シンプル都心ライフ

東京都心で仕事、生活、プライベートを謳歌するノウハウを公開しています。

機内モード必須の国際線の長時間フライトでできる暇つぶし方法をまとめてみた【wifiがなくても楽しむ】

「ゴールデンウィークはせっかくの10連休だから奮発して海外旅行に行こう!だけど海外のフライトは時間がかかって、スマホも繋がらないし暇だなあ。何か良い暇つぶし方法はないかなあ」

 

タクミです。海外は13カ国くらい訪問し、合計20回以上海外にフライトをしています

 

海外出張や海外旅行は楽しい一方で、フライトの時間が長いのが難点ですよね。

 

アジアでもタイやマレーシア、インドネシアは5〜8時間かかりますし、ヨーロッパは直行便でも13時間かかります。移動で1日潰れますね

 

それだけ長期間フライトをしないといけないのに、機内ではスマホもインターネットもつなげません

 

正確に言えばwifiが使える機器なら「有料」で通信を使えますけど、ネットワークが遅いので、快適ではありません

 

▼JALでwifiを使った記事はこちら!

日本航空JALでwifiは使える?料金や使ってみた感想! - シンプル都心ライフ

 

「半日以上もフライトをしないといけないのに、ネット環境がないなら苦痛じゃん!」という方向けに、海外フライトを20回以上経験している筆者がオススメの長時間フライト中の機内の過ごし方をまとめてみました

 

 

 

 

 

機内モード必須の国際線の長時間フライトでできる暇つぶし方法をまとめてみた【wifiがなくても楽しむ】

長時間フライトのオススメな過ごし方1:電子書籍を読み込む

f:id:steveperry1373:20190501122807j:image

電子書籍はオフラインでも読めるオススメの過ごし方です

 

電子書籍は、普通の書籍と比較して、簡単に購入できるのですけど、じっくり時間をかけて読み込むことは少ないんですよね

 

ですので、海外旅行の長期フライトの時間を利用して、電子書籍をじっくりと読み込むことがオススメです

 

メリットはスマホの充電さえあればいつでも電子書籍を読めることです

 

筆者は、本多静六さんの「私の財産告白」を読み直しました 

3年前に購入して、貯蓄節制と投資をすすめている本ですが、100年以上前に生きていた方の考え方が、現代にも同じように役に立つので最高にオススメです

 

本多静六さんは東大農学部の教授をしつつ、投資で莫大なお金を作ったのに、最後はほぼ全てを寄付するという豪快な人生を生きられた方です

 

長期フライトで3時間もあれば読み切れますので、オススメです

 

スマホだと画面が小さくて読みにくい方は、kindleペーパーホワイトを購入すると、さらに読みやすくなります

 

 

長時間フライトのオススメな過ごし方2:紙媒体の書籍を読む

電子書籍が嫌な方は「紙媒体の本」を読むのもありです

 

ただ、長期フライトでは筆者は「電子書籍」をオススメします

 

  • フライト中に消灯すると、本を読みにくい(電気はつけられますが周囲の人に迷惑になります)
  • 本は重いので、荷物になる
  • フライトの揺れによって、飲み物が本にこぼれる可能性がある
  • 周囲の人に、なんの本を読んでいるかみられてしまう

 

紙媒体の本がお好きな方もいらっしゃいますが、特にフライト中に消灯されると読みにくくなるので、可能であれば「電子書籍」を1冊でも購入しておくことをオススメします

 

スマホだと画面が小さくて読みにくい方は、kindleペーパーホワイトを購入すると、さらに読みやすくなります

長時間フライトのオススメな過ごし方3:エクセルで将来の家計簿をつける

f:id:steveperry1373:20190501124129j:image

長時間フライトではたくさんの時間がありますので、将来の家計簿をつけてみることもオススメです

 

こちらは5年後の2024年の筆者の未来家計簿です。家賃が22万円になっていて、これは赤坂のワンルームタワーマンションを想定しています。完全に妄想も含まれています笑

 

ブログでの収入は月に10万円を超えている想定ですね。こんな形で、3〜5年後までの家計簿を書いてしまうのも暇つぶしにオススメです

 

よく「副業で月に100万円稼ぎたい」という話を聞きますが、1万人の挑戦者がいて1人くらいの成功確率でしょう

 

ですので、筆者の場合は現実的に5年後までに10万円/月を稼ぐことを目標にしています

 

それも単に目標を書き出すだけよりは、普段使っている家計簿で「実際にお金を稼げるようになったらどんな生活ができるのか」をシミュレーションする方が現実味があります

 

エクセルでなくても、家計簿アプリなどを使えばインターネットの通信は必要ないので、アプリケーションをうまく使って将来の目標をたててしまいましょう

 

長時間フライトのオススメな過ごし方4:ブログの記事をEvernoteに書き溜める

f:id:steveperry1373:20190501125015j:image

ブロガー限定ですけど、長時間フライト中は、オフラインでもEvernoteなどにブログの記事を書き溜めることができます

 

こちらは過去に公開した「人生は偶然」に関する記事の下書きです

 

ブログを書かれる方はわかると思うのですが、ブログのネタは突然思いつくことが多いです

 

なので、2000文字〜3000文字をがっつり書くというよりは、下書き、キーワードレベルで、500文字程度下書きを作ってしまうのがオススメです

 

ブログのネタで一番難しいのは、「タイトル」なので、タイトルが思いついた時点で8割型ブログの記事は書けるようになります

 

ブロガー限定ですけど、長時間フライトで時間がたくさんあるなら、「ブログの下書き」をするのがオススメです

 

長時間フライトのオススメな過ごし方5:課金してwifiを使ってしまう

ここまではオフラインでできることを紹介しましたが、それでも時間が余ったら「課金してwifiを使う」で良いと思います

 

▼JALでwifiを使った記事はこちら!

日本航空JALでwifiは使える?料金や使ってみた感想! - シンプル都心ライフ

 

航空機によってwifiが使えるかどうか決まるので、確実にwifiを使う方法はないのですが、課金すればインターネットを確実に使えるようになります

 

ちなみに上記の記事では、JALにてwifiを使った場合になります

 

一番高いプランで2105円くらいです(1ドル112円計算。2019/5/1現在)

 

  • 1時間プラン:$10.15:(1136円)
  • 3時間プラン:$14.40:(1612円)
  • 24時間プラン:$18.80:(2105円)

 

ただし正直な話、航空券ですら値段が高いのに「wifiまで課金とかコスパが悪い」と思いますし、通信速度も遅いので「どうしても暇になったとき」だけ、wifi課金をしましょう

 

まとめ。機内モード必須の国際線で長時間フライトなら、あなたにあった暇つぶし方法を見つけてみましょう

国際線の長時間フライトでは、どうしても時間をどう使うかが問題になります

 

ちなみに暇つぶし用に音楽や映画は観れますけど、画面も小さいですし、目が疲れるのであまりオススメしません

 

今回は筆者の暇つぶし方法ですので、参考になれば幸いです

 

▼JALでwifiを使った記事はこちら!

日本航空JALでwifiは使える?料金や使ってみた感想! - シンプル都心ライフ