シンプル都心ライフ

シンプルライフに憧れるけれど、都心の生活も満喫したい。そんな欲張りな20代男のシンプル都心ライフ中心のブログです。

20代が都心に住むならオススメな場所とは?日本の中心新宿区編

f:id:steveperry1373:20180108150515j:image

20代という人生で一番活力がある年齢。まだまだ年収も高くないけど、刺激のある都心で過ごすにはどこに住むのがオススメでしょうか。

 

今回は日本の中心地新宿区で、20代が1人暮らしをするならオススメの場所をご紹介します。

 

なお、筆者は新宿区に2年間在住しているので個別で問い合わせなども大歓迎です。

 

 

 

大都心新宿区に住むならここ!2年間在住した筆者オススメの場所とは?

 

新宿区四谷三丁目(よつやさんちょうめ)

 

都心でアクセスというキーワードで検索するなら、まちがいなくオススメなのが四谷三丁目。

 

大ヒットになった「君の名は」では、四ツ谷駅が度々登場しますが、四谷三丁目はそのお隣の駅です。

 

地下鉄丸ノ内線しか電車はありませんが、お隣の四ツ谷駅まであるけばJR中央線、総武線、地下鉄南北線など、都心のどこにいくにもアクセスが最高になります。

 

ワンルーム、1Kの家賃相場は10.5〜12.5万円と幅広いです。しかし実際には8万〜9万円代でそこそこ綺麗な築浅アパートやマンションが借りられます。

 

また、お隣の四ツ谷駅にはおしゃれなイメージの強い上智大学があり、知的な学生が多い印象。加えて土地柄として高台に建物があるので治安も良く、災害に強いです。

 

とはいえ治安は問題ないですが、住環境としてはスーパーが少ないので自炊派には難点です。

 

とはいえ、都心に住む一番のメリットであるアクセスに関しては、他の駅とは比較できないほど良好でオススメです。新宿駅にも徒歩で行けます。

 

アクセス

新橋16分

新宿5分

渋谷駅14分

 

新宿区早稲田(わせだ)

 

ご存知、早稲田大学がある早稲田駅は、東京メトロ東西線の駅です。ここも新宿区なんですね。

 

早稲田駅は学生街なので港区の三田と同様に家賃相場が安めです。ワンルーム、1Kの家賃相場は6.2〜8.3万円。今までご紹介してきた場所より圧倒的に安いです。

 

早稲田に住んでいるといえばなんとなく知的なイメージもあります。慶應駅や上智駅がない中で、早稲田駅はそのまま駅名になってますからね。ライバルは東大前、明大前くらいでしょうか。

 

治安は都内屈指の良さ。繁華街もなく近辺の西早稲田、神楽坂は高級住宅地ですし、街並みも綺麗です。高田馬場までいくと多少雑多な印象になりますが。

 

早稲田駅周辺には飲食店も多数あります。早稲田では学生向けの安い定食屋が多数あり、お隣の神楽坂駅までいけば高級和食料理やフレンチ、イタリアンとよりどりみどり。

 

早稲田はアクセスも良好で食事にも困らず家賃相場も安めです。筆者一押しのオススメの場所です。

 

アクセス

新橋23分

新宿12分

渋谷19分

 

新宿区神楽坂

 

神楽坂はおしゃれなイメージと、昔ながらの石垣の歩道、美食、そしてフランス人が住む街として有名です。

 

近年は20〜30代向けのおしゃれカフェやスイーツの店が多数作られ、10代の女性もちらほらいます。また出版社が多数あり、その派生で本屋が大量にあります。

 

なかでも本の倉庫を改装してつくられたラカグは有名で、家具などの値段帯はバカ高いですが、文化的でおしゃれな雰囲気を味わいながら1Fのカフェでデートすることができます。

 

ワンルーム、1Kの家賃相場は8.5〜9.3万円。高級住宅地として有名な神楽坂ですが、四谷三丁目よりも安い穴場の場所でもあります。

 

家賃が安い理由は、使える最寄り駅は地下鉄東西線の神楽坂駅のみだからです。しかしお隣の飯田橋駅まで歩けば、JRから地下鉄までなんと7路線も利用することができます。

 

神楽坂の治安は筆者が2年間住んでみて、一度も悪いと思ったことはありませんでした。お隣の文京区に隣接していることもあり、おそらく都内屈指の治安の良さを誇ります。

 

治安の良さ、おしゃれさ、美食の街などの面から20代の女性に強くオススメできる街です。

 

アクセス

新橋19分

新宿13分

渋谷19分

 

まとめ。新宿区に住めば都心のアクセスは抜群。アクセスメインなら四谷三丁目。家賃重視なら早稲田。おしゃれさと美食家なら神楽坂に住みましょう。

 

新宿区は、筆者が2年間住んでいる神楽坂があるので、多少ひいき目にかきました笑

 

とはいえ、今回紹介した場所は大都心新宿駅まで15分以内。新橋、渋谷まで20分とアクセス面では文句なしのオススメの場所です。

 

家賃相場も港区と比較して非常に安く、なおかつ治安も良好な場所が多いです。

 

注意点としては、新宿区自体は犯罪発生率が23区ダントツ1位であること。これは治安の悪いイメージのある筆者出身地の足立区よりも悪い数字です。

 

理由は新宿駅には歌舞伎町があること。キャバクラやホストクラブ、ゲイバーなど、歌舞伎町は日本屈指の繁華街であるからです。

 

また外国人の在住率が23区で圧倒的にトップです。多国籍な街だからこそ、犯罪発生率も上がる懸念があります。

 

ですので、仮に職場が新宿駅近辺であったとしても、住む場所は四谷三丁目、早稲田、神楽坂をオススメします。

 

また新宿区は、28歳までの単身者に家賃補助の制度がある唯一の区です。こちらの記事にあるように、筆者は家賃補助を受けることで家賃の負担が減りました。

 

大都心新宿区での1人暮らし、ぜひご検討してみてください!

 

お部屋探しなら「いえらぶ」がオススメ!あなたに会う家が見つかります!