シンプル都心ライフ

東京都心で仕事、生活、プライベートを謳歌するノウハウを公開しています。

インプットする情報をミニマルにして身軽になろう【受け身の情報は役に立たない】

f:id:steveperry1373:20190822114242j:image

真面目な人:成功するために一生懸命「情報」を仕入れないといけない。もっとたくさんの情報をゲットして仕事の成功に役立てたいなあ。でも最近、情報が多すぎて疲れぎみだ。

 

タクミです。賛否があると思いますが、「不要な情報」をシャットアウトしています

 

例えば私はテレビを見ません 

www.takumoney.com

 

 AMAZONプライムを大画面で見るために「テレビ」自体は捨ててないですが、テレビは見ないです

www.takumoney.com

 

そしてLineニュースは「非表示」にしています

 

ツイッターは「不要な情報」「過激な情報」をリツイートする人はブロックしています

 

雑誌も読みませんし、本はブロガーの方や信頼する方から紹介されたものだけ読みます

 

インプットする情報が「偏っている」ことは確かです

 

しかし情報を「ミニマル(最小限)」にすることで「多くのメリット」がありました

 

情報が多すぎるからこそ、インプットする情報は制限しないといけないですよね

 

今回は「不要な情報をシャットアウト」する大切さについて書きます

 

 

 

インプットする情報をミニマルにして身軽になろう【受け身の情報は役に立たない】

テレビの情報は簡単にシャットアウトできる

まずはテレビの情報をシャットアウトしましょう

 

私は1年間を通して、よっぽどテレビで見たい情報がないときは

 

テレビをオフにしています

 

理由はシンプルで「不要な情報」「損する情報」が多いからです

 

【不要な情報】

  • 有名人の話題
  • ご当地の名産品
  • 話題のお店

 

【損する情報】

  • セールやバーゲンのCM
  • 購買意欲を高めて消費させるCM
  • ネガティブなニュース

 

ですので、ここ1年間はほとんどテレビをオンにしません

 

私の家には時計がありませんが

 

  • キッチンに付いているデジタル時計
  • スマホ

 

これで時間が確認できるので、テレビはつけません

 

インプットする情報の中でも

 

テレビは真っ先にシャットアウトして良い情報です

 

テレビはどうしても受け身になりますし、時間泥棒とも言えます

 

Lineニュースを非表示にする

Lineはコミュニケーションツールとして使いますよね

 

しかし残念なことにLineには「ニュース」のページがあります

 

そのニュースのほとんどが「芸能関係」でほとんどの方の人生に無関係な情報です

 

芸能ニュースやゴシップってついついみちゃうんですけどね。積もり積もって今までどれだけの時間を消費してきたんだろう

 

ニュースタブを開かなければ良いのですが

 

ふと暇になると「ニュースタブ」を開いてしまうこと、ありませんか

 

これ、実は非表示にできます

 

【Lineニュースの非表示の仕方】

  1. 左上の「設定」のアイコンをクリック
  2. 「通話」をクリック
  3. 「通話/ニュースタブ表示」をクリック
  4. 「ニュース」が設定されているので、「通話」に変更

 

これだけで、「Lineニュース」が「通話履歴」に変更されます

 

インプット情報として「lineニュース」は暇つぶし程度の情報しかありませんが

 

Line自体はかなりの頻度で利用しますよね

 

ちょっとしたコミュニケーションのつもりが、数十分もニュースを見てしまった

 

このように時間をムダにしないためにLineニュースの非表示はオススメです

 

この設定を入れれば「ニュース」を開くのに一手間かかり、面倒になるのでニュースを見る機会が減りますよ!

 

「雑誌」は趣味系のみ。本もたくさん読めばいいわけではない

「雑誌」は趣味として読む分にはオススメです

 

これはリフレッシュのためですね

 

私は「旅」「美術」が好きなので、綺麗な写真が載っている雑誌は立ち読みします

 

また「経済」の雑誌は「情報量」が多いので

 

サクッと立ち読みすることはあります

 

しかし「雑誌の情報を役立てよう」とは思っていません

 

あくまで「リフレッシュ」「趣味」で読む程度ですし、月に1〜2回程度です

 

また、「本を読め」と言われますが、「本」は2種類あります

 

  • 作者や出版社が「儲けたい」から書いた本
  • 作者や出版社が「どうしても伝えたい」から書いた本

 

後者を選別するには、ある程度の本を読み込む必要があります

 

特に「ビジネス本」「健康(最近は筋トレ)」に薄っぺらすぎる情報が多いです

 

また、近年はブログから派生して本を書く人も増えました

 

その場合は「有料の本よりも、無料のブログの情報の方が有益であった」ことがほとんどです

 

読書の習慣がないうちは、「とりあえず本を読んでみる」で良いですが

 

特に社会人は時間も限られますので、「オススメの1冊をじっくり繰り返し読む」ことを推奨します

 

ちなみに「ベストセラーの読みやすい本」と「なんども読まないと理解できないけど有益な本」は残念ながら反比例します

 

「読みやすいけど情報が薄い本」、「それっぽい説得力があるけど読み終わってから行動が変わらない本」は、できるだけ避けるようにしましょう

 

あくまで作者、出版社が儲けるための「自己啓発本」と言えるからです

 

まとめ。インプットする情報はミニマルにしよう

少し英語ができれば、世界中のリアルタイムの情報をインプットすることができます

 

「TED」の動画サイトにアクセスすれば、世界中の専門家が毎日のように公演していますし、無料で楽しむことができます

 

有料の情報が「役に立つ」わけではなく

 

どんどん「情報自体は無価値」になっています

 

お金を稼ぐ方法を売るにしても、「売り手」が儲かるだけであることがほとんどです

 

モテる方法、幸せになる方法のように、「抽象的」な情報は「あくまで自己啓発」でしかありません

 

有益な情報は「無料」で手に入る時代です

 

必要な情報は少ないものです

 

「情報がたくさんありすぎて、ストレスが溜まる」のは本末転倒です

 

インプットする情報は「制限」しましょう

 

  • インプットすると元気になる情報
  • 趣味で好きな情報
  • 今までの人生で考えたことがない知見を与えてくれる情報

 

これらの情報をインプットするようにしましょう

 

そのためには、無益な情報はシャットアウトすることをオススメします

 

情報に意味を持たせるのはあなた自身です。大切な情報を取捨選択できるように意識してみましょう