クレジットカードの電子明細を見ることが最近のライフハックになりつつある話【無駄遣いが減るかも?】

f:id:steveperry1373:20190503164831j:image

「ゴールデンウィークは久々に散財したい!でも連休が終わってからの請求は本当に怖い・・クレジットカード会社から電子明細が届いても怖すぎて開けないな・・」

 

どうも。旅行中なのに、温泉施設に引きこもっているインドアなタクミです

 

最近は、「クレジットカードの電子明細」をスマホで眺めるのがライフハックです。だいぶヤバいですよね笑

 

ただ、クレジットカードの明細を眺めるのは、貯金通帳の残高を眺めるよりも無駄遣いを減らす効果があると思いますし、意外と暇つぶしになるんですよ

 

ということで今回は、クレジットカードの明細を見ることをライフハックにしている筆者が、クレジットカードの明細を見ると無駄遣いが減るかも!ということについてまとめてみました

 

 

 

クレジットカードの電子明細を見ることが最近のライフハックになりつつある話【無駄遣いが減るかも?】

【前提として】クレジットカードの明細を見るには「生活費をクレジットカード支払い」にしましょう

まずは前提となりますが、クレジットカードの明細を見るには、生活費をできる限りクレジットカードで決済する必要があります

 

また、「クレジットカードの会社」を揃えることで、過去数年間分の明細を確認することができます

 

筆者は「アメックス」のクレジットカードで決済をしておりますが、「アメックスゴールドカード」から「spgアメックス」に乗り換えても、過去の明細を確認することができます

 

普段の生活費を現金払いにしている場合には、できればクレジットカード支払いに切り替えた方がポイントも貯まるのでオススメです

 

クレジットカードの明細を見返すときは、「過去の月の支出額」と比較する

クレジットカードの明細を見返すときは「過去の支出」の合計額と比較するようにします

 

例えば筆者の場合、昨年2018年の1〜4月の月間引き落とし金額は「20〜30万円」でした

 

収入に対して「明らかに使いすぎ」だったのですが、その理由は「思いつきで高級ホテルに1泊5万円」「ハイシーズンに思いつきの旅行で総額15万円」などなど、正直にいって「賢くないお金の使い方」が原因でした

 

なにせ古くてお風呂も故障しており、布団から匂いがする旅館に泊まった際に、一人18000円かかっていましたからね

 

クレジットカードの過去の支出額を見返すことで、「なんでこんなお金の使い方をしてしまったのだろう」と復習することができます

 

クレジットカードの明細を見返すと「支出の違和感」に気づきやすい

クレジットカードの明細を見返すと、「支出の違和感」に気づきやすくなります

 

筆者の例では、「固定回線」の費用が「4500円/月」だったのに、ある月から「6100円/月」に変更されていることに気づきました

 

これは「2年間の割引期間が過ぎた」「スマホのキャリアを乗り換えたので、セット割がなくなった」の2つが原因でした

 

本来ならば、すぐに対策すべきなのですが、クレジットカードの明細を見直すまでは、約一年ほど気づかないままになっており、「1600円×12」で「約2万円」も支出が増えてしまいました

 

クレジットカードの明細を見返すことで、「支出の違和感」に気づきやすくなり、すぐに対処できるようになります

 

クレジットカードの明細ならレシートはいらない

ちなみにレシートと家計簿でいいじゃんという方もいると思いますが、レシートは量が増えていくとかさばりますよね

 

経費を生産する必要がある方は別ですが、普通の人にはなかなか大変だと思います

 

特に筆者のように「マメじゃない」性格の場合は、どうしてもレシートをなくしたり、家計簿をつけ忘れたりしがちです

 

その点、クレジットカード決済にすれば、例え家計簿をつけ忘れても記憶に残っているので、あとあと見直すときに参考になります

 

【番外編】海外に行くことが多いなら迷わずクレジットカード決済&明細の確認がオススメ

ちなみに海外旅行や出張が多い方なら、クレジットカード決済にしておくと、勝手にその日のレートで日本円に変換して明細に記憶が残るのでオススメです

 

普通に海外での支出を家計簿につけようとしても、いちいち「日本円ならいくら」と計算し直すのは面倒ですよね

 

クレジットカード決済であれば、勝手に利用日のレートで支出が記憶されるので、わかりやすくてオススメです

 

クレジットカードの電子明細は「週に1回」確認すればOK

クレジットカードの電子明細の確認の頻度は「週に1回」でOKです

 

というのはクレジットカードのデメリットとして、支払い結果がデータに反映されるまでに時間がかかることがあるため、使ってすぐに記憶されないからです

 

週に1回でもクレジットカードの明細を確認しつつ「あれ?この出費ってなんだろう」という違和感があれば確認するくらいで良いと思います

 

まとめ。クレジットカードの電子明細を見ると無駄遣いが減るかも

クレジットカードの電子明細を定期的に確認することで、支出を正確に理解することができるようになります

 

電明細は、当然確認することは「無料」ですし、スマホやパソコンから「いつでも」みれます

 

それこそ暇な時間にサクッとみてもいいですし、忙しい方なら「週に1回」の頻度で見れば良いのではと思います

 

忙しい方でも、空き時間を見つけてクレジットカードの電子明細を確認する習慣を身につけると、散財気味の方でも少しづつ支出が減るかもしれません