シンプル都心ライフ

東京都心で仕事、生活、プライベートを謳歌するノウハウを公開しています。

裁量労働制で働くメリットとデメリットをご紹介【自由だけど仕事次第で激務】

f:id:steveperry1373:20190811174235j:image

裁量労働制って聞いたことがある。自由に働けるスタイルみたいで魅力的だけど実際のところ裁量労働制ってどうなんだろう。実際に裁量労働制で働いている人の話を聴きたいなあ。

 

タクミです。裁量労働制で働いています

 

本記事では、裁量労働制を使って働いている筆者が感じる「裁量労働制のメリットとデメリット」についてまとめてみました

 

IT系の企業に多いイメージだけど、実際のところは裁量労働制っていいの悪いの?という疑問にお答えいたします

 

 

 

裁量労働制で働くメリットとデメリットをご紹介【自由だけど仕事次第で激務】

裁量労働制とは一体なんなのか?

裁量労働制とは「社員の個人個人で働く時間を決めて良い」という制度のことです

 

労働時間と成果・業績が必ずしも連動しない職種において適用され[1]、あらかじめ労使間で定めた時間分を労働時間とみなして賃金を払う形態である。

Wikipediaより

 

裁量労働制とは「成果・業績が連動しない業務に適用される」と書かれているとおり、IT系やコンサルタントなど「時間の切り売りではなく成果」で評価される業界で適用されやすいです

 

私はIT業界に勤めており、条件次第ではありますが「裁量労働制」で働いています

 

「タクミ:「8時、9時までに出社しろ。絶対に遅刻するな」という縛りがないから裁量労働制はいいなあ」

 

企業や業界により異なりますが、「裁量労働制」では出社時間や勤務時間まで自由の企業もあります

 

裁量労働制を利用している企業の特徴は?

裁量労働制がある業界は多種多様でして、「IT・コンサルタント・不動産・テレビ局」など業界はさまざまです

 

裁量労働制の企業の特徴は「仕事が忙しい」「業務量が明確ではない」企業が多い印象です

 

裁量労働制のメリットは?

私が考える裁量労働制のメリットは以下の通りです

 

  • 出社時間が自由である
  • ラッシュアワーを外せるので、通勤で疲れない
  • 早く仕事が終われば早めに帰れる(1日7〜8時間以下でもOK)
  • 時間休暇などを申請しなくても自由に出社、退社時間を決められる
  • 定額制の「残業代」が給与に含まれる

 

裁量労働制のメリット「仕事さえ早く終わることができれば、自由に働く時間を調整できる」ところにあります

 

裁量労働制のデメリットは?

それでは裁量労働制のデメリットをご紹介します

 

  • 残業時間が多いと「サービス残業」となる
  • 裁量労働制の企業はそもそも「業務量、残業が多い」
  • 仕事の押し付け合いになってしまう
  • 夜型の生活になりやすく、不健康なライフスタイルになりがちである

 

裁量労働制は「自分で仕事量がコントロールできる人」には「天国」のような制度ですが「仕事の効率が悪く業務量が多い」人には「地獄」の制度です

 

【実体験】裁量労働制で働いて見て実感していること

私は裁量労働制で働いてみて「メリット」を感じることが多いです

 

  • 出社時間が「10:30前後」とゆったりである
  • 月の残業時間が「40時間」を超えるような業務量ではない
  • 残業代が「定額制」となり、毎月の収入が安定する
  • 「1時間」でも出社すれば「出社扱い」になる

 

しかしながら、他の社員を見ていると「がっつり残業しているのに残業代が定額制」というデメリットを感じている人もいます

 

裁量労働制は一長一短ということです

 

まとめ。裁量労働制のメリットデメリットを知った上で、最適な働き方を見つけよう

 裁量労働制をオススメする方は以下の通りです

 

  • 朝方の生活が辛く、ゆったりと出社したい人
  • がっつりと働くときは残業して働くけど、メリハリをもって仕事がしたい人
  • 自分の仕事の仕方に自信があり、自分のペースで仕事を進めたい人

 

逆に以下に当てはまる人には向いておりません

 

  • 残業したら残業した分だけお金が欲しい人
  • 仕事に自信がなく、常に残業が続いてしまう人
  • 夜型の生活になってしまうことに耐えられない人

 

実際に私も「帰宅時間が23時」になることが1ヶ月続くこともあります

※週に1回くらいは21時には帰れますけどね

 

それでも「残業代は固定」ですので「いかに仕事を早く終わらせて残業をしないか」を考える毎日です

 

とはいってもチームで仕事をしてますので、余裕がある人に仕事が次々に降ってきてしまうのが実際のところ

 

裁量労働制の場合、せっかく早く仕事を終えたのに「暇なの?これやっといて」という「仕事がガンガン降ってくる状態」になりがちなのは注意が必要です

 

仕事の仕方は業界や企業によって常識が全く異なります

 

もし今の企業から転職を考えている人は、リクルート系列などの転職サイトに無料登録して、どんな働き方をしたいのか考えてみることをオススメします

 

今の企業が人生の全てではありません

 

私も「今の企業はいい企業だな」とは思いつつ、毎日のように転職サイトに無料登録して、情報を集めています

 

20代500万円を狙うなら「アンビ」に無料登録して見ましょう

大企業の転職案件が非常に多いです 

www.takumoney.com