シンプル都心ライフ

シンプル都心ライフは東京を中心とした都心型ライフスタイルの情報を提供しています。その他、20代の働き方、副業、海外、ホテルなどの情報を展開しています。

英語ならこれで決まり!社会人でTOEICをやり直すならオススメの英語学習法とは?

f:id:steveperry1373:20190428095219j:image

「社会人になったらTOEICの勉強してスコアが600点ないと昇進できない・・ぶっちゃけ英語は成績3だったし、大学受験のセンター試験は120点くらいで、特に得意じゃなかったからなあ。英語ができると人生楽しそうだけど、英語の勉強から離れちゃったから社会人の勉強にはきついなあ」

 

社会人になってからの勉強は大変です

 

学生の頃と違って「勉強した結果がお金を稼ぐことにつながるかわからない」からです

 

  • 毎日30分〜1時間をコツコツ1年間勉強して、TOEICで800点とれるのだろうか
  • 英会話スクールに入って、ペラペラ話せるようになるのか
  • YouTuberやブログから「簡単に英語をマスターできる」方法を知ったけどうさんくさい

 

結論からいえば「英語が読める、話せる」ことは人生のクオリティを高めてくれます

 

  • TOEICで800点以上のスコアがあると、過剰に評価されがち
  • 英語のサイトが表示されても、なんとか内容がわかる
  • 急に外国人に話しかけられても、普通に回答できる
  • 洋画、洋楽など海外の文化に興味が湧く
  • 情報量が増える(1億程度の日本人と60億の外国人を比較すると、情報量が60倍ちがう)

 

さてここから本題ですが、社会人で英語の勉強をスタートして、TOEIC800や英会話ができるようになるには「相当頑張らないとムリな話」です

 

「毎日30分〜1時間をコツコツ」レベルで英語をマスターできるのはウソです

 

逆にいえば「英語勉強に土日祝日を潰せる人」は、社会人になってから1年間くらいで、英語が読めるようになり、簡単な英会話くらいはできます

 

ようは「短期決戦」でゴリゴリ勉強できるなら、社会人になっても英語やTOEICをやりなおせます

 

ということで、英語の勉強の仕方をまとめてみました

 

 

 

 

 

英語ならこれで決まり!社会人でTOEICをやり直すならオススメの英語学習法とは?

TOEICの前に何ができないのか、書き出してみる

TOEICといえども「英語」なので、英語が理解できれば高スコアがとれます

 

スコアがとれないなら、以下のどれかのスキルが足りないことになります

 

  1. 英単語を覚えていなさすぎる
  2. 英文法を知らなすぎる
  3. 英語の発音が聞き取れなすぎる
  4. 英文の読む量が少なすぎる
  5. 試験恐怖症でTOEICに慣れていない

 

TOEICで高得点をとれないときは、どれかにあてはまっているはずです

 

学生時代に受験勉強をした方は、1〜2あたりは身についてるので上達が早いです

 

まずはどの能力が足りていないのか確認しましょう

 

1〜2が足りないのに、いきなりTOEICは難しいです

 

 

 

TOEICのスコアを最速で500〜600欲しいなら「模試」を10回分解く

ちなみに1〜5のスキルがない状態でも、TOEICの「模試」「過去問」を10回分解けば、500〜600点はとれます

 

なぜならTOEICには「問題のクセ」が強いからです

 

  • TOEIC専用の単語や使い回し
  • TOEIC専用の形容詞、副詞
  • TOEIC専用の4択の間違い問題
  • TOEIC専用のリスニングのひっかけ

 

TOEIC専用の模試を10回分がんばって解いていけば、内容は理解できなくても400〜500点はとれます

 

600点レベルも人によっては取れると思います。もちろん1〜3の基礎レベルは抑えたほうが確実ですが・・

 

  • 英語なんてサボりまくってた
  • TOEICスコアを2〜3ヶ月でとる必要がある
  • 英語を0からスタートするのが辛い

 

こんな方は、まずは形だけでもTOEICのスコアをとってしまうほうが良いと思います

 

TOEICの勉強方法は「模試」→「復習」→「模試」

何度もお伝えするように、TOEICでは「模試」が重要です

 

たった1回の模試の中に4時間分の英語が含まれています

 

ですので「模試」→「復習」→「模試」を繰り返すだけで、どんどんTOEIC力が身についていきます

 

失敗例は「TOEIC単語帳」「TOEIC文法」などの「部分ごとの対策本」を購入してしまうことです

 

もちろん1冊ごとにしっかりと学習すれば、しっかりと点数には繋がりますが、ほとんどの方は面倒になって挫折しちゃうんですよね・・

 

なのでTOEICの点数をとりたいなら

 

いきなり模試→わからない単語を調べる→リスニングのスクリプト覚える→もう一度おなじ模試を解く

 

この繰り返しを10回もやれば十分です

 

TOEICの模試の復習にはどのくらいの時間がかかるの?

ざっと1回分で10時間かかります

 

  • 模試を解く→4時間
  • 回答を見る→2時間
  • わからない単語、文法を調べる→2時間
  • リスニングのスクリプトを覚える→2時間

 

けっこう時間がかかりますよね・・そしてこの時間には「模試を解き直す」時間は含まれていません

 

正直な話、1回復習しただけでは「単語」「文法」などは3割くらいしか理解できず、頭に入らないと思います

 

なので、まずは10時間をかけて1回分の模試をやりきることを目標にしましょう

 

10回分解くなら「100時間」かかる計算ですね。しかし100時間レベルでTOEIC500〜600点とれるかもしれないなら、挑戦する価値はあると思います

 

【実績】おおよそ「200時間」あれば「TOEIC600点」はいける

筆者がTOEICの勉強を本格的にしたのは大学3年生のときです

 

4月から勉強を開始して、1日3〜5時間を20日、そして3ヶ月経った模試で「410→680」になってました

 

つまり「180〜300時間」はかけてましたね。ちなみに次の月に「680→755」になり、一気にBランク入りとなりました

 

社会人で勉強するとなると、土日に3時間ずつ勉強したとして、「8〜9ヶ月」はかかります

 

TOEICのような語学については、時間が経つと単語や文法を忘れてしまうので、可能であれば土日「5時間」ずつ勉強できれば5〜6ヶ月の短期間で到達できます

 

「土日に5時間も勉強して、たったTOEIC600点かよ・・」という感じですけど、TOEIC600点を取れれば「英語は得意」と言えるレベルです

 

もともと大学受験で英語が得意(センター試験で200点中160点以上)の方なら、もう少し早く到達できますけど、社会人になってサボってしまった人なら、余裕をもったほうが良いでしょう

 

TOEIC600点が取れればTOEIC730点は簡単

さて、社会人でTOEIC600点をとれれば、次に目指すのはBランクのTOEIC730点です

 

しかしTOEIC600点までとれれば、730点はもうすぐです

 

引き続き、TOEIC用の模試を繰り返すだけで、730点はとれますので、一度解き終わった模試を繰り返し解き直しましょう

 

【悲報】TOEIC800はコスパが悪い

TOEIC730点までは模試の繰り返しで到達できるレベルですが、TOEIC800点はかなりの勉強が必要です

 

なので、コスパだけ考えれば半年間、TOEIC模試を繰り返して730点とれればTOEICは卒業で良いと思います

 

どうしてもTOEIC800点が必要だけど、そんなに難しいの?という方にお伝えすると

 

TOEIC730点はまぐれでもとれることがありますが、TOEIC800点を超えたらほぼ確実にTOEIC800点を下回ることがなくなります

 

つまりTOEIC800点を超えるレベルなら、「TOEICレベルの英語は相当得意」のみでなく、「普通の英文はほとんど理解できる」レベルになります

 

ということは、総合的な英語力を高めていかないとTOEIC800点は難しいのです

 

【実績】TOEIC以外の勉強をしてたら、TOEIC860点を超えた

TOEIC800点を超えたい場合には、「英語力を高める勉強」にシフトしましょう

 

  1. TEDなどで、生の英語に触れる
  2. 洋画を見る
  3. TOEFL(TOEICより難しい)を勉強してみる
  4. レアジョブで英会話をしてみる
  5. 短期海外留学をしてみる

 

筆者は1〜5まですべて実践して、TOEIC755から1年間でTOEIC840点になりました

 

英語力がついた後は、ふたたびTOEIC専用の対策をしましょう

 

筆者の場合はTOEIC模試10年分を解き直した結果、半年間でTOEIC840→TOEIC890になり、TOEICのAランクになりました

 

なので戦略としては「TOEICの模試を解きまくる(730点まで)→生の英語に触れまくる(800点まで)→仕上げに模試を解き直す(860点超え)」というイメージです

 

いちばん辛いのは730点から800点を超えるまでなんですが、ここさえ乗り越えれば一気に英語力に自信がつきます

 

そしてTOEIC800点を切らなくなるので、多くの日系企業の就活や必要資格としては十分だと思います

 

【残念なお知らせ】ライバルは皆TOEIC800点をもっている

ちなみにTOEICのスコアで人生変わるかといえば、そんなことはありません

 

TOEIC800点は「必要十分条件」でして、グローバルな企業や大学だと、ほとんどの方がTOEIC800点以上のスコアをもっています

 

筆者が卒業した大学院では、5〜6割の同期がTOEIC800〜880点でしたし、就活をすればTOEIC満点の帰国子女の方もちらほら見かけます

 

英語は「できる人はできる」ので、TOEICがあるから俺はすごい!と思い込み辛いのが悲しいところです・・

 

ただしTOEIC800点のスコアがあることで、海外出張や転職で役立つことはあります

 

ですので、TOEICがあると仕事の幅が広がることは間違いありません

 

まとめ。社会人がTOEICを勉強し直すなら「模試→生の英語→模試」を繰り返そう

TOEICは800点以上をできるだけ早くとって卒業しましょう

 

TOEICの勉強だけでは、英字新聞も理系論文も読めませんし、英会話ができるようにもなりません。もちろん洋画も理解できません

 

しかし、TOEIC800点を取ることができれば、少なくとも英語の勉強の基礎はできる証明になります

 

決して簡単ではないですし、時間もかかりますが、社会人の方でTOEICが必要なら、まずは「模試」をベースにして勉強していきましょう