シンプル都心ライフ

シンプルライフに憧れるけれど、都心の生活も満喫したい。そんな欲張りな20代男のシンプル都心ライフ中心のブログです。

副業でサラリーマンが月5000円の収入を稼ぐオススメの方法は?

f:id:steveperry1373:20180830092044j:image

サラリーマンの方で副業考えてる人多いですよね。たくみもブログを書いて副業をしていますが、今まで様々な副業に挑戦しました

 

分かった事は、副業にはそれぞれスタイルがあるということです。大きく分けると以下の通りです

 

  • 物販
  • 広告収入
  • ポイントサイト
  • アフィリエイト
  • 株式投資、FX

 

副業でサラリーマンが月5000円を目標にしたとします。なぜ月5000円かと言うと、月5000円を稼ぐっていうのは想像以上に大変だからです

 

ほとんどの人は、副業で1円すら稼いだことすらありません。インターネットで副業と検索すると、月10万円稼ぐとか出てきますよね。あれは広告なので、非現実的です

 

月5000円稼ぐと言うのは、サラリーマンをやってる人にとってどれだけ難しいのでしょうか。また副業の種類によってむずかしさや達成までの時間は変わるのでしょうか

 

 

 

 

 

副業でサラリーマンが月5000円の収入を稼ぐオススメの方法は?

副業とアルバイトを同じに考えるから、月5000円は簡単に感じてしまう

都心でアルバイトすれば、時給1000円以上は当たり前です

 

 1日8時間以上働くと、日給で8000円貰えます。月に10日働くだけで、月給80,000円稼げます

 

アルバイトと副業を一緒にしてしまうと、月5000円は簡単に稼げる気がしてしまいます

 

しかし、多くの人は1円ですら自らのアイディアや行動で稼ぐ経験をしたことがないはずです

 

ほとんどがアルバイトやお小遣いでお金をもらっていたはずです。なので、まずは副業で1円を稼ぐことから始まります

 

月5000円の副業で稼ごうとしたときに、まずつまずくのは、自らのアイディアと行動で1円を稼ぐことなのです

 

副業は不用品を販売してお金を稼ぐこととは違う

サラリーマンが副業で稼ぐと考えたときに、ヤフオクやメルカリで家にある不用品を販売することを考えますよね

 

しかし、不用品の販売は副業とはまた違います

 

それは「もの」に価値があるからであってあなたのアイディアに価値があってお金を稼いだわけでは無いからです

 

また売ってしまったら商品は当然なくなります

 

もし副業として成立させるためには、安くものを仕入れてメルカリやヤフオク、アマゾンで販売する必要があります

 

これが「物販」に当たります

 

サラリーマンが副業するために1番大切なのは「副業で1円を稼ぐことができるとイメージできる」こと

先ほど、副業では1円を稼ぐと言うのがまず難しい話をしました

 

それは心理学で「お金を稼ぐには誰かに雇われるしかない」と言う思い込みをほとんどの人が持っているからです

 

逆に言えば、できるだけ早く副業で1円を稼いでしまえば「副業でもお金を稼ぐことができる」と言うセルフイメージを持つことができます

 

副業で1円を稼ぐことができれば、それを5000倍することで5000円を稼ぐことができます

 

副業で1円を稼げれば、次はどうやったら10円稼げるかを考えます。10円稼げたら、どうやったら100円稼げるかを考えます

 

最初の副業で1円を稼ぐ段階でつまずいてしまえば、10円稼ぐ、100円稼ぐといった考えにはならないのです

 

0から1が最も難しいのです。1を10にしたり、100にする方が簡単なのです

 

副業でサラリーマンが月5000円を稼ぐために、最速なのは「物販」で古本販売

サラリーマンが月5000円を副業で稼ぐために、最速なのは「物販」です

 

「せどりすと」と言うアプリを知っていますか。「せどり」と言う言葉を知っていますか

 

ものを安く仕入れて、インターネット上で高く売ると言うことです。特に本の売買で使われる言葉が「せどり」です

 

今の古本相場は分かりませんが、過去にたくみはせどりをして月に10万円を稼いでいました

 

方法はとても単純です。ブックオフに行って、本の裏についているバーコードをスマートフォンのアプリで読み取っていくだけです

 

 4年前の話ですが、例えば300円から500円で販売されている本が、アマゾンで1000円で最安値で出されていたりします

 

たくみはビジネス本が好きだったので、ビジネス本コーナーでひたすら本の裏のバーコードをアプリで読み取っていました

 

すると100冊位スキャンすると、1冊か2冊程度は、300円から500円の売り上げの本が、アマゾンで1000円から2000円で販売されていることを見つけます

 

後はブックオフで本を買って、アマゾンのマーケットプレイスと言う中古本を売るためのページから簡単な商品情報を入力するだけです。もちろんアカウント登録無料で出品できます

 

アマゾンは最強の販売ツールです。本を出品すれば、早くて1週間以内、時間がかかっても1ヶ月以内で本が売れていきます

 

当然、アマゾンに販売手数料(4年前は15%)を売り上げから払い、さらに配送料や梱包用の封筒、緩衝材代などを支払う必要があります

 

イメージとしては、 1000円で売れた本は80%分の売り上げが入ってくるイメージです。なので1000円の本が売れたら800円で売れたことと同じになります

 

 

もし300円から500円で本を仕入れていれば、純利益は1冊あたり300円から500円になります

 

仕入れの段階で、1時間で5冊ほど利益の出る本を見つければ、仮に1冊400円の利益とすれば、約10冊以上毎月本を売って月5000円を稼ぐことができます

 

物販の場合は、買った本が売れないと言うリスクはありますが、アプリでアマゾンランキングをあらかじめ見ておくことで、確実に買った本が売れるかどうかを知ることができます

 

サラリーマンの方でも、週末にブックオフに行って2〜3時間仕入れの時間を使い、1時間ほどアマゾンに出品をし、売れた本から梱包して配送すると言う作業を繰り返すことで、月5000円を稼ぐことができます

 

このように古本の売買はノウハウが確立しています。いちど作業に慣れてしまえば後は同じことの繰り返しです。難しいことも特にないので、最低2ヶ月あれば月に5000円を稼ぐ事はたやすいでしょう

 

 

 

物販の副業の問題点は、副業をやめたら収入がゼロになること

サラリーマンが副業するときに「物販での古本販売が最速」と言う話をしました。しかしなぜたくみが今現在、物販をやっていないかと言うと物販には限界があるからです

 

せどりに限って言えば、仕入れをやめてしまった途端に収入が途絶えてしまいます

 

当然ですが物販は古本があってこそ商売が成立します

 

またせどりのリスクは以下の通りです

 

  • 販売先のアマゾンの出版者の評価が低いと売れないことがある
  • ブックオフで仕入れをするのは不審者に思われる
  •  仕入れから梱包、商品の価格帯管理まで、 1人で全てやるので作業量が多い

 

あなたが学生なら、せどりはぜひ経験しておくべきことです。商売のいろはを学べますし、副業で1円稼ぐと言う経験を最速ですることができるからです

 

そして学生であれば世間体などは気にする必要はありません。一方で社会人になると世間体が仕事に直結しますし、会社の同僚や先輩にブックオフで本を漁ってる姿を見られたら恥ずかしいですよね

 

せどりをしているところを写真にとられてSNSにアップロードされるような危険性すら、今の時代にはあるのです

 

物販の最大のデメリットは恥ずかしさです。これはブックオフに限った話なのですが、普通の人が読みたい本を探しているのに、血眼になってスマホとにらめっこして、片っ端から本をスキャンしてる人は明らかに不審者です

 

ですので物販といっても、例えば海外のオークションサイトから日本で高く売れそうな商品を仕入れて売る方法もあります

 

これなら人前に出ずにそして24時間好きなときに作業することができます。しかしたくみはこのノウハウがないのでご紹介はできません

 

人目が気にならないのであれば、セドリストなどのアプリをスマホに入れて、ブックオフにいきましょう。必要なスキルは人目を気にしないことです

 

ブログやアフィリエイトで月5000円を稼ぐのは物販より圧倒的に難しい

物販は副業で稼ぐのに最速だと言うお話をしました。一方でインターネットに自分のサイトを立ち上げて、ブログやアフィリエイトで月5000円を稼ぐのは物販より圧倒的に難しいです

 

例えばブログで月5000円を稼ぐにはGoogleアドセンスと言う広告をブログに貼るのが1番有名です

 

 Googleアドセンスの広告を貼り、広告が1回クリックされるごとに20円から30円の収入が入ります

 

間をとって25円の広告収入が1回のクリックが入るとすると、月5000円を稼ぐためには毎月200回のクリックをされる必要があります

 

しかし広告はそんな簡単にクリックされるものではありません。

 

統計的な数値は分かりませんが、仮に100人がブログに訪問してきて、そのうちの1%の人が広告をクリックしたとすると、月に200回クリックされるためには、毎月20,000人の人がサイトに訪問してくる必要があります

 

では毎月20,000人の人が訪問してくるサイトをどのように作るのでしょうか

 

実体験では、ブログの記事が200記事を超えたときに、毎月10,000 PV、つまり10,000回ブログの記事が読まれています

 

 20,000 PVを超えたときには、記事数は300記事ほど一般公開していました

 

 1日に1記事をコツコツと書いたとして、最低でも1年弱はかかる計算です

 

文才やブログのジャンルによって、当然稼げるか稼げないかも変わってきますが、タクミの場合は月5000円を稼ぐために1年と4ヶ月ほどかかりました

 

 1記事に平均1時間とすると、300記事書くためには 300時間必要です

 

物販と比較すると、ブログやアフィリエイトで稼ぐためには、圧倒的に時間と労力が必要となります

 

もちろん今回は広告収入だけで計算していますので、ブログに商品リンクを貼ってアフィリエイトでうまくいけば、当然もっと早く稼ぐことができます

 

しかし、最速で稼ぐと言うことを考えるとブログやアフィリエイトで稼ぐのは、どうしても物販よりも時間がかかります

 

まとめ。副業でサラリーマンが月5000円を稼ぐには、短期的な目線と、長期的な目線でやり方を変える必要がある

 

サラリーマンが月5000円を副業で稼ぐためには、大きく分けて物販とブログやアフィリエイトなどのインターネットビジネスがあります

 

どうしても早く副業で月5000円を稼ぎたいのであれば、物販で古本売買をするのが1番手っ取り早いです

 

一方で、不労所得のように毎月5000円を、稼ぎ続けたいのであればインターネットビジネスのブログやアフィリエイトに挑戦する必要があります

 

また、借金の返済等に追われていて今すぐ5000円が欲しい場合には、アルバイトで日雇いのバイトをするのが1番手っ取り早いです

 

月5000円を稼ぐのは、様々な方法があります。どれだけ早く月5000円が欲しいかによって、副業の種類を変えていきましょう

 

たくみのオススメはブログやアフィリエイトです。今回のブログでは紹介してませんが、株式投資やFXは月5000円を稼ぐのにオススメしません

 

なぜなら株式投資やFXは月5000円以上稼ぐ可能性がある一方で、マイナスになる可能性もあるからです

 

副業で収益を増やしていくためには、ブログやアフィリエイトで月5000円を稼げるまでひたすら頑張って、年間60,000円の収益を得られるようになったら、その1部を株式投資やFXに回していくことです

 

本業のお金から株式投資やFXに投資してしまうと、冷静な判断ができず損失を出す可能性が圧倒的に高くなります

 

一方で副業で稼いだ年間60,000円であれば思い切った決断ができたり、冷静に株価が下がったら即損切りができたりと株式投資やFXで成果を出す可能性が飛躍的に上がります

 

冷静な判断さえできれば、株式投資やFXは非常に有効な副業の方法です

 

しかし、本業のお金を運用すると言う事は、ほとんどの人にとっては苦手科目で偏差値70を取るレベルに難しいです

 

ブログやアフィリエイトで月5000円を稼ぐと言うのは、成績が3の普通の科目を、がんばって成績を5にするようなレベルです

 

簡単ではありませんが、不可能でもありません

 

ブログやアフィリエイトでの副業はどうしても時間がかかります。文章が嫌いな人は向いていないですし、コツコツ継続できない人は数ヶ月でやめてしまいます

 

しかし継続することさえできてしまえば、月5000円を稼ぐことが1度でもできれば、年間60,000円が自動的に収入として入ってくる可能性が高まります

 

ブログやアフィリエイトの場合は、月5000円を稼ぐまでが最も時間がかかり最も難しいのです

 

しかし、ブログが成長して安定したアクセスになれば、作業時間はどんどん少なくなっていきます

 

短期的な目線で副業をするならば物販がベストです。さらに緊急性が高いのであれば日雇いのアルバイトを考えるのがベストでしょう

 

今ならアルバイトで雇われる以外にも、様々な仕事が出来るような時代ですし、例えば英語のスキルがあれば、時給2000円以上の好待遇で働くこともできます

 

本業以外にも副業が解禁される時代になってきています。このような時代に、今まで通り雇われてしかお金を稼げないと言う思い込みがあると非常にもったいないです

 

ぜひサラリーマンの人は、副業に挑戦してみましょう。そして初めは物販でお金を稼ぐ感覚をつかむのがベストですが、最終的にはインターネットからお金を稼ぐ方法を考えてみましょう

 

www.takumoney.com