シンプル都心ライフ

シンプルライフに憧れるけれど、都心の生活も満喫したい。そんな欲張りな20代男のシンプル都心ライフ中心のブログです。

娯楽にお金がかからない時代には「食費」「旅費」を稼ごう!健康と経験が最も大切!

f:id:steveperry1373:20180903124748j:image

アマゾンプライムは年間4000円で契約できます。アマゾンのウェブサイトから商品を注文する以外にも、アマゾンミュージック、アマゾンプライムビデオなど娯楽コンテンツが充実しています

 

タクミが本ブログでよく紹介する「ファイアTVスティック」を5000円で購入してテレビにスティックをさすだけで、「お笑い」「洋画、邦画」「ドラマ」が見放題になります

 

一人暮らしの方にも、カップルにも、また家族でも楽しめる娯楽が立ったの年間一万円以内(ファイアTVスティックは1回購入きりなので、二年目以降は年間4000円)で楽しめる時代です

 

そのほかには無線LANを契約して通信制限のない環境にもお金は必要ですが、月間6000円もあれば十分

 

とすると、現代は娯楽商品が非常に安い値段で楽しめる最高の時代ということになります

 

アマゾンプライムは必要ないという方は、ファイアTVスティックのみ購入して、YouTubeをテレビの大画面で鑑賞することもできます

 

さて、娯楽にお金を使わなくても良い時代には、一体何にお金を使うべきなのでしょうか

 

タクミは「食費」「旅行」の費用にお金を使うべきだと思います

 

 

 

娯楽にお金がかからない時代には「食費」「旅費」を稼ごう!健康と経験が最も大切!

食費にお金を使う理由は「病気」になってからより、「予防」に力を入れる方が安いから

貧乏学生で一人暮らしをしている場合には、激安の燃やしや、お腹だけ膨らむパンの耳などを主食にする人もいたかと思います

 

若いうちは食事は適当でもなんとかなります

 

しかし、20代のうちから食事に気をつけるメリットは非常に大きいです

 

まずは病気になりにくくなります

 

病気になってから手術したり、高額な薬を処方してもらわなくても、

 

毎日食べ過ぎ、飲み過ぎを控えて、健康に気を使うだけで十分に病気になりにくくなります

 

食費はケチらないようにしましょう

 

毎日ではなく週に1〜2回は健康に配慮してみる

アメリカ産の牛肉が100g150円以下で販売されていますが、国産は100g300円以上する場合があります

 

無理に散財して高級な肉を買うのではなく、いつもはアメリカ産の牛肉だけど、週に1〜2回は国産の肉を購入してみる癖をつけるのがオススメです

 

同じように、白米を主食にしているなら蕎麦を主食にしてみるのもオススメです

 

白米は炊飯器で40〜60分ほど炊くのに時間がかかります。圧力鍋を使ったとしても20分はかかります

 

一方で蕎麦であれば5分あれば茹でて食べることができます

 

ネギや鶏肉など、副菜をトッピングすることで十分に栄養に配慮した食事をすることができます

 

ソバの「ルチン」というポリフェノールを摂取することができます

 

こちらも毎日「ソバ」にするのではなく、週に1〜2回は蕎麦を食べるようにしてみることをオススメします

 

毎日、健康に気を使っていては、食べたいものを食べられずにストレスが溜まり、結果的に不健康になります

 

週に1回でもいいのです。ちょっとだけ健康に気を使うという習慣をつけることが大切です

 

国産牛肉や十割蕎麦は値段が高いですが、週に1〜2回なら無理なく続けられる気がしませんか

 

「旅行」は生涯の思い出になる!一人でも友人とでも家族とでもたくさんいくべし

食費以外にお金を使って欲しいのは「旅行」です

 

タクミは両親に感謝しているのですが、国内旅行でほとんどの都道府県を旅行する機会に恵まれました

 

両親が旅行好きだったからです

 

毎月1回は、最低でもどこかに出かけたり、夏は海、キャンプ、冬はスキーや温泉に連れて行ってもらいました

 

社会人になってから、海外旅行も含めて旅行に行くことを意識しています

 

旅行がなぜ良いかというと、「生涯の思い出」になるからです

 

子供時代に訪問した場所に、大人になってから行ってみる

 

テレビで見た海外の絶景を、ひとり旅で見に行っている

 

同じ土地で生活を続けていると、どうしても感動する経験が少なくなってきてしまいます

 

旅行はお金がかかります。しかし近場でも、有名観光スポットはあるのです

 

タクミの場合、先週は高尾山に行きました。新宿から1時間以内のアクセスのよさがありながら、絶景の景色の中でビールを飲めました

 

同じように1〜2時間かければ、箱根、熱海、牧場など、都心に住む方は旅行に行くことができます

 

もっとお金をかけられる人は新幹線を使えば京都や大阪も日帰りすることもできます

 

少し時間が取れれば飛行機で九州や沖縄、北海道も良いです。今では一万円程度の格安の航空券が販売されています

 

旅行で新しい土地に行くだけで、簡単に感動の気分を味わうことができます

 

普段は家でアマゾンプライムをみる生活も素敵です

 

しかし、月に一度、二ヶ月に一度くらいの頻度で国内、国外旅行に行く習慣をつけると、「旅行のためにお金を稼ごう」という意欲が湧いてきます

 

「食費」だけでなく「旅費」にもお金をケチらないようにしてください

 

まとめ。娯楽にお金がかからない時代には「食費」「旅費」にお金を使いましょう。

家でゴロゴロしていても、インターネットのおかげで十分に楽しむことができる時代です

 

手頃なチェーン店で、気軽に食事を済ますこともできます

 

しかし、「食費」や「旅費」はケチってはいけません

 

健康でいられるからこそ、毎日楽しく生活できるわけです

 

旅行もバーチャルな世界とリアルな世界は全く違います

 

GoogleMapやYouTube、インターネット検索で「世界 絶景」と検索すれば、簡単に画像や動画を見ることができます

 

しかし、実際に旅行してみると、インターネットから得られた情報とは全く違う環境に感動すること間違いなしです

 

パリに行ったことがあれば、パリの自由さを知っています

 

奥多摩に行ったことがあれば、東京都内でも大自然があることを知っています

 

せっかくインターネットの発達で娯楽にお金がかからない時代です

 

服もファストファッションで十分おしゃれができますし、わざわざ音楽のためにCDを購入する必要もありません。映画のDVDがなくてもアマゾンプライムで十分に楽しめます

 

浮いたお金は、「食費」「旅費」に使いましょう

 

生活の満足度が一気に上がりますよ

 

www.takumoney.com