シンプル都心ライフ

シンプル都心ライフは東京を中心とした都心型ライフスタイルの情報を提供しています。その他、20代の働き方、副業、海外、ホテルなどの情報を展開しています。

短期留学しても英語は話せない!それでも私が「短期留学」を進める理由とは

f:id:steveperry1373:20190525234031j:image

「英語くらい話せるようになりたいなあ。英語は苦手だし、英会話なんてやったことないけど、短期留学をしたら英語は話せるようになるのかなあ。最近だと10万円くらいの安い短期留学もあるし、実際に短期留学したら英語が話せるようになるのだろうか」

 

タクミです。大学3年生のときに英会話のために「短期留学」をしました

 

「短期留学」の期間は「3週間」です

 

さて、英語が話せるようになるために「短期留学」をする人、考えている人は多いですよね

 

結論からいえば「短期留学」では「英語」を話せるようにはなりません

 

それでも私は「短期留学」をしたい方は「絶対に留学に行くべし」です

 

  • 短期留学で「英語を話す経験」を得られる
  • 短期留学で「英会話とは何か」の基礎を学べる
  • 短期留学で「海外に行くことの壁」が壊れる

 

順番に解説していきます

 

 

 

留学しても英語は話せない!それでも私が「短期留学」を進める理由とは

短期留学で「英語を話す経験」を得られる

短期留学をすると「英語を話す経験」を得ることができます

 

英語が話せない人は、とにかく「英語を話す経験が足りなすぎる」ことが多いです

 

ですので、1週間以上の短期留学でも、「英語を実際に話す機会」を作れます

 

ここで大切なことですが

 

短期留学で「英語を話す機会を得られる」のは事実ですが

 

短期留学で「英語でコミュニケーションをできる」のは嘘です

 

まずは「英語」の表現が頭から出てきませんし、話の内容は全く聞き取れません

 

英会話に慣れていないので、「緊張」します

 

すると、英会話どころが「コミュニケーションすら嫌になる」くらい、うまく意思伝達ができないでしょう

 

それでも「短期留学」をすれば、英語のコミュニケーションで「成功」も「失敗」も体験できます

 

日本にいては「英語を話す機会」すら0の方が大半でしょう

 

「短期留学」をすることで、無理やり英語を話す機会を作ることができます

 

短期留学で「英会話とは何か」の基礎を学べる

「短期留学」では「英会話の基礎」を学ぶことができます

 

「短期留学」では、「挨拶の仕方」「感情の表現の仕方」「ディベート」「プレゼンテーション」など、数々のコミュニケーションなど、しっかりとスケジュールに組まれていることがほとんどです

 

ですので、単位留学であっても「英会話の基礎」を学ぶことができます

 

英会話のコツを学ぶときに勘違いしがちなのは「英語は海外に行けば自然と身につく」ということです

 

確かに、長時間、海外に滞在すれば英語は身につく可能性はありますが、数日の海外旅行レベルでは「買い物をする」「ホテルの予約」「道を尋ねる」「困った時に相談する」くらいしか英語を使いません

 

英会話の基礎を学びたいのであれば、「短期留学」に行くことをオススメします

 

短期留学で「海外に行くことの壁」が壊れる

「短期留学」では、現地の先生や大学生と仲良くなることができます

 

FBを交換することは日常ですし、英語に慣れてくれば「将来のキャリア」や「留学したこと」など、少しだけ深い話をできたりします

 

そして、「短期留学」では、「海外に行くことの壁」が壊れやすいです

 

そもそも英語に自信がない方は「海外旅行」に頻繁に行くことは少ないでしょう

 

日本語が通じるようなリゾート地くらいしか、海外旅行の選択肢がなかったりします

 

これは「英語に自信がない」ので、「言語の不安から海外旅行に行くのが怖い」と考えるからです

 

私も、大学3年生で短期留学するまでは、海外に旅行したことはほぼ0でした

 

英語が話せないので、海外に行くという選択肢がそもそも頭になかったからです

 

しかし、短期留学をしたことで「海外旅行」に行くことの壁が簡単に崩れました

 

英語が話せないけど海外旅行に挑戦できるような「マレ」な人を除いて、海外旅行でブーの前に「短期留学」をしておく方が、スムーズに海外慣れすることができますよ

 

「短期留学」に行くべきなのはわかった!だけど「英語が話せない」ならお金も時間も勿体無いのでは?

さて、冒頭で「短期留学をしても英語を話せるようにならない」という話をしました

 

短期留学では、安くとも「10万円」ほどのお金がかかるので、決して「安いもの」ではありません

 

ですので、「お金も時間も使うのに、英語が話せないなら短期留学の意味はないんじゃない?」という否定意見もありますよね

 

確かに、せっかくお金を使うのだから「英語」を話せるようになりたいですよね

 

しかし、ここで考えてください

 

「英会話が簡単」というのは、そもそも「嘘」です

 

私たちが「日本語は簡単」ということを意識したことはあるでしょうか

 

特に意識はしてないけど、ほとんどの日本人は「日本語」をある程度は話せますよね

 

しかし、24時間、圧倒的に「日本語の英才教育」を受けているのに、「0歳から8歳」くらいまでは、まともに日本語を話せていないですよね

 

日本語ですら、「8年」以上も日本語を習うのに時間がかかるのです

 

そして、日本語でビジネスレベルになると、大学卒までに「22年間」はかかりますよね

 

海外から日本に旅行しにきた人は、総じて「日本語は難しい」と言います

 

それは、日本人が「英語は難しい」と言っているのと同じです

 

「日本人は英語を中学から10年以上習っているのに話せない」と言いますけど、

 

英会話の時間は10年間の中で、自分から海外の方に話しかけたトータルの時間は「数時間」ではないでしょうか

 

単純に、「英会話の時間が圧倒的に足りていない」だけなんですよね

 

短期留学では「1週間〜1ヶ月」程度しか「英語漬け」になりません

 

ですので、「英語を話せるようにならない」のは、そもそも「あたりまえ」なんですよね

 

あくまで「短期留学」は「英会話を学ぶためのモチベーションアップ」として利用しましょう

 

短期留学をしたいけど「お金」も「時間」もないなら「オンライン英会話」を使いこなす

最後に「短期留学」をしたいけど「お金」も「時間」もない人もいるでしょう

 

私は大学3年生で「短期留学」をしましたが、普通の大学3年生は「就職活動」があります

 

できれば大学1年目、2年目に留学した方がいいですけど、「短期留学」に行きたい!と思う時期は人それぞれですよね

 

なので、短期留学に行きたいけど、どうしても行けない場合は「オンライン英会話」を有効活用しましょう

 

私が「オンライン英会話」でオススメなのは「レアジョブ」です

 

本ブログで何度もご紹介していますが、「1日25分」、1ヶ月で「12,5時間」も英会話の時間をとることができます

 

たったの1ヶ月の「オンライン英会話」で、学校で学んでいた「英会話」の総時間を簡単に抜かすことができるのですね

 

もちろん「オンライン英会話」にはデメリットがあり、「自分で英会話をしよう」というモチベーションがないと、サボってしまうことです

 

しかし、本当に「英語を話したい」、「仕事で英語のプレゼンをしないといけない」というなら、「レアジョブ」のオンライン英会話で練習しましょう

 

まとめ。「短期留学」をしても英語は話せるようになりません。しかし英会話のモチベーションにはなるのでオススメ

「短期留学」で数十万円で英語が話せるなんて甘い話は、残念ながらありません

 

ほとんどの「短期留学の学生」は、日本人の他大学の友人を作ったり恋人を作って、異国での生活をエンジョイして終わることがほとんどです

 

しかし、私は「短期留学」の目的は、あくまで「英会話」のためのモチベーションアップでいいと思います

 

私自身、「3週間」の短期留学では、ほとんど「英会話」を身につけられませんでした

 

当時、「TOEIC755点/990点」であり、そこそこ英語は得意と思っていたにも関わらずです

 

しかし、短期留学から帰ってきたら、不思議と「英語をもっと勉強したい」という気持ちになります

 

まずは「英会話」を目的にするのではなく、「異国への文化に慣れる」ために、海外留学をすることをオススメします

 

まだ、大学生の方は、どんなに短期間でも良いので、「短期留学」はぜひチャレンジしてみてくださいね!