モレスキンの手帳は「値段は高い」けど「ボリューム」があって、大量の情報をメモに書き込めるのがオススメ 

f:id:steveperry1373:20190312214545j:image

「手帳なんて別に必要ないよなあ。スマホやパソコンに情報を記憶した方が整理も楽だし、アナログ手帳なんて、すぐにぐちゃぐちゃになっちゃう」 

 

そんな筆者ですが、手帳のブランドで有名な「モレスキン」を購入してみました

 

正直、「値段が高い」と思ったのが第一印象

 

これ、普通の手帳のように見えて「2160円(税込)」でした

 

六本木のツタヤ書店で販売されていたのと、ちょうどツタヤ書店で「モレスキンの活用法」という本が売られていたので、チラ見してしまったのが衝動買いの原因です

 

しかし、噂で有名な「モレスキン」の手帳ですから、せっかくなのでレビューしてみます

 

すると、意外にも「モレスキンが有名な理由」がわかってきました

 

 

 

モレスキンの手帳は「値段は高い」けど「ボリューム」があって、大量の情報をメモに書き込めるのがオススメ 

モレスキンの素晴らしさ。それは「ボリューム」だ!

f:id:steveperry1373:20190312214553j:image

モレスキンが素晴らしい。と思ったのは「メモに書き込めるボリューム」です

 

ポケットにしまえるサイズの手帳ですと、普通の安価なものは「無駄な情報が多く、メモに使える範囲が少ない」のが難点

 

例えば、普通のメモ帳ですと、5〜8割はカレンダーが記載されていて、書き込みの余白も限られています

 

さらに、絶対に使わないであろう「豆知識」や「世界地図」、「マナー」などの情報が書かれていて、「一体だれが使うのだろう」と思う記載ばかりです

 

筆者は、過去に普通の手帳の使いにくさを知ってしまっているので

 

モレスキンのポケットサイズでは、2〜3週間で使い切ってしまうだろうと思っていました

 

しかし、モレスキンの中身は「シンプル」です

 

見開き1ページから、末尾にかけて、全く無駄な記載がありません

 

ルールドブック(線で区切られたメモ帳)の場合は、写真にあげたような線のみで区切られたページが延々と続きます

 

実にシンプルなのですが、「ポケットサイズのメモ帳なのにこんなに情報量を書き込めるのか!」と驚きました

 

とはいえ、「2160円は高い」とは思いますが、それでもボリュームがあって、たくさんの情報量をかけるモレスキンは、普通の手帳とは全く異なることがわかりました

 

モレスキンは「シンプル」だから何を書き込んでもOK

モレスキンの手帳は非常にシンプルです

 

ですので、「文章」でも「用語」でも「絵」でも、「写真を貼り付ける」でも

 

モレスキンの手帳は好きなように自由に使いこなすことができます

 

普通の手帳だと、「スケジュール管理」が目的なので、カレンダーに自分のアイディアを当てはめることが普通になります

 

しかしモレスキンの場合は、「何を書いても自由」なのです

 

つまりモレスキンは「スケジュール帳」ではなく「アイディア帳」なんですね

 

単に予定を管理するだけのツールではなく

 

モレスキンは新しいアイディアを生み出すための画期的なツールなんです

 

モレスキンのデメリットは「紙質は特段よくない」

f:id:steveperry1373:20190312220245j:image

モレスキンにはデメリットもありまして、実は「紙質が特段よくない」ということです

 

ボールペンで書いたら、紙の裏に透けていますね・・

 

モレスキンは、値段が高いのですが、だからといって紙質がよくて、裏面に映らないという訳ではありません

 

普通のボールペンで裏に透けてしまうので、普通の手帳と比較しても紙のクオリティが特段高いとはいえないところが難点です

 

まとめ。モレスキンの手帳は「シンプル」で「ボリューム」があってたくさんの情報を書き込めるのがメリット!デメリットは、「値段が高い」「紙質は特によくない」こと

モレスキンの手帳が非常に人気なのは「シンプル」で「ボリューム」があることです

 

その一方で、紙質は普通のメモ帳と比較して、大きく変わらないなあというのが正直な感想です

 

ボールペンを使うと、ガンガン紙の裏に透けてしまうので、情報を綺麗にまとめたいという方にとっては、デメリットが大きいのではと思います

 

またボリュームがあるといっても、「1冊2160円」ですから、ここまでの値段を出してアナログの手帳が必要かな?という疑問もあります

 

ただですね・・筆者がモレスキンを使った感想としては、「少なくとも1冊は使い切ろう」ということです

 

というのは以下の理由によるものです

 

  • モレスキンを使っている会社の上司が多かった
  • 仕事の打ち合わせの場でも、浮かないレベルの上質感のある外見

 

モレスキンを使うまでは、会社で配布されているキャンパスのノートを利用してました

 

しかし、重要なお客様との打ち合わせで、流石にキャンパスのノートはカジュアルすぎるかな・・と思っていたのも事実です

 

そして、モレスキンを使い出して気づいたのが、想像以上にモレスキンを使っている上司が多かったということです

 

プライベートで使うには、モレスキンは「値段が高い」と考えていたのですが

 

ビジネス用の手帳としては「必要十分条件」を満たしてくれるので、他の手帳と比較して圧倒的にオススメだと思います

 

外見も、変に高級過ぎず、ビジネスからカジュアルまでいたる場面にマッチするのも良いと思いました

 

一番安いモデルで2160円程度ですので、ご興味のある方やビジネスのシーンで1冊が欲しい若手社員の方は

 

モレスキンの手帳を購入して、使ってみることをオススメします