シンプル都心ライフ

東京都心で仕事、生活、プライベートを謳歌するノウハウを公開しています。

海外に行くと「高級ブランド」の服が必要なくなる話

f:id:steveperry1373:20190919125741j:image

海外旅行に行く人:待ちに待った海外旅行!でも初めての国だし、日本と比較したらどの国も治安は心配。何を着ればいいかわからないなあ。高級ブランドのアイテムは持っていくと危ないかな?

 

タクミです。衣食住を大切にしたいと思っています

 

ブログでは「住環境」「食生活」の重要性を書いてきましたが

 

「ファッション」は弱めです

 

これは理由があります

 

今回は海外に行くと高級ブランドが必要なくなる話についてまとめました

 

 

 

海外に行くと「高級ブランド」の服が必要なくなる話

東南アジアは「機能性」重視

タイ、マレーシア、インドネシアなどの東南アジアは「ファッションは機能性重視」になります

 

これは東南アジアでは年中「気温が高い」ので、どんなブランドの服でも「汗だく」になってしまうからです

 

現地の方はポロシャツにチノパンなど、ラフな服装が多い印象です

 

またマレーシア、インドネシアなど「イスラム系」の国では、宗教上「ファッション」が決まっています

 

例えばインドネシアでは「お祈り」の風習があり「モスク」という場所で「正装」をまとった上で1日数回にわたりお祈りをします

 

ですので「東南アジア」に滞在すると「そもそも高級ブランドで見栄を張る必要がない」ことがわかります

 

東南アジアに旅行に行くたび、百貨店でブランド物をみると「誰が買うんだろう」と思います

 

ヨーロッパでは「スリ」に注意

ヨーロッパでは「スリ」に注意が必要です

 

ヨーロッパは東南アジアより治安がいいかと思いきや、移民を受け入れる国が多いので「スリ」がいます

 

フランスでは「ミサンガ」を売りつけてきたり、駅前では急に旅行客に話しかけてくる人がいるのです

 

つまり「高級ブランド」を身にまとっていると「標的になりやすい」んですね

 

もちろんヨーロッパ全ての国で同じではないけど

 

海外旅行では不要に「金持ち」と思われるリスクは避けたほうが良いです

 

そもそも論。誰も観光客を気にしない

そして海外旅行では「旅行客のことを誰も気に留めない」のです

 

日本で過ごしていると「99%日本人」のコミュニティで生きることになります

 

なので国民性も似たり寄ったりです

 

そこで差別化をしたいので「ブランド」を身にまとうわけです

 

しかし海外旅行では「異国」からの旅行者、滞在者がいます

 

ですので、そもそも「人種が違うので比較できない」ため、わざわざブランドを身につける必要がないのです

 

さらにいえば「誰も観光客のことを気にしない」のです

 

私たち日本人が白人の方をみても出身地がわからないように

 

白人の方からみれば、アジア人は「日本人」「中国人」「韓国人」などの区別がつきにくいです

 

それくらい周囲から気にされていません

 

ですので海外旅行ではブランド物を身につける必要がないのです

 

海外旅行でブランドを身につけたいなら「iPhone」をもつべき理由

ちなみに海外では、ファッションで差別化は難しいという話をしました

 

むしろ海外では「ファッション」よりも「iPhone」をもっているほうが差別化につながります

 

これは私の実体験ですが、オーストリアを旅行した際に「2回」10代の女性に話しかけられました

 

その理由は「iPhoneっていいなあ」でした

 

日本は「iPhone至上主義」ですので

 

海外と比較して圧倒的にiPhone保有率が高いです

 

その一方で、海外では「iPhoneは高級品」と認識されています

 

Apple社のスローガンも「iPhoneは高級なブランド価値を持ったデバイス」という位置付けです

 

ですので「iPhoneを持ちたい」という外国の人は多いのです

 

つまり「ファッション」よりも「デバイス」のブランド価値が高まっています

 

もし海外旅行で差別化を図りたいのなら

 

ファッションはファストファッションで良いので

 

iPhoneやiPad、AppleWatchを持っているほうが良いです

 

【例外】ドレスコード必須のサービスだけはファッションを気にすべし

海外ではファッションを気にする必要がないという話をしました

 

しかし例外として「ドレスコードが必要」な場所ではファッションを気にしたほうが良いです

 

  • ラグジュアリーホテル/クラブラウンジ
  • ジャズバー
  • 落ち着いたレストラン
  • コンサート/ミュージカル
  • クラブ

 

このような場所では「ドレスコード」が存在します

 

海外旅行では、普段はTシャツにデニム、スニーカーで良いですが

 

このような場所にいくなら「襟付きのシャツ」「ジャケット」「チノパン/スラックス」「革靴」が必要になります

 

私は東南アジアでは「襟付きシャツ」持っていきます

 

これはホテルのラウンジを利用するときに必要だからです

 

「服が増えてめんどう」という方は

 

シャツとチノパン、カジュアル用として使える革靴で海外旅行に行くのが、荷物が少なくおススメです

 

ちなみにどれも「ユニクロ」や「1万円以下の革靴」でOKです

 

ドレスコードは「アイテム単位」で見られるので

 

「ハイブランド」である必要はないからです

 

まとめ。海外に行くと「高級ブランド」の服が必要なくなる

海外に行くと、高級ブランドに関する考え方/価値観が変わります

 

日本にいると「そろそろいい歳だから、いいブランドの服を身につけたい」と考えますよね

 

この気持ちは大切です

 

実際に私も「ハイブランド」のアイテムは好きです

 

持っているだけで「モチベーションが高まる」からです

 

しかし海外では「高級ブランド」の服はあまり必要なくなります

 

海外にいくことで「必要ないブランド物を買う必要がない」ことに気づくことができます

 

もし「買い物がやめられない」という方がいれば、まずは海外に行ってみることをおすすめします

 

もしかしたら「高級ブランドは最低限あればいい」という価値感になるかもしれませんよ