「強烈な劣等感」を克服すること

今回は、『メモの魔力』の概要についてまとめてみました

 

本書の巻末には「1000の質問」が記載されており、

 

時間はかかりますが、1000の質問に答えることで、本当に何を求めて行動しているのかが明確になります

 

前田さん自身は、8歳で両親を亡くされ、経済的に不遇の時代を過ごしたからこそ、周囲の同期に強烈な劣等感を抱きながらも、圧倒的な努力で現在の地位を手に入れています

 

メモを書き始めたのも、「学業を諦めて前田さんの世話をしてくれたお兄さんに褒めて欲しいから」というものでした

 

この本を読んで、単にメモの習慣をつけるだけでは、全く意味がないと思います

 

前田さんは、メモに限らず、「徹底的に睡眠時間を削ってまで、行動する」ことで、成功しているからです

 

実は、本書のメモ術は、あまりにも情報量が多く、

 

1つのブログ記事ではとうていまとまらないレベルです

 

そして、前田さん自身が本に書いている通り、「この本を読んで、僕は狂っていると思う人もいるかもしれない」と書いています

 

つまり、筆者もなのですが、普通の人が本書のメモ術を読んでも、ほとんどマネすることができないレベルなのです

 

ただ、少なくとも、全くメモをとる習慣のなかった人が、気が付いた時にメモに情報をまとめるという行動を身に着ける動機付けにはなります

 

メモを通して、人生を変えたいと強く思った方には、最高の自己啓発本になると思います