シンプル都心ライフ

東京都心で仕事、生活、プライベートを謳歌するノウハウを公開しています。

ミシュラン「銀座 小十」は和食レストランの最高峰!職人技を堪能してみた

美味しいお店を知りたい人:東京で美味しいお店を知りたい。普通の人が行く店ではなくちょっと奮発して職人の技を堪能できるお店はないかな

 

タクミです。立花 拓巳 (@steveperry1373) | Twitter

 

今回は銀座の「小十(こじゅう)」という銀座を誇る「ミシュランの和食レストラン」を訪問したのでレビューします

 

こちらのお店は過去にミシュラン3つ星に輝いたこともある本格的な日本料理を堪能できるお店です

 

立地は「銀座」ということもあり、かつミシュランのお店ですからお値段も非常にラグジュアリーな和食レストランです

 

しかし、その分、大変刺激のある職人技の数々を堪能することができます

 

小十
〒104-0061 東京都中央区銀座5-4-8 カリオカビル4F
33,000円(平均)25,000円(ランチ平均)
r.gnavi.co.jp

 

それでは銀座小十のレビュー記事をどうぞ!

 

レストランの予約はこちらからどうぞ!

 

 

 

 

ミシュラン「銀座 小十」は和食レストランの最高峰!職人技を堪能してみた

銀座のお店は久々なので、多少緊張してました笑

 

「小十」は銀座並木通りの4Fにあります。

 

18:00。入り口には中居さんがすごいたくさん迎えてくれて、嬉しい半面、「こんなに人いるかな」と思いました笑

 

「プロフェッショナル仕事の流儀」に出演された料理人の奥田さんから名刺をもらって軽く挨拶がありました

 

カウンター席は8名が座れるキャパシティで、筆者以外は40〜50代の常連様、

 

そしてニューヨークからきたという海外の方でした

 

全員カップルなので20代の野郎2人は非常に浮きました笑

 

「銀座 小十」のコース料理を堪能してみた

日本酒を頼みつつ、1品目は前菜。トマトベースのジュレが出てきてさっぱり食せました

 

筆者はトマト苦手なのですが、さっぱりと食べられました。初めて食べる味です。

 

 

f:id:steveperry1373:20171219072444j:plain

2品目。ウニのトウモロコシ和え

 

ここから周りの方が写真を取り始めたので、筆者も店員さんの許可をもらって早速撮影。和え方が職人らしく綺麗です

 

うにも新鮮でうまいのですが、トウモロコシペーストのソースが優しい甘さ

 

ウニのうまさと絶妙に絡み、旨味が口中に広がりました。

 

 

f:id:steveperry1373:20171219072505j:plain

次はお吸い物。出汁が優しい味でほっこりしました

 

何よりお椀が綺麗で雰囲気を味わえます。ただうまいだけでなく、雰囲気もご馳走です。

 

 

f:id:steveperry1373:20171219072524j:plain

さてさてお吸い物でお腹が落ち着いたところで、お造りです

 

日本酒も2杯目の大吟醸を注文。刺身は気仙沼産のカツオとカレイです

 

カツオが信じられないくらい臭みがなく、そのまま食べても美味

 

写真左のピリ辛のタレにつけてもうまいです。カレイは塩で素材の味を楽しみます。

 

 

f:id:steveperry1373:20171219072547j:plain

お造りに続いては北海道産の蟹

 

一番新鮮な部位がゴージャスに彩られています。一口ですが、甘くて非常に美味でした。

 

f:id:steveperry1373:20171219072608j:plain

そして「小十」と言えば「あゆ」だという口コミ通り、あゆの焼き物が出てきました。奥田さんもあゆを食べながら、焼き物の説明をしてくれます。

 

こちらシンプルに焼くのですが、頭部と胸部、尻尾の3部位焼く温度を変えているそうです

 

普通に焼くと3分で仕上がるところ、50分かけて作られた渾身の作品です

 

そのため一匹を食べるだけで3通りの味が楽しめます。

 

味はカリカリしていて多少焦げの苦みがあり大人のつまみという感じ。ここにサービスの黒ビールを提供してくれます

 

「苦みに苦みを合わせると、なぜか甘く感じる」という言葉通り、こんなコンビネーションがあったのかと驚きました。

 

 

f:id:steveperry1373:20171219072629j:plain

料理も終盤。和牛となすのお造り。

 

お酒は赤ワインを追加。静岡産の和牛は、肉の風味がパッと口の中に広がります

 

ピリ辛のマスタードど優しい和風だしのコンビネーションはメインディッシュならでは。本当に美味かったです。

 

写真では肉に隠れていますが、ナスがだしに浸ってふわふわです

 

芯が全くなく、本当にナスなんだろうか、と思いました。職人の技を堪能しました。

 

f:id:steveperry1373:20171219072647j:plain

そして本当のメインディッシュは琵琶湖産のうなぎとコシヒカリのセット

 

筆者は静岡でうまいうなぎを何度か食べたことがありますが、今回のうなぎは初めて。分厚い肉厚なうなぎの香ばしい焼き加減が絶妙です。

 

店長いわく、4%しかいない天然うなぎの中で、さらに選ばれた希少なうなぎ、だそうです。先ほどの和牛のうまさが吹き飛ぶくらい感動しました。

 

これで「小十」のメインコースは終了。カウンターで会計してお店を後にしました。

 

「銀座 小十」の料金は? 

お会計は一人35000円。

メインコースが30000円に、日本酒2杯と赤ワイン

 

サービスの黒ビールと食後酒を含めてなので、想像よりも安く驚きました。とりあえず40000円を予算にしていたので価格面でも大満足です。

 

まとめ。銀座小十は日本トップレベルの職人技を堪能できてオススメ!

というわけでミシュラン2つ星点「小十」をご紹介しました。

 

店長の奥田さんは「油を一切使わない」ことを強く主張されていましたが、フルコースを堪能しても全く胃もたれなく驚きました。

 

職人技を堪能するには「小十」。おすすめです!

 

[tabelog:411585:detail]

 

レストランの予約はこちらからどうぞ!

 

ミシュラン3つ星に行ってきた記事はこちら!

www.takumoney.com

 

小十
〒104-0061 東京都中央区銀座5-4-8 カリオカビル4F
33,000円(平均)25,000円(ランチ平均)
r.gnavi.co.jp