シンプル都心ライフ

東京都心で仕事、生活、プライベートを謳歌するノウハウを公開しています。

ホワイト企業で転職の必要がなくても「転職サイト」に登録すべき5の理由

f:id:steveperry1373:20190916115641j:image

ホワイト企業で働く人:自分が働いている企業は経営が安定しているし、福利厚生も整っている。待遇もそこそこだし残業も死ぬほどじゃない。特段、今の職場に不満はないんだけど、このままでいいのか不安。

 

タクミです。ブラック企業から転職の話は多いですが、ホワイト企業でもこんな悩みを抱える人は多いです

 

なんだか贅沢な悩みですよね。。しかし私の周りでは「なんであんないい企業に勤めているのに転職するの?という人、ちらほらいます

 

本ブログでは、世間的にホワイト企業といわれる企業に勤めているのに、入社数年後に転職した人の話を書いています

 

www.takumoney.com

 

www.takumoney.com

 

理由は明確です

 

それは「隣の芝は青いから」です

 

そして「どんな職場でも飽きる」からです

 

今回はホワイト企業に務める人こそ「転職サイト」に登録すべきという理由についてまとめました

 

なお、私が現在登録しているサイトは以下の通りです

 

これらは全て「無料で登録」ができるサービスに絞っています

 

  • リクナビ
  • マイナビ
  • ビズリーチ
  • AMBI
  • ミイダス
  • Doda

 

ということで、ホワイト企業で転職の必要がなくても「転職サイト」に登録すべき5の理由をまとめてみました

 

今回、ご紹介する転職サイト「完全無料」のものだけです。転職を検討するレベルでお金を払うのはコスパが悪いですからね

 

 

 

ホワイト企業で転職の必要がなくても「転職サイト」に登録すべき5の理由

転職サイトに登録する理由1:自分の市場価値を知れる

転職サイトに登録すると、自分の転職市場価値を知ることができます

 

有名なのが「ミイダス」という転職サイトです

 

www.takumoney.com

 

「ミイダス」は「完全無料」ながら、自分の職種、経歴、スキル、会社規模などを入力するたびに「自身の転職先の年収」が査定されるおもしろいサービスです

 

ホワイト企業で務めると、「自分がどのくらいの市場価値があるのか」わかりにくいですよね

 

どんなホワイト企業に勤めても、若手のうちは「下っ端」なので

 

雑用など嫌な仕事を押し付けられることもあるのに

 

年功序列のため年収は低いのです

 

そんな時に、自分の市場価値を測ることができれば、モチベーションを高めることができます

 

「ミイダス」なら完全無料「あなたの年収診断」ができますので、お時間のある休みの日にやってみてください

 

逆にいえば「自分の価値が診断される」ので年収査定が低かったらテンションが下がるデメリットもあります。怖いもの試しの気分でトライしてくださいね

 

「ミイダス」で「適正年収」や「職業適性」を無料診断してみるならこちら!

>>>ミイダス

転職サイトに登録する理由2:スカウト・ヘッドハンティングで自信がつく

ホワイト企業というのは「楽な職場」という印象があるかもしれません

 

しかし実際には「ホワイト企業ならではのストレス」もあります

 

まず「職場の人が優秀」な場合が多いので

 

仕事で自分の能力との差を感じると、非常にストレスが溜まります

 

  • 難関資格にサクッと受かる
  • 文章作成能力・理解力が高い
  • 事務処理能力が高い
  • コミュニケーション能力が高い
  • 家族も子供も世間より早く安定させる

 

結論:仕事ができる

 

逆に言えば、ホワイト企業では常に優秀でない

 

圧倒的に劣等感を感じます

 

そんな優秀な人に囲まれすぎて疲れてしまった人こそ「転職サイト」に登録してみましょう

 

なぜなら「転職サイト」に登録すると

 

あなたに向けて「スカウト・プレミアムオファー・ヘッドハンティング」があるからです

 

ただ、現実をいえば「9割はベンチャー企業」で待遇も変わらないことがあるので、あまり期待はしないのがベストです

 

それでも「自分にもスカウトがきた」という事実は

 

「自分のスキルを欲しがっている企業・需要がある企業はたくさんある」と知る機械になります

 

これは優秀な環境で疲弊した若手社員にとって、とても自信になるのですね

 

「ビズリーチ」「AMBI」無料登録すると「スカウト・プレミアムオファー・ヘッドハンティング」がたくさんきますよ

 

私は「プレミアムスカウト」某外資系コンサル(M)から連絡がきたとき、なんとも言えない「自分が求められている!」という高揚感を味わいました。その次に「適性テストを受けてください」で撃沈しました

 

www.takumoney.com

 

転職サイトに登録する理由3:自分のスキルを欲しがる企業・そうでない企業が明確になる 

転職サイトに登録すべき理由は

 

「自分のスキルを欲しがる企業もあれば、全く必要とされない企業もある」ことを知れることにあります

 

特に20代で年収500万円以上を稼いでいる方

 

「自分はどんな企業からも引っ張りだこ」と思いたいでしょう

 

  • 国立大学(東大・京大・旧帝国大学など)もしくは都内有名私立大学(早稲田大学・慶應大学など)出身
  • 年齢は20代半ば〜後半
  • ファーストキャリアが日経225、上場企業、外資系

 

これだけのハイスキルを持っているのですから

 

「自分はどんな大手企業でもいけるはず」と自信満々の人もいるでしょう

 

しかし現実は残酷です

 

なぜなら「ファーストキャリアの業種を変更するのは難しい」からです

 

私の例でいればファーストキャリアはIT系です

 

この場合、「AMBI」などのハイキャリア向け転職サイト

 

「書類通過可能性大」と評価された業種は以下の通りです

 

  • 同種のIT企業
  • 同種の外資系IT企業
  • 異業種のリサーチ・シンクタンク
  • 異業種の外資系・日経コンサル

 

つまり「学歴」「職歴」に自信があっても

 

転職では「必要とされる業種は絞られる」ということです

 

ですので、私が今の段階で

 

  • 総合商社
  • 石油・貿易
  • 投資銀行・金融
  • 広告代理店

 

このような異業種に転職できる確率は非常に低いわけです

 

私自身は「英語力」「顧客調整能力」「ITスキル・マネジメントスキル」の3本柱を強みと考えておりましたが

 

異業種転職では「法人営業力」「経営知識」「マーケティング」など

 

必要となるスキルが異なるからです

 

転職サイトに無料で登録することで

 

自分が転職できる可能性のある業界を知ることができますよ

 

グローバルで経験を積めば待遇のいい総合商社にも転職できるかと考えていましたが、、考えが甘かったです

 

 AMBIは大手企業が多数紹介されているので無料登録すべきです

www.takumoney.com

転職サイトに登録する理由4:年収を増やすために必要なスキルを知れる

ホワイト企業に務める人勤務体系は「終身雇用」が前提となっています

 

つまり「転職」なんて1度も考えずに

 

クビにならないホワイト企業にしがみつく方が「生涯賃金も上がる」ということです

 

とはいいつつ、令和の時代には

 

優秀な学生ほど「転職前提」就活をしているのが現実です

 

「生涯賃金」よりも「個人のスキルを高める」ことに集中して

 

将来的には「ヘッドハンティングによるキャリアアップ」「起業」により、さらなる高みを目指しています

 

その際に「転職サイト」無料登録することで

 

特に若手の人は「これから必要になるスキル」を先に知ることができます

 

例えば「ミイダス」では「資格の有無」によって年収が前後します

 

はっきりいってしまえば「年収をあげる」なら

 

「入社した企業で難関資格をいくつとるか」よりも

 

「給与の高い業種に新卒で内定する方法」を考えた方がコスパが良いです

 

なので「新卒でどの企業に入れるのか」が最重要になるのです

 

平均年収が600万円の企業では

 

いくら難関資格をとっても「年収1000万円」を超えるのは難しいです

 

一方、平均年収が「1000万円」を超える企業であれば

 

  • クビにならない
  • 資格が取れなくても問題ない
  • 出世できない

 

これらのリスクはありますが

 

「勤務を続けるだけで、いずれは年収1000万円を超える」わけです

 

総合商社の「Windows2000」という隠語があるように

 

定時上がりで仕事もしない窓際族で、年収2000万円という方法もあります

 

とはいえ「新卒入社した企業から、上記の業界に転職」は難しいです

 

であれば「今の業界の中で、年収があがるスキル」を身に着ける必要があります

 

その際に「ミイダス」をはじめとした「年収市場価値」を無料で算出してくれるサービスが有効になるのです

 

私は正直ベースで「資格試験の勉強」をサボっておりました。「ミイダス」でとある資格を持っている条件にしたら「査定年収が100万円」上がったので、必死に勉強しております。。

 

 

「ミイダス」で「適正年収」や「職業適性」を無料診断してみるならこちら!

>>>ミイダス

転職サイトに登録する理由5:ホワイト企業に飽きたときの刺激になる

転職サイトに登録する理由として

 

「ホワイト企業に飽きたときの刺激になる」ということです

 

2019年現在のツイッターでは

 

エリートの代名詞と言える「総合商社」の方がよく呟いています

 

就職活動をした方なら一度は羨むくらいの「待遇」「ステータス」「モテ」を併せもつ総合商社勤務の方でも

 

特に明確な理由がなく「転職」する人がいます

 

これは「ホワイト企業の働き方に飽きてしまった」ことが原因の一つでもあると思います

 

総合商社に限らず

 

インターネット上では「有名大手企業を数年で退社」した記事が話題になります

 

特に「某通信会社を退職しました」というエントリーが流行りましたよね

 

一般的に「ホワイト企業の代名詞」のような企業に勤めているのに

 

なぜ退職するかと言えば「飽きるから」です

 

  • 変わらない職場の人間関係
  • 変わらない給与体系
  • 変わらない勤務地
  • 将来予測できてしまった給与体系
  • 毎年同じことを30〜40年間繰り返すことへの絶望

 

そんなわけで、モチベーションが下がってしまった時には

 

転職サイトに登録してみましょう

 

  • 名も知らない外資系・ベンチャー企業なのに年収が1.5〜2倍
  • 聞いたことがない企業が世の中にたくさん存在する
  • 副業OKの企業がたくさんある
  • 在宅ワーク・海外勤務などの企業がたくさんある

 

決して転職する必要はないのです

 

世の中には「自分の常識とは異なる働き方をしている人がたくさんいる」ことを知れれば十分なのです

 

要は「視野を広げる」ということです

 

すると、不思議なことに「自分の企業」を客観的に分析できるようになります

 

  • 変わらない職場の人間関係→だけど人間関係は良好
  • 変わらない給与体系→だけど安定してライフプランを組める
  • 変わらない勤務地→だけど安定した将来の住む場所を決められる
  • 将来予測できてしまった給与体系→だけどよく考えれば十分もらっている
  • 毎年同じことを30〜40年間繰り返すことへの絶望→だけど終身雇用の企業は令和時代に超贅沢なこと

 

なお、某企業が「終身雇用は終わった」と公言されておりますし

 

時代の流れとして本当に30年後に終身雇用が残っている企業があるかは疑問です

 

とはいえ「某通信会社」のように

 

「ここが潰れることは想像しにくい」という企業は

 

日系企業にはたくさんあります

 

転職サイトに登録すると

 

今いる企業よりも安定した企業の方が圧倒的に少ない現実に気づけます

 

ルーティンワークが嫌、同じコミュニティが嫌というのであれば

 

令和の時代であれば、例えば「副業」で週末に好きなビジネスをすることもできるわけですしね

 

余談ですが、最近知り合いの中に「インスタグラマー」で活躍している兼業の方がいることを知りました

 

この方、「完全に定時」で仕事をしつつ「定時後はインスタグラマー」で稼いでいます

 

もはや「転職するかどうか」なんていかに小さな悩みであるか気付かされます

 

転職はあくまで「人生を考えるための一つの手段」です

 

とはいいつつ、ホワイト企業で働いていると「視野が狭くなる」のは事実です

 

ですので「転職サイト」に無料登録しつつ

 

世間ではどのような企業が存在するのか

 

そして「自分の務める企業との違いは何か」を考えてみることが大切になるのです

 

私個人の意見ですが「安定した企業」に勤めて「お金」の不安を消しつつ、副業で「自分の好きなサービス」を突き詰めるのが令和時代に最強なのかな、と思います

 

まとめ。ホワイト企業で転職の必要がなくても「転職サイト」に登録してみよう

私が転職サイトに登録しないと勿体無いと思うのは

 

「完全に無料」でサービスを利用できるからです

 

決して有料の転職支援サービスを利用しなくてOKです

 

理想を言えば「一人で情報収集して、一人で応募して、一人で面接を受ける」のがベストですけど

 

ただでさえ本業で忙しい方の時間は貴重なのですから

 

実績のある転職サイトを有効活用する方が効率的です

 

何より「本当に転職する必要はない」のが、私はいいなと思っています

 

転職を考えることは「人生を考える一つの手段」です

 

私も転職を実際にしたわけではありません

 

  • 現在勤めている企業の価値を知りたい
  • 自分の市場価値を知りたい
  • 自分の転職可能な業種を知りたい
  • これから必要になるスキルを知りたい
  • 自分の企業が恵まれているということを客観的に知りたい

 

これくらいの軽い気持ちで転職サイトに登録しています

 

ぜひ「ホワイト企業に勤めているけどこのままでいいか悩んでいる」という方は

 

休日の空き時間に転職サイトの登録をしてみるのがいいと思います

 

私は転職サイトの案件を眺めつつ「もっと市場価値を高めるために、本業で何をすべきか」わかってきた経験もあるので、視野を広げるためにも転職サイトの登録はマストです

 

「ミイダス」で「適正年収」や「職業適性」を無料診断してみるならこちら!

>>>ミイダス