シンプル都心ライフ

シンプルライフに憧れるけれど、都心の生活も満喫したい。そんな欲張りな20代男のシンプル都心ライフ中心のブログです。

一人暮らしでズボラな人は掃除がめんどう。ズボラな筆者が考えるちょっとした掃除のコツをご紹介

f:id:steveperry1373:20180307233623j:image

最近、部屋がきれいな事はとても重要だと思うようになりました

 

筆者は2年間、神楽坂の1Kの部屋に住んでいますが、狭いなりにメリットがたくさんあり、その1つが掃除が簡単ということです

 

一人暮らしで、1LDK等の広い家に住む事は、はじめは憧れもありました。しかし、部屋が広いと言う事はそれだけ掃除の時間がかかります

 

なので、狭い部屋もわりかしいいなと思っていたのですが、最近は部屋が汚れ気味です

 

部屋の汚さは、生活が荒れていることを表す。とよくいますが確かにそうかもしれません

 

逆に言えば、生活が荒れていても、部屋が綺麗であれば、少なくとも気分は良くなるはずです

 

というわけで、ズボラな筆者が心がけている、あまりお勧めできない掃除の方法をご紹介します

 

 

 

 

 

ズボラな筆者がお勧めする、一人暮らしの掃除の方法ご紹介

 

一人暮らしでは大きなゴミ箱はいらない

 

ゴミ箱と言えば必ず必要なものと言うイメージがあります。しかし一人暮らしではゴミ箱は入りません

 

実際に筆者は、大きめのゴミ箱と小さめの丸いゴミ箱2つ思っていますが、大きめのゴミ箱はここ半年全く使っていません。なので断捨離予定です。

 

小さな円形のゴミ箱は、ティッシュで鼻をかんだ後などとても便利なので使っていますが、大きいゴミ箱は、いっぱいなるまでに時間がかかり臭いの原因になります

 

というわけで筆者は、ゴミ袋にそのままゴミを入れ、1日ごとにゴミ捨て場に捨てています

 

えっ1日おきにゴミ袋に捨てていたら、ゴミ袋がもったいない

 

そう思う方もいると思いますが、やってみると案外簡単で、かつ経済的です

 

ゴミ袋は、20枚ほど入って150円ほどで売っています。1日10円もかかりません

 

なので、1日ごとにリセットする意味合いも込めて、弊社はゴミ袋に入れて、ゴミはその日中に捨てます。

 

このような習慣があると、大きめのゴミ箱は全く必要ないことがわかります

 

場所も取るので、狭い一人暮らしには大敵です。

 

ゴミは、1日おきに捨てる。これを心がけてみましょう

 

 

 

一人暮らしの掃除では、濡れぶきをうまく使う

 

筆者が汚れが気になるところは、大きく分けて3つです

 

リビングの机と、キッチン。そしてベッドです

 

リビングの机とキッチンは、食事をするために汚れるからです。そして洗い残した食器などが散乱してしまいます

 

 2、3日続くとあっという間にゴミ屋敷になっちゃいます

 

というわけで濡れぶきの登場です。筆者は5枚ほど濡れぶき用のタオルを用意しており、食事が終わった後、食器類をキッチンに持っていったら机をささっと拭きます

 

こうすることで、リビングの机は一瞬できれいになります

 

 ちなみに筆者が使っているのはこちら。フェイスタオルですが、吸水力が高いので、掃除用にも使えます。

 

次にキッチン。筆者のように腕型のキッチンでは、作業場がとても狭く、野菜が床に落ちたり、汁が飛び散ったりととても汚いです

 

なので、キッチンも濡れぶきでささっと拭きます。 2日以上経つと、こびりついて取れなくなるので、食べ終わったら無意識のうちに拭くようにしてます

 

最後にベッド。なぜベッドが汚れるかと言うと、くつろぎの場所なので、MacBookやスマホ、エアコンのリモコンやパジャマ、充電器などが散乱しているからです

 

特にエアコンのリモコンは、厄介です。朝会社に行く前にエアコンを切ろうとしても、なかなかエアコンのリモコンが見つからない場合があります

 

その場合は、大体ベッドの奥深くか、ベッドの下に落ちています

 

忙しい朝に、リモコンを探すだけでとても時間がかかります。何回遅刻しようとしたかわかりません

 

というわけで、筆者はリモコンやパソコンの置き場を図面を作ってEvernoteに保存しています

 

そうすることで、どこに何があるかが明確になるからです

 

ものが散乱すると部屋が汚くなりますが、その一番の原因は、物の置き場所が決まっていないからです

 

特に番犬の狭い部屋であれば、ものは最小限にしつつも、必ず置き場決めておくことをおすすめします

 

そして、頭の中では忘れてしまうので必ず図に書いておくとお勧めです。そして毎日見るスマホに入れておくと、なくしたときに時間短縮になります。

 

ズボラな筆者でも、スマホは毎日見るので、必ず物の置き場を確認しています。毎日見ていると物の場所がインプットされるので、より探し物がはかどるようになります

 

まとめ。ズボラな人は濡れぶきと、物の置き場を決めることで解決。

 

というわけでズボラな筆者の一人暮らしの部屋の掃除術でした

 

 1番のオススメは、毎日ゴミを捨てると言うことです。 1日分のゴミを捨てると、すっきりした気持ちになります。

 

ただしこれはマンションに24時間ごみ捨て場がないとできません。このような環境にない人は、今回のアドバイスは使えないです。すみません

 

もし一人暮らしを考えている人がいたら、24時間ごみ捨てできる環境はとても貴重です。多少家賃が上がってもぜひそういった環境に引っ越してみて下さい

 

 

こちらのタオルは安いですが、質がいいのでオススメです。もちろんフェイスタオルとしても利用できます。