シンプル都心ライフ

東京都心で仕事、生活、プライベートを謳歌するノウハウを公開しています。

貯金0から年間100万円以上貯金が増えた理由は?

f:id:steveperry1373:20190720164752j:image

貯金しない人:20代の若いうちは貯金をしないで経験に投資すべき。イイものを食べて海外に行ってたくさんデートして楽しんだ方が得だ。30代、40代になればお金はどんどん増えるだろうしなあ

 

タクミです。まさに冒頭のように考えていました

 

その結果、1年前の2018年6月、貯金額が10万円以下になり、社会人なのに貯金が底をつきそうになるピンチの状態になりました

 

会社への積立は50万円ありましたので、正確には60万円ですが、積立貯金はすぐに引き出せなかったのです

 

その後、夏のボーナスで復活しますが、それでも積立金を合わせて「150万円」程度だったと思います

 

この記事を書いているのが2019年7月です。そして現在は貯金額が「300万円」に増えました

 

実際には「年間150万円」ほど増えていますよね

 

昨年は社会人3年目でほとんどのお金を使い切ってしまうくらい、お金の使い方が下手でした

 

それでは、どのようにして「年間100万円以上」の貯金を増やしたのかまとめてみました

 

「働けど働けど、お金が貯まらない」人の参考になれば幸いです

 

なおこの記事は以下のスペックの人間が書いております

 

  • 20代後半
  • 一人暮らし
  • 東京港区在住

 

ざっくりとした参考にしてください

 

 

貯金0から年間100万円以上貯金が増えた理由は?

年間100万円貯めるには「家計簿」「給与」「海外出張」の3本柱が大きい

年間100万円のお金を貯めるには、以下の3本柱がおススメです

 

  • 家計簿
  • 給与
  • 海外出張

 

それぞれ解説します

 

年間100万円の第一歩が「家計簿」

年間100万円を貯金するには「家計簿」が大切です

 

あなたは「毎月の生活費」を即答できますでしょうか

 

家計簿をつけることで「無駄な支出」が目につきます

 

私の場合は家計簿をつけてから、お金の使い方の悪習慣を見つけることができました

 

  • ランチタイムの散財(1000〜1500円代)
  • 高価な食材の買い出し(高級スーパーに行く)
  • 無駄な通信費(固定回線に7万円/年間)
  • 見栄っ張り(高級ホテル、レストラン)
  • 使っていないアプリ(月2000円など)

 

家計簿をつけることで、自分自身のお金の使い方がわかるようになります

 

すると「いかに無駄にお金を使っているか」気づくことができます

 

私の場合は「1万円」を超える支出に関しては、「本当に必要だろうか」と考えてからお金を使うようにしました

 

たったそれだけのことですが、お金の減り方が変わりました

 

年間100万円を貯金するには「給与」も大切

当然ですが、貯金するためには「給与」も増やす必要があります

 

私は昨年度の昇進により、月給が固定となり「月々の残業」にかかわらず一定の金額をもらえるようになりました

 

年間でいえば、手取りで「40万円〜50万円」増えるのかなと予想しています

 

仮に散財してしまったとしても、収入が増えていれば手元に残るお金は増えます

 

単に節約するのではなく、いかに「収入を増やすか」考える癖をつけていきましょう

 

私はこれに加えて「ブログ」収入がお小遣い程度ありますので、「小さな金額をコツコツと積み上げる」ことも大切です

 

 

 

年間100万円を貯金するには「海外出張」はチャンス

海外出張は「貯金」をするチャンスです

 

  • 海外出張では生活費が会社持ちになる
  • 出張手当が出る場合がある
  • 娯楽が少ない国/物価が安い国では支出が減る

 

例えば1週間の「短期」海外出張を考えてみましょう

 

もし、あなたの生活費が毎月20万円だとすれば、1週間に5万円使っている計算になります

 

実際には「家賃」が支出の多くを占めるので、食費、娯楽費などで「2〜3万円」は毎週使っているのではないでしょうか

 

つまり海外に1週間出張すれば、生活費が「2〜3万円」減る計算になります

 

また「出張手当」がある会社であれば、毎日いくらかお金を貰えます

 

例えば1日あたり5000円の手当がでるならば、1週間ではなんと「35000円」になります

 

これは会社によって異なるので、手当がない会社もあると思いますが、

 

このような制度があれば生活費の削減と合わせて「1週間で5万円以上」のお金を削減できます

 

私の場合は、この1年間で合計40日間を海外で過ごしていました

 

ですので「約5週間」程度ですから、生活費は「15万円」ほど節約でき、さらに手当で「20万円」ほど手取りが増えました

 

これだけで実質「35万円の貯金」ができます

 

海外赴任で「3ヶ月以上」の海外滞在になれば、さらに貯金は増えていきます

 

大学生の方であれば「まだ間に合うから英語を勉強しましょう」とお伝えしたいです

 

それは「英語」が苦手でなければ「海外出張」に行けるからです

 

さらに「海外なんて行きたくない」20代の人が実は多いので、「積極的さ」が大切です

 

なにも総合商社や大手メーカーでなくても、近年は多くの人に「海外出張」のチャンスはあります

 

もちろん私も上記のようなグローバルな会社に勤めていません。国内事業がメインの会社です

 

それでも「英語ができる」「進んで海外出張に立候補する」だけで、海外出張のチャンスが巡ってきました

 

誤解なく言えば「国語」「数学」「英語」「理科」「社会」でいえば、圧倒的に「英語」の勉強がお金を稼ぐことに繋がります

 

次に「数学」。お金の計算もですが、プログラミングのロジックを理解したりロジカルシンキングをするには「数学的な思考」ができると有利です

 

話が逸れましたが「海外出張」に行くチャンスがあるなら、20代の若いうちにチャレンジしてみましょう

 

番外編:年間100万円を貯めることにこだわりすぎない

年間100万円を貯金することは、あくまで小さな目標であり、無理やりこだわらなくても大丈夫です

 

私が年間100万円を貯め始めたのは「理想的な生活をしても年間100万円は貯金できそう」と思ったからです

 

貯金と経験のどちらを優先するかといえば、圧倒的に「経験」を優先します

 

なので、私はいまも「お前贅沢だな」という行動をしています

 

  • 家賃相場の高い港区に一人暮らしする
  • 麻布、広尾の高級スーパーにたまに行く
  • 海外はヨーロッパ圏に年1回は行く
  • 高級ホテルに滞在する(出張ですが)
  • ハイブランドの小物を使う

 

例えばですが、私は実家も東京にあるので実家から会社に通うことができます

 

さらに、海外旅行は贅沢だと考えて、国内旅行やほかの趣味で代用することもできます

 

私の地元は激安スーパーがたくさんあるので、生活費が港区よりも安く済みます

 

「貯金」が目的であれば、贅沢を辞めればすでに「1000万円」の貯金はできていると思います

 

それでもお金を使えば得られる「経験」ならば、出来るだけ若いうちに経験しておくほうがお得です

 

「貯金」に縛られすぎて、肝心な「若さ」「体力」があるときにできる「経験」をないがしろにしないようにしましょう

 

まとめ。貯金0からでも年間100万円以上の貯金はできるようになる!

私は、貯金が0になるまで使い切るのはさすがに失敗だったと思っています

 

しかし「貯金0になるまで使い切る」ことで、何に対してお金を使えばいいかわかるようになってきました

 

そのおかげか、1年間で「150万円」のお金を貯めることができました

 

今後は今以上に収入が増えていくと思いますが、「お金の使い道」を徹底して考えて「満足度の高いお金の使い方」をできるスキルを身につけたいと思います

 

まずは家計簿から始めてみませんか。無料でできるのでおススメです