シンプル都心ライフ

シンプルライフに憧れるけれど、都心の生活も満喫したい。そんな欲張りな20代男のシンプル都心ライフ中心のブログです。

AI人口は少なすぎて年収高すぎ?人工知能のデータサイエンティストになるには?

f:id:steveperry1373:20181006120200j:image

人工知能(AI)がどんどんブームになっている一方で、ほとんどの方はタクミを含めて「AIは知っているけど、どんなものかわからない」という認識ではないでしょうか

 

海外ではAIに詳しい大学の教授が企業から膨大なお金でスカウトされて、3000万円〜5000万円以上の破格の給与を得ているようです

 

中には年収10億以上を稼ぐ人もいるということ

 

なぜ、そんなにAIのデータサイエンティストは破格の給与をもらえるのでしょうか

 

 

 

 

AI人口は少なすぎて年収高すぎ?人工知能のデータサイエンティストになるには?

 

AIの仕事って何をするの?

こちらのサイトにAIの詳細が記載されています

 

AIは「データ分析の一手法」です。データから法則を見つけることができます。

そのためAIエンジニアの仕事内容は、「AIを用いてデータを分析し、企業の収益に貢献できる方法を見つけること」です。

 

 AIというと、よくわからない人が多いと思いますが、過去のデータをもとにして、将来を予想することです

 

たとえば、アマゾンや楽天サイトでは、ユーザがどの商品を見たのか、どの商品を買ったのかという履歴がデータとして分析されています

 

そして不思議なことに、ユーザが最近オンラインサイトで見ていたような商品が、ネットのいたるところで「広告」として表示されています

 

つまり、あなたの行動は全てデータとして分析されているのです

 

AIを使うと、あなたの将来の行動が分析できる

AIでは、ある程度の精度であなたの行動を分析できます

 

しかし、1個人のあなたの行動の情報だけでは、正確にあなたの行動を予測するのは難しく、ブレが生じるかもしれません

 

たとえば、Aさんという30代の女性が、いつもは服をオンラインショップで見ているけど、1時間だけたまたまCMで見た文房具を見ていたこともあるかもしれません

 

すると、AIは過去のデータをもとにするので、Aさんに対して、服ではなく、文房具の広告を出してしまうかもしれません

 

さて、Aさんに対して本当に精度の高い広告を出すには、Aさんの過去の行動データのみでは足りません

 

そこで、Aさんと行動が似ている、他のユーザの情報をデータの分析に使用します

 

例えば「30代の女性の中で、服をメインに商品を見ている人」の行動データを集めます

 

そして、AIによって過去のユーザのデータを解析し、将来をある程度予測した上で、「この年代の女性には、服のこのブランドの広告を表示して」というふうに機械に理解させます

 

だからこそ、なぜか欲しい商品の広告が、スマホやパソコンで表示されるようになるのです

 

AIのデータサイエンティストは、ユーザの消費行動を分析しダイレクトに購買率を促進させる効果があるので、非常に高待遇なわけです

 

 

素人でもデータサイエンティストになれるの?

データでさらにサイエンティストとなると、専門性が非常に高く、基本的に難しそうに感じるのですが、素人でもデータサイエンティストになれるのでしょうか

 

結論からいえば、独学でAIを学んでデータサイエンティストになるのはかなり難しそうです

 

例えば医者になりたい人は大学で医学部へ、弁護士になりたい人は大学で法科大学院へと、将来の職業のためには、専門の大学に進学するのがベストです

 

ではAIは?一番可能性が高いのは、大学の情報学科の中でAIについて研究している研究室に行くことでしょう

 

下記のサイトにAIを学べる日本の研究室の一覧がありました

http://ainow.ai/labmap2018/

 

まずは、高校までに理系に進み、大学で情報工学の研究室に行くのが可能性が高い道です

 

大学のレベルはそこまで関係なく、可能であれば大学院で東大、京大、東工大などの研究室に進学して、情報工学を研究すれば、Googleをはじめとした海外のIT企業に入れる可能性が高いです

 

もしくは日本のIT企業や、メーカーなどのIT部門で働きつつ、外部研修などでAIを学びながら、実ビジネスで応用できる実績を積むという方法もありそうです

 

タクミはAIの研修を受けている「初心者」のレベルなのですが、少しずつAIについて学ぶ機会を増やして、実績を積んでいきたいです

 

仮に今の企業の中でAIを使用しないにしても、AIの素養があるだけで他の企業からも需要が一気にたかまるからです

 

まとめ。AIのデータサイエンティストは将来有望だけど、全く人数が足らないから引く手数多!理系の学生なら情報系への進学をおすすめ!

タクミのように社会人になって初めてIT系に触れたようなレベルであっても、AIの研修を通して、本当に将来はAIを理解できて扱える人と、そうでない人で格差が生じてしまうと危惧しています

 

もしあなたがまだ学生であれば、ITについて学習するのは将来、高収入を稼ぐ可能性を高めるだけでなく、グローバルに海外でも働ける可能性を高めることになります

 

将来については誰も予想はできませんが、もしこのままAIのブームが続いて、ほとんどのシステムにAIが導入されたとしたら、AIを理解できる希少な人は、引く手数多になります

 

それこそ学歴なんてものよりも、AIの素養がある方が圧倒的に年収も地位も高くなる時代になるかもしれません

 

今、あなたが高校生なら、可能ならば理系に進み、情報系に進学して見ましょう

 

理系であれば、大学のレベルにかかわらず、大学院で国立大学に進学する可能性が高くなります

 

文系の場合でも、独学でいいのでAIについて理解できるようにしておくと、AIがわかる営業として、引く手あまたになるでしょう

 

いずれにしても、2018年現在、日本ではAIの学習環境は非常に限られています

 

今後は学校でプログラミングが必修になりますので、数十年後にはAIの学習が必修になるかもしれません

 

しかし、すでに教育先進国のフィンランドでは、AIを無料で学べる機会が提供されています

「AI」をタダで学べるオンライン講座、フィンランドの大学が公開。すでに2万人超が登録 - Engadget 日本版

 

日本では、お金はかかってしまいますが、オンラインで学習することも十分に可能です

 

ぜひ、AIについて、少しでも興味を持って学習してみることをおすすめします