シンプル都心ライフ

シンプルライフに憧れるけれど、都心の生活も満喫したい。そんな欲張りな20代男のシンプル都心ライフ中心のブログです。

コンビニや外食も使ってタンパク質を摂ってアンチエイジングする方法を考えてみた

f:id:steveperry1373:20180912222610j:plain

タンパク質はもっとも重要な栄養素です

 

臓器の修復から、あらゆる細胞を健康にするためにもっとも大切です

 

それなのに、どうもタンパク質は軽視されがちです

 

野菜をとったりフルーツ採ってるから大丈夫というわけではないのです

 

しかし、仕事がいそがしくてまともな食事の時間がない人はどうやってタンパク質を摂取したらよいでしょうか。

 

今回は、1日のタンパク質の摂取目標を、体重の1.5倍〜2倍として考えてみました

 

タクミは61〜3kgなのですが、計算しやすくするため65kgの2倍として130gを目安に考えてみます

 

 

 

 

 

コンビニや外食でタンパク質を摂ってアンチエイジングする方法を考えてみた

1日のタンパク質摂取を守るには、「朝食」は重要

朝食は重要です

 

1食分泣いてしまうと、2食で75gものタンパク質を摂る必要があります

 

3食なら45g程度を目標にすれば大丈夫です

 

とはいえ、タクミは朝食はプロテイン飲みです

 

朝は時間がないので、頑張って朝食を作ることができないためです

 

もし、時間があるなら以下の朝食がおススメです

 

・ゆで卵 7g/個

・そば(蕎麦粉100%) 10g

・豆腐 5g

・ヨーグルト4g

 

もし朝食が難しいなら、プロテインやサプリメントがおススメです

 

・プロテイン 15g

・きな粉 10g

・ココアパウダー 5g

・スピルリナ(藻) 5g

 

タクミはこちらを毎朝のんでいるので、合計35gです

 

ちょっと意識しても、1食45gは到底およばないですよね

 

1日体重の2倍のタンパク質を摂るのは、なかなか難しいのです

 

昼はサブウェイのチキン系がおススメ。コンビニならサラダチキンとミルクプロテイン

 

昼食はサブウェイがあればチキン系がおススメ

 

タクミは「チリチキン」「ローストチキン」「照り焼きチキン」をよく食べます

 

卵をトッピングしても500円前後です

 

これでタンパク質を20g採れます

 

サブウェイの場合はタンパク質と野菜のビタミンを摂取できるのでおススメ

 

パンは普通に食べてます

 

どうしても炭水化物を避けたい人は、300円追加してサラダにする手もありです

 

コンビニで昼食を買うなら「サラダチキン」「ミルクプロテイン」はマストです

 

合計400円程度で、タンパク質を35g摂取できます

 

ただ、ビタミン系も考えるなら「ひじき豆腐」や「筑前煮」も買います

 

タンパク質はそれぞれ10g程度で合計20gとなります

 

サブウェイだけで済ませるよりは、コンビニをうまく使うと、昼に35g程度のタンパク質を摂取できます

 

朝食と合わせて70gになりました

 

 

 

じつは間食がキモ?チョコレートやナッツはタンパク質摂取におススメ

朝昼と、意識していても70gしかタンパク質を摂取できていません

 

そこで「間食」をうまく使いましょう

 

たとえば、タクミが大好きな明治のザ・チョコレートは、たったの50gの分量ですが、タンパク質は5.7g入ってます

 

ナッツ系であれば、ミックスナッツは10g以上、タンパク質が入ってます

 

これらの間食を合わせると、一日10gはタンパク質を摂取できます

 

これで合計80gです

 

夕食はコンビニならミルクプロテインとサラダ系チキン、寝る前にプロテイン

 

さて、夜遅くまで仕事がある日は、残念ながら夜もコンビニが多いです

 

昼と同じようにミルクプロテインを飲みつつ、チキンや豚がセットになったサラダを食べると、タンパク質を30g採れます

 

これで合計110gです

 

夜、家に帰って寝る前にプロテインを飲むと30gです

 

これでようやく140gとなり、1日130gのタンパク質を摂取できることになります

 

夕食で家に帰れるばあいは、肉と蕎麦を使った「肉そば」を食べます

 

蕎麦はタンパク質が10g、肉は20gなので合計30gです

 

こちらも寝る前のプロテインと合わせると140gのタンパク質を摂取できます

 

このように、1日に体重の2倍のタンパク質を摂取するのは、コンビニ食や間食をうまく使うことがコツです

 

まとめ。まずは1日体重分のタンパク質を目指してみましょう。コンビニも間食もうまく使いましょう

現代はファストフードが流行っています

 

安くてお腹が満たされる食事も簡単にできます

 

しかし栄養素をみてみると、実はタンパク質がまったく摂取できていなかったりします

 

外食やコンビニを毛嫌いする方も多いと思いますが、使いようによっては便利なものです

 

添加物はどうしても摂取してしまいますが、忙しいサラリーマンの方やOLの方は、食が細くなる傾向にあります

 

ぜひ、外食やコンビニも上手につかって、タンパク質を十分に摂取できるようにしてみてくださいね