シンプル都心ライフ

東京都心で仕事、生活、プライベートを謳歌するノウハウを公開しています。

3年で転職するはずが4年以上同じ会社に勤めた理由とは?

f:id:steveperry1373:20190831113148j:image

意識の高い学生:最近は転職でキャリアアップが当たりまえ。内定はたくさんもらったけど、正直「3年間」お試しで働いて、次のキャリアに繋げよう。同じ会社で長く働いても自分の市場価値は上がらないしね

 

タクミです。新卒時は「3年で転職」するかと思ってたら、あっという間に「4年以上」同じ会社に勤めておりました

 

「3年で転職」「最低でも履歴書を汚さないように3年働け」はよく言われていますよね

 

しかし私が「3年で転職」と考えていた理由は

 

「社会人3年も経験すれば、独立したり自分でお金を稼げるでしょ!」と考えていたからです

 

いやいや、3年で独立は当時の考えが甘すぎました

 

しかし4年以上同じ会社に勤めているとわかってきたこともあります

 

今回は3年で転職予定だったはずが、4年以上同じ会社で働いている理由についてまとめてみました

 

 

 

3年で転職するはずが4年以上同じ会社に勤めた理由とは?

社会人は「片手間」でできるほど、簡単ではない

社会人は「片手間」ではできません

 

私が学生のころは「仕事はお金を稼ぐもの」と考えていました

 

稼いだお金を元手に空いた時間でビジネスや投資をして稼ごう

 

こんな考えでした

 

しかし、現実は「社会人の仕事で精一杯」です

 

4年目になっても、まだ仕事が満足にこなせません

 

もっと本業でブレイクするには

 

いままで以上に本業に対して「時間」「経験」「努力」が必要です

 

そして「仕事ができないと本業のストレスがでかい」のです

 

ストレスが溜まった状態では「副業」にも集中できませんね

 

日本の会社はクビにならないと言いますけど、仕事ができないと居心地が悪すぎて自主退職するハメになります

 

 

社会人生活は「片手間」ではできませんし、時間を投下しないと副業にも影響があることがわかりました

 

社会人でいることのステータスが理解できた

社会人として働くと、それなりにステータスがあります

 

私は麻布に一人暮らししています

 

不動産屋で物件を契約するときに「会社名」「規模」「売り上げ」「年収」を書きました

 

すると「タクミさんの条件なら全く問題なく審査に通ります」と言われました

 

クレジットカードは、年齢制限のないものであれば、大抵のカードで審査に通ります

 

学生の就職先として公務員が人気です

 

これは「ステータスが高い」からです

 

仮に独立して月に30万円を稼げるようになったとしても

 

社会人として働くステータスは利用できません

 

不動産投資クレジットカードの発行など、副業をする上でも社会人のステータスはや役に経ちます。無理に転職しなくても良いかな、と思いました

 

 組織だからこそ、面白い経験ができる

個人でのビジネスも面白いですし、ストレスフリーですが

 

組織だからこそできる仕事もあります

 

私の場合は「海外出張」をさせていただいております

 

理由はお客様が海外にいる仕事だからですね

 

ではなぜ私が今の仕事をできたかといえば「組織」に所属しているからです

 

営業部隊の方が仕事を獲得し、技術部隊がサービスを作る

 

個人では到底難しいことです

 

多くの人と交遊しますので、名刺はさっとスキャンして職場に保管しています

 

スキャンしておかないと、名刺入れに入りきらないからです

 

営業ではないのに100枚以上の名刺をもらいました

 

将来、役にたつかはわかりません

 

しかし、個人でスモールビジネスをしたら到底経験できない仕事をできていますし、数多くの人と出会うことができました

 

自分だけで稼ぐのも楽しそうですが、組織で色々な方に触れ合いながらビジネスをするのもエキサイティングです

 

気がついたら4年以上仕事をしていたというわけです

 

転職先が絞られてしまう

3年で転職しようとしても、現実的に難しいという理由もあります

 

私の企業から転職する場合「同業他社」か「コンサルティング会社」「人材会社」が多いです

 

人材会社は業種問わず転職者が多いのですけど

 

せっかく「気分転換」に転職するのですから、「ガラっ」と空気を変えたいですよね

 

しかし「同業他社」では、仕事内容はほぼ同じです

 

そして「給与」の面で言えば、外資系に行かないと年収ダウンになってしまいます

 

同業他社への転職は空気も変わらないですし、年収が下がるだけなら意味はないですよね

 

次に「コンサルティング会社」です

 

「超有名外資コンサル」「日経コンサル」が候補ですが

 

そもそも会社の数が少ないです

 

超有名外資コンサルは、転職するためのスキルのハードルが高いですし

 

日経のコンサルは「激務度が増す」だけな気がします

 

最後に「人材系」です

 

こちらは「福利厚生」の面で、グレードダウンしてしまいます

 

新卒である程度大手の会社に入ると、居心地がよくて転職できない、ということを肌身で感じております

 

 【本音】そもそもなぜ働こうと思ったのか

大手企業で働くような社会人経験は、人生のスパイスとして重要だろうと考えたからです

 

私は元々、「著述家」「俳優」「音楽家」など、芸術系で発信する人に惹かれていました

 

3年で転職しようと思ったのも

 

「3年以内に月に20〜30万円稼いで、悠々と創作活動をしよう」と思っていたからです

 

しかし上記の職業の中で、元々大手企業のサラリーマンをしていた人は少ないだろうと思いまして

 

若いうちは働いてみようかな、と思ったのが本音です

 

実際にはサラリーマン生活が、厳しくも楽しいので4年以上続いておりますが

 

よくよく考えたら「サラリーマンをしながらでもできるよな」と思える時代になっていました

 

数年前は「独立して自身の創作活動をするには、会社員をやめないといけない」風潮がありましたが、最近は両立している人もちらほらいますからね

 

 案外、サラリーマンとして働くのも悪くないですよ

 

まとめ。3年で転職しない理由は結局「お金」

サラリーマンとして働いてわかったことは

 

「安定したお金」が精神を安定させてくれるということです

 

私がサラリーマンをしながら

 

趣味のブログを900記事以上更新できたのは

 

「お金の心配がない」からです

 

たくさんお金がもらえて年収が高いということではなく

 

毎月、決まった額が振り込まれるので

 

具体的な生活をイメージしやすいということです

 

もし、月に50万円もらえたのに、次の月は10万円しかもらえないときなど

 

収入が安定しない場合は「常にお金の不安」がまとわりつくと思います

 

結局、サラリーマン生活を4年以上続けているのは

 

安定して「決まった時にお金が振り込まれる」からです

 

おそらくですが、会社を転職ではなく退職したとして

 

ブログの更新頻度が今以上に増えるかと言えば

 

Noです

 

なぜなら「仕事をしないとお金や将来の不安が強くなる」からです

 

「3年で転職するから、ファーストキャリアはなんでもいいや」というのは、少し勿体無いかもです

 

私のように、元はサラリーマンをする予定でなかった人も

 

社会人になると「安定した生活」が重要とわかってきます

 

むしろサラリーマンになりたくない人こそ

 

安定した企業をファーストキャリアにすべきと思います

 

もし途中で転職したくなっても

 

次の転職先の選択肢が広がりますからね