シンプル都心ライフ

東京都心で仕事、生活、プライベートを謳歌するノウハウを公開しています。

「強い願望をもつ」だけで目標はいつのまにか叶っている話

f:id:steveperry1373:20190622095410j:image

将来についてポジティブに考えている16歳の高校生:将来は海外を飛び回って流暢な英語力を駆使してビジネスするようなエリートになりたいなあ。高級ホテルでコーヒーをすすりながら、窓の景色をみてたそがれる生活に憧れる。まあ今は英語の勉強始めたばかりだしセンター試験は200点中80点しか取れないし、TOEICってよくわからないテストを受けないといけないけど、きっとうまくいくだろう

 

タクミです。強い願望をもつことで、学生時代の目標が叶いました

 

 

なんとなく学生時代に「海外を飛びまわる仕事はカッコいい」と思いたち、それから数年後には気がついたら海外のお客様と交渉することが当たり前になりました。 当時はTOEICの存在を知らず、センター試験の英語で4割しか取れませんでしたが能力に関係なく「強い願望をもつ」のは大切だと実感しました

 

16歳の高校生時代、偏差値50の高校でろくに勉強もしないときに、冒頭のようなぼんやりした願望をもってました

 

しかし、干支が1周した今では、ぼんやりしていた目標が叶っていました

 

「強い願望をもつ」と、案外、カンタンに目標は叶うものです

 

 

 

「強い願望をもつ」だけで目標はいつのまにか叶っている話

「強い願望をもつ」ときに「今の実績」は必要ない

強い願望をもつときには「今の実績」は考えなくてOKです

 

むしろ「今の能力からみてできること」を考えたら、ほとんどの目標は「レベルの低い目標」になります

 

「レベルの低い目標」をたてたとしても、強い願望をもつほどモチベーションが上がりませんよね

 

「強い願望をもつ」ということは、「今の能力では全くもって無理なレベル」の目標をたてて初めてモチベーションが高くなるわけです

 

【参考】16歳の高校生のときに思いつきでたてた目標と当時の実績

参考までに16歳のどこにでもいる普通の高校生だった私が、思いつきでたてた目標と、当時の実績をまとめてみました

 

  • 英語力を駆使して海外をとびまわるエリートビジネスマンになる

→偏差値50の高校で、英語の成績は3。定期テストの点数は48点/100点でした。TOEICは受けたことがありません

 

  • 東大に入学してドヤ顔でキャンパスライフを送る

→上述のとおり、東大受験生に大変申し訳ないレベルの学力と努力しかできない人間

 

  • 20歳までに武道館を満員にする

→すみません。今回の人生ではカスりもしないのですが、当時はミュージシャンになり有名になることが目標でした。カラオケでうまいと言われるレベル

 

本当は10個以上の目標を書き出しましたが、今回は3つに絞ります

 

3つのうち2つは目標達成できていることに驚きました

 

案外、「強い願望をもつ」だけで、当時の能力に関係なく目標が叶うようです

 

なぜ「強い願望をもつ」と目標が叶うのか

「脳みそ」が「強い願望」と「現実」を区別できないからです

 

夢の中で起きたことは「現実」と錯覚すること、ありますよね

 

  • 上司に怒られる夢
  • 誰かに刺される夢
  • 知らない人と英語で話す夢

 

脳みそは「想像」と「現実」の区別がつかないので、「強い願望をもつ」だけで脳みそは「現実に起きた事」と理解します

 

ですので、「頭の中でポジティブな妄想をする事」は非常に大切です

 

その逆に「頭の中で仕事のストレスや、まだ起こっていないネガティブな事」をイメージするのは、大変危険な行為です

 

日曜日の段階で仕事のことを考えて心臓が痛くなるのは、「これから起きるネガティブな事」を脳みそが「すでに現実に起きているネガティブな事」と錯覚するためです

 

「脳みそ」を騙すのはカンタンなので、ポジティブな妄想を膨らませる習慣を身につけましょう

 

「強い願望をもつ」ことにトライしたいなら「リラックス」できる場所を作る

「強い願望をもつ」のは、リラックスした状態でないと難しいです

 

私は16歳のころ、友人と学校の校庭で遊び終わってリフレッシュした瞬間に「俺ってまだ若い!今から頑張ればなんでもできる!」とふと思いたちました

 

リラックス状態にする方法はカンタンでして、私は以下の方法を使っています

 

  • シャワーを浴びつつ、鼻歌を歌う
  • 自然が見える露天風呂に行く
  • 都心を1万歩以上、目的もなく散歩する
  • ホテルのラウンジでBGMを聴く(YouTubeでホテルBGMを流してもOK)
  • 海外に行く(旅行、出張)
  • 国内旅行で新幹線や飛行機を使う
  • 映画をみる(非現実な映像を体感できる)

 

この逆に「アルコールを入れる」ときには、ポジティブな妄想はできないので、おそらく「身体が健康な状態でないとポジティブになれない」のだと思います

 

  • アルコール、スナック菓子を控える
  • ファストフードを控える
  • 週に1度くらいは、野菜、フルーツ中心の生活をする
  • 筋トレを初めてみる(プールはオススメ)

 

若い人は非常に有利です。私も16歳の頃にたてた目標が、12年後の今になって叶っています

 

しかしアラサー目前となった現在は、16歳の頃のような健康でフレッシュな考えをもつことができません

 

できれば「学生のうち」に「人に笑われる」くらい大げさな目標をもつことをオススメします

 

「願望だけもっても努力しないと報われない」という方へ

「強い願望を持ったとしても能力や努力できる才能がないと報われないでしょ」という批判もあると思います

 

確かにその通りで、「強い願望をもつ」ことは「スタートラインにたつ」だけの話です

 

例えば私は「東大に行きたい!」と強く思いましたが、「医学部に行きたい!」という方は東大に入れる能力があっても地方の医学部に進学することが「強い願望」になります

 

同じように「大企業に入りたい!」という高学歴な人もいれば、「少人数のベンチャーで最速で幹部になりたい!」という人もいます

 

ただし、努力するためのスタートラインが「強い願望をもつ」ことです

 

そもそも願望がない人は、努力を放棄します

 

それならば「叶う可能性は0に近いけど、死ぬまでにこんなことをしたい」と思い込んだ方が、圧倒的に人生は楽しくなります

 

まとめ。「強い願望をもつ」と目標は叶う。

「強い願望をもつ」と目標は叶います

 

仮に目標を立てたとして、別に目標が1つも叶わなくてもいいじゃないですか

 

目標が何もない生活も良いですが、「何かを達成するために生きている」方が、生きている実感をもつことができます

 

目標を達成するためには、ちょっとやソッとの周囲の雑音があるほうが、その壁を乗り越えた時の達成感が強くなりますからね

 

逆に私の反省として、16歳の頃にたてた目標を8割型叶えてしまったので、次の40歳までに達成する目標を改めて考えないといけないことです

 

「強い願望をもつ」ほど、欲しいもの、成し遂げたいものはありますでしょうか

 

今はなくとも、人生を生きている中で、1つでも「どうしても叶えたい」という目標を見つけられたら最高ですよね

 

というわけで今回は「強い願望をもつ」と、どんなに難しい目標であっても気がついたら目標達成できているという話でした