タクログ

シンプル都心ライフ

シンプルライフに憧れるけれど、都心の生活も満喫したい。そんな欲張りな20代男のシンプル都心ライフ中心のブログです。

ミシュラン三ツ星で和食なら神楽坂の「石かわ」で決まり!日本最高峰の日本食を堪能してきた

筆者は神楽坂に一人暮らしをはじめて2年。

 

美味しい料理や料亭、カフェが多い神楽坂を最高に気に入ってます。

 

今回、神楽坂に一人暮らししたときに「必ず行く」と決めていたミシュラン3つ星の「石かわ」にいってきました。

神楽坂 石かわ

 

素材の味を生かした日本一の日本食が食べたい。キャビアやフォアグラは食べ飽きたという人にオススメです。

 

 

 

ミシュラン三ツ星で和食なら神楽坂の「石かわ」で決まり!日本最高峰の日本食を堪能してきた

神楽坂、日本食代表「石かわ」 に潜入

f:id:steveperry1373:20180225103451j:image

 

東西線神楽坂駅と飯田橋駅の間に「石かわ」はちょこんとあります。神社を曲がって「すしアカデミー」がみえたら、その向かい側です

 

今回は20:45からと、多少おそめのスタートになりました。12月に電話予約してから2ヶ月後の訪問になりました。

f:id:steveperry1373:20180225112443j:image

カウンターと個室があり、今回は個室に案内してもらいました。 ゆったりとしたペースで食べられるので最高です。

 

神楽坂「石かわ」は素材の味を生かした品揃えが豊富の料理

 

早速、日本酒をもらいます。下調べした結果、山形の「十四代」をチョイス。めちゃめちゃうまいですが、もっとおどろいたのはガラス細工のおちょこ。持ちやすくておしゃれ。「石かわ」は料理だけでなく器にもこだわります。

f:id:steveperry1373:20180225132800j:image

 

まずは前菜。山芋とふぐ、あん肝の合わせワザ。繊細で美味しいです。金粉もまぶしてあります

f:id:steveperry1373:20180225112559j:image

 

次に白子とそら豆の揚げ物。白子は臭みが全くなく、クリーム状になっていてサラサラです

f:id:steveperry1373:20180225112714j:image

 

お吸い物はたけのことハマグリ。お椀を空けるとだし汁の匂いが部屋中に広がります

f:id:steveperry1373:20180225113505j:image

 

前半のトリはお作り。北海道産のウニとヒラメの刺身。ミョウガ、わさび、ノリをつけて食べると素材の味が口の中に広がります

f:id:steveperry1373:20180225113607j:image

 

コースも中盤戦。エビと梅ご飯。エビの甘さが引き立ち、一口で完食。美味しい。

f:id:steveperry1373:20180225130855j:image

 

さらにズワイガニとジュレ。和風風味のジュレがズワイガニと混ざり合い絶妙な味わい。

f:id:steveperry1373:20180225130940j:image

 

そして今回の準MVP。鴨(かも)とネギ。そしてレンコンのあぶり。鴨も旨いですが、レンコンの香ばしさ、香りは最高水準で感動しました。

f:id:steveperry1373:20180225113727j:image

 

さてさて、後半戦になり腹が膨れてきますが、魚の甘煮。軽くふわふわなので口の中でとろけます。胃にやさしい。

f:id:steveperry1373:20180225131142j:image

 

そしてMVPがこちらの魚の雑炊。雑炊といえば醤油ベースの汁に香ばしい餅がメインですが、あえて魚でいくというおもしろい一品。

 

これは本当に美味。魚のうまみが詰まっているのか、とてつもない濃厚な風味が口に広がります。さらに焦げ目と濃いめの汁が混ざり合い、これが絶品。ぜひ一度、食べてみてください。

f:id:steveperry1373:20180225131238j:image

 

そして最後の石かわ名物「釜飯」。店主の石川さんが個室に入ってきて釜の中をみせてくれました。

 

意外でしたが石川さん「あざっす」「そっすか」と若者言葉連発でちょっと変わった人。まあ料理はおいしいので気になりません。

f:id:steveperry1373:20180225131826j:image

 

ホタテの釜飯と漬物にお吸いもの。すでにお腹いっぱいですが、最後まで堪能できました。すこし味が薄めかな、という印象です。

 

最後にきな粉ベースのあんみつと抹茶。これはすごい。和菓子はあまり食べませんが、デザートまで抜かりないレベル。大満足のシメでした。

f:id:steveperry1373:20180225132246j:image 

神楽坂の「石かわ」。気になるお会計は?

 

2人でコース料理。お酒は日本酒2合とシャンパン。合計71,500円なので1人35,000円ちょっと。料理だけですと29,000円程度、お酒が6,000円というイメージです。

 

一言言えるのは、大満足ということ。「石かわ」今まで生きてきた中で最も満足度の高いお店でした。

 

8月に行った「銀座 小十」は、これまた日本食のトップレベルで美味しいのですが、「石かわ」は平均点が高いイメージ。全品90点以上の料理が、それも品目も多いので本当に大満足でございました。

www.takumoney.com

「石かわ」の評価。もう一つなところは。

欠点をあげるならば、女将さんの料理やお酒の説明が乏しかったこと。お品書きがないので、料理の説明が欲しいのですが、淡々と料理名と産地を語るのみで、料理のどこにこだわったのか、などを聞けると良かったです。料理の中盤以降は、説明すらなくなってしまいました。いそがしかったのでしょうか

 

またお酒についても、「料理に合うお酒はありますか」とオススメを伺いましたが、「なんでもいいですよ」と流されてしまいました。「銀座小十」では料理に合わせたお酒をオススメしてくれたので、そういった面も配慮いただけると完璧だと思います

 

また、これは「石かわ」さんのせいではありませんが、「石かわ」接待で使われるお店でもあるようで、別室の客がうるさかったこと。そして、一部お客の怒鳴り声が店に響き渡り、驚いてしまったということがあります。

 

これは時間帯が悪かったので仕方ないですね。「石かわ」さんに落ち度はないですが、よくも悪くも有名店ですので、お客のレベルもまちまちであるのが欠点でしょうか。

 

まとめ神楽坂石かわは料理のみのレベルでは日本食最高級雰囲気も個室はバッチリ値段も納得いくもの女将さんが料理の知識に精通してくれると完璧そして客層が改善されれば完璧

というわけで神楽坂「石かわ」は最高級の日本食が納得の値段で堪能できる大満足のお店でした。

 

大人気のお店なので、予約してから二ヶ月は待つかと思いますが、本物の日本食を堪能したい!という人はぜひ神楽坂「石かわ」に足を運んでください。