シンプル都心ライフ

東京都心で仕事、生活、プライベートを謳歌するノウハウを公開しています。

歯医者には半年に1回は行くべき理由【1万円の投資で100万円の損失を防ぐ】

f:id:steveperry1373:20190729233907j:image

歯医者に無頓着な人:特に歯に違和感もないけど、ここ数年間は歯医者に行けてないなあ。痛みもないし問題ないと思うけど、歯医者ってどれくらいの頻度でいくべきなんだろう?

 

タクミです。先日、2年ぶりに歯医者にいきました

 

実は3〜4年前から、歯医者は「半年に1回」程度は、なにも問題がなくてもいくほうがいいと思ってたのですが

 

2年間も間が空いてしまいました

 

しかし、今回は「2年ぶり」に歯医者にいって、「もっと早く行けば良かった」と思いました

 

とくに歯の痛みがない方でも「歯医者」は定期的に行きましょう。という記事です

 

 

 

 

 

歯医者には半年に1回は行くべき理由【1万円の投資で100万円の損失を防ぐ】

歯は「悪化する」と「金がかかる」

歯は「悪化」するとお金がかかります

 

8割の方が「歯周病」になるわけですから、「歯医者」に行かないのは「無謀」です

 

どんなに綺麗に歯を磨いたと思っても「100%」綺麗にすることはできないですからね

 

そして「歯」や「歯茎」は「時間がたつとお金がかかる」のがネックです

 

歯医者は「定期的」に通って、メンテナンス費はケチらないようにしましょう

 

「歯への投資」は将来の損失を防ぐ

歯を大事にしないと、結果的に「損失」が大きくなります

 

私の周りには「独身でそこそこ高給、都心暮らしで30代前半で1000万円以上の貯金」なんて人がちらほらいます

 

しかし、中には歯を大切にしないことで、「100万円以上の大金」を払っている人がいます

 

 

せっかくお金を貯めたとしても「歯の治療」で「100万円」以上も使ってしまうのは非常にもったいないですよね

 

歯医者は「1回5000円以下」の場合がほとんどです

 

それでいて、歯のメンテナンスをすることができます

 

  • 歯垢、歯石の除去
  • フッ素入り歯磨きによるクリーニング
  • 歯周病の調査
  • 虫歯の調査、治療
  • 歯の磨き方

 

歯医者は予約も面倒ですし、強い歯の痛みがない場合には「歯医者に行かない」人が多いでしょう

 

しかし、自分の力だけで歯のメンテナンスをするのは難しいです

 

半年に1回は「歯医者」に行ってメンテナンスをしてもらいましょう

 

 

 

【悲報】歯医者に2年間も通わなかった理由

さて、こんな記事を書いて「歯医者に行こう」と勧めていますが、私は「2年間」歯医者に行きませんでした

 

それは、2年前に通っていた歯医者が「ハズレ」でして、「説明もなしに1本7.5万円のセラミックをすることを勧めてきた」ので、

 

「歯医者に行くことに対する不信感」が強くなったからです

 

しかし、実際には「歯科医」によって、実は「診断内容」は異なります

 

今回、私が訪問した「歯医者」では非常に丁寧に歯の検査、治療をしてくれる人でした

 

「歯医者が嫌い」「歯医者で嫌な思いをした」なら、クチコミで評価の高い歯医者を予約してもらいましょう

 

私も、もっと早く他の歯医者を探せばよかったと反省しています

 

歯医者に行けなくても「口内環境」を悪化させない方法

実は二年前に歯医者に行った際に「初期の虫歯」が残っている状態でした

 

しかし「セラミック」では高額な治療になるので、2年間放置していたことになります

 

それでも、先週歯医者に行った際には「初期の軽度な虫歯がある」というレベルでした

 

歯医者に行けない人でも、虫歯を悪化させない方法としては、以下がオススメです

 

  • ドルツのジェットウォッシャーを使う
  • 糸ようじを週に数回使う
  • ランチ後に職場で歯を磨く
  • ビオフェルミンSを舐める
  • 重曹でうがいをする

 

どれも口内環境が悪化するのを防いでくれるので、できることから試してみましょう

 

まとめ。歯医者は定期的に行こう。1万円の投資で将来の100万円の損失を防げる

特に激務の方に多いのですが、「歯のメンテナンス」を怠ったことで、歯の治療に時間とお金がかかる場合が多々あります

 

せっかくストイックに仕事に取り組んだとしても、歯医者に行く時間がなく放置すると、将来、歯を治療するときに「100万円」以上のお金がかかるかもしれません

 

歯医者1回あたり「5000円以下」で治療できます

 

複数回行ったとしても、初期の虫歯程度であれば数万円の治療費で済むかもしれません

 

忙しくなると、どうしても歯医者に行くのが億劫になります

 

しかし、将来の損失を防ぐために、定期的に歯医者に行くようにしましょう