シンプル都心ライフ

シンプルライフに憧れるけれど、都心の生活も満喫したい。そんな欲張りな20代男のシンプル都心ライフ中心のブログです。

シンプルライフ、ミニマリストは「モテる」なんて考えたことがなかった

f:id:steveperry1373:20180804113317j:image

ブログを検索すると、ミニマリスト(モノが少ない人)ってモテるという記事があり、また「ミニマリスト モテる」で検索してる人も多いみたいです

 

人生の目標として「モテる」「モテたい」という欲はめっちゃくちゃ大切だと、タクミは思っています

 

しかし、ミニマリストになると、本当にモテらのかは、あまり関係ない気がします

 

 

 

 

 

シンプルライフ、ミニマリストは「モテる」なんて考えたことがなかった

ミニマリストの女性は「モテる」らしい

たしかに、ブランド物を買いあさるような、お金の管理ができなさそうな人より、ミニマリストの女性のほうが、倹約そうですよね

 

服装もミニマリストだから貧相というわけではなく、モノが少ない人は清潔なファッションを心がけているイメージです

 

倹約だけど、清潔でセンスがあれば、たしかにモテそうですね

 

男性も同じかもしれません。しっかりとした金銭感覚があり、清潔なファッションであるミニマリストであれば、それは普通にモテそうですよね

 

「車」「家」「ブランド物」はモテない

昔のモテ事情はわかりませんが、たしかに最近では、その人の持ち物で好印象になる対象が変わってきていると思います

 

最近の20代の都心の男性は、多少優雅な生活をしている人でも、「車」をもっている話は聞きません

 

必要ないですからね。都心だと

 

だから、ドライブ好きの女性でないなら、車でモテることはないです

 

「家」は重要ではありますが、高級マンションに住んでいても、家に誘えないと意味がないですよね

 

また、いい家に住んでいるからモテるのも、どうも違うようです

 

知り合いの女の子が彼氏募集中だったので、知り合いのタワーマンションに住む子を紹介してみたら、ウケがあまり良くありませんでした

 

タワーマンションに魅力を感じていない、というよりは、写真を見せて反応が薄かったかんじです

 

家よりもルックスな方が重要視されてるみたいです

 

最後に「ブランド物」ですが、最近では20代前半の女の子でも「ブランド物」の1つや2つはもっています

 

インターネット世代の女の子は、みんながもっている有名ブランドを持ちたがる子もいれば、被らないように独自のブランドを好きになる子もいます

 

要は、男がブランド物を持っていても、「必要最低限」の質であれば、プラス評価にはならないようです

 

ボロボロのエルメスの財布を使うよりも、新品のコーチの革財布のほうがウケが良いみたいです

 

いまどきの20代前半の女性が求めているもの

 

いまどきの女の子が求めているのは「親近感」「ルックス」「安心感」というイメージです

 

腕時計で「ロレックス」をつけるよりも、女性用もある「ダニエルウェリントン」をつけるほうが圧倒的に食いつきが良かったです

 

これは女の子が「親近感」を求めているからでしょう

 

「私も使っているものを使っている。価値観が合うかも」

 

こんな感情が必要みたいです

 

もちろん、20代中盤、後半の結婚を意識した女性になると「大手企業か」「使っているクレジットカードはなにか」「どこに住んでいて、出身はどこか」などで、育ちやら資産を探ってくる女性の多いこと多いこと

 

あくまで、婚活していない20代前半の女の子の話です

 

そしてインターネット世代の30代くらいまでの女性はルックスを気にする人も多いみたいです

 

インターネットで、簡単に世界中のイケメンを24時間みることができる時代ですからね

 

イカツイ人が好きなのか、中性的な人が好きなのか、流行りの顔が好きなのかは人それぞれですけどね

 

もちろん、「イケメン」の基準は昔よりも簡単に超えられるレベルなので、両親や友達に自慢はできなくても、「紹介しても恥ずかしくない」というレベルは必要だと思います

 

あとは「安心感」でしょうか

 

自分だけを見てくれる。浮気しないような人

 

イケメンは好きといいつつ、モテそうな人はちょっと嫌。浮気が心配だから、という感じでしょうか

 

普通のルックスだけど清潔感があってイケメン風。話も合いそうだし、いいかな

 

こんな感じで、最近の20代前半の女の子は思っているのではとおもいます

 

 

 

まとめ。ミニマリストになると「モテる」わけじゃなく、「清潔感あるファッション」で「安心感」を与えられるとモテる

 

ミニマリストがモテるというのは、値段はリーズナブルでも。シンプルで「清潔感あるファッション」を好むから

 

そして、お金の管理ができてギャンブルなどをしなそうだから、でしょうか

 

たしかに、ミニマリストやシンプルライフの方のブログを読んでいて、ギャンブルが趣味だったりタバコを吸ったりする人は少ないイメージです

 

むしろ、シンプルライフやミニマリストは、モノを少なく、健康的な生活スタイル、というのが定着しているのかもしれません

 

毎日、適当にコンビニ弁当やチェーンで食事を済ます人よりも、時間がかかってもしっかりと自炊して健康的な人のほうが、それはモテます

 

なので、やみくもにモノを減らしてミニマリスト、シンプルライフをしても「モテる」ことはないですが、「清潔感あるファッションで、健康に気をつけて、金銭感覚のバランスが良い」人なら「モテます」

 

若い20代の男性は、「モテたいからシンプルライフや、ミニマリスト」を目指す人も、ごくごく少数いるでしょう

 

シンプルライフやミニマリスト思考になると、金銭感覚のバランスが良くなるので、モテる要素にはなるかと思います

 

ただし、バランスの問題なので、ミニマリストが行きすぎて、単に目立つために、「部屋に必要なモノが一つもない」レベルにしなければ大丈夫です

 

部屋を空っぽにして、コインランドリーやコンビニを自分の庭のように考えるスタイルもありますが、洗濯機買って自炊すれば十分ですし、お金もかかりません

 

タクミ自身は「モテることはどうでもいい」と思い始めた頃に「モテる」経験をしていますが、ミニマリストやシンプルライフで「必要なモノだけあればいい」という発想も似ているのかもしれません

 

あと、単純な話ですが、いくらミニマリストやシンプルライフを極めたところで「出会いの数」が少ないなら「一生モテることはありません」

 

変に「モテたい」から「シンプルライフ」「ミニマリスト」を始めるのは、遠回りだと思います

 

やはり「シンプルライフ」「ミニマリスト」は、「モテるかどうかに関係なく、モノがなくても、お金を使わなくても充実感を感じれる」ことに価値があると思います