シンプル都心ライフ

シンプルライフに憧れるけれど、都心の生活も満喫したい。そんな欲張りな20代男のシンプル都心ライフ中心のブログです。

カラオケが上手い人は生まれつき?カラオケにハマった理由をまじめに考えてみた

f:id:steveperry1373:20181121122234j:plain

カラオケ楽しんでますか?

 

最近、カラオケ熱がブログ熱に変わってしまったタクミです

 

しかし大学生のころは週に6日、ほぼ毎日かかさずにカラオケに行くほど、カラオケが大好きでした

 

さて、カラオケは歌が上手く歌えたほうが楽しめますよね

 

しかし、歌の上手い人は、生まれつき上手い人も多いのではと思うかもしれません

 

今回は、カラオケに行くとどんな人からも「いままで出会った人の中で一番うまい」と言われる程度の「ちょいうま」レベルの筆者が、どんなきっかけでカラオケにハマったのかをまとめてみました

 

 

 

 

カラオケが上手い人は生まれつき?カラオケにハマった理由をまじめに考えてみた

中学生のころからカラオケにハマる!きっかけは「友人よりも上手いと思ったから」

筆者がカラオケにハマったのは中学生の15歳の頃でした

 

実は歌自体に興味が湧いたのも中学2年生の14歳の頃です

 

それまでは「ミスチル」「バンプオブチキン」がなにかの暗号だろうというくらい、まったく歌を知りませんでした

 

唯一「ポルノグラフィティ」は知っていたので、カラオケで「アゲハチョウ」を歌ってみたんです

 

当時、一緒にカラオケにいく友人は、ケツメイシやKREVAなどのラップ調の低音曲が多めでした

 

それで、カラオケの採点モードをやったりしたところ、友人よりもはるかに点数が高かったのです

 

たしか、友人は毎回60〜70点程度。筆者は大抵80点以上でした

 

「あれっ俺歌がうまいんじゃね?」と気づいてから、どんどんカラオケの魅力に引き込まれていきました

 

「歌がうまいかも」という思い込みは、歌の上達に非常に重要です

 

カラオケが上手い人は「耳がいい」

カラオケが生まれながらに上手い人はいるかどうかといえば、確実にいます

 

ほぼ確実に当てはまるのは「耳がいい」ということです

 

自分が歌っている声を聞いて、音程が合っているかどうかわかる耳がないと、ただしい音程かどうかわかりません

 

たくさんの歌を聴くことで、本当に感動する歌の特徴を聞き分けられる耳の良さは、歌が上手くなるために必要です

 

 

音程がどうしても「ズレる」人は、相当のトレーニングが必要

採点モードで、ほとんどの音程がずれてしまう人は、音程を治すために相当の努力が必要です

 

まずは、ただしい音程と、自分の音程がどれだけズレているのか聞き分ける必要があります

 

いちばんてっとり早いのは、スマホで自分の歌声を保存することです

 

ちなみに、筆者はカラオケで歌っているときは「めちゃめちゃうまいなオレ」というふうに感じています

 

しかしスマホで自分の歌を録画して再生すると、細かな部分で音程が外れていたり、どうもプロと比較して「ものたりない」と感じることが多いのです

 

カラオケでは「エコー」などの効果で、多少音程がズレていてもうまく聴こえます

 

しかしスマホで録画すると、かなり自分の音程がズレていることに気がつくでしょう

 

これは非常につらいことですが、音痴でないと思っている人でも、実際には細かな音程のズレはたくさんあるものです

 

まずは自分の歌を録音してみる。そして何度も再生してみる

 

すると何がプロと違うのか、少しずつわかるようになってきます

 

地味な努力の繰り返しになりますが、歌を上手くなるためには、耳に自信がない人は、録画して自分の歌声と向き合いましょう

 

まとめ。カラオケが上手い人は生まれつき耳がいい。けど努力次第でカラオケは上手くなる

カラオケの目的がストレス発散なら、好きなように大声で歌えばいいんです

 

しかし、「もっと上手くなりたい」と思ったら、それこそ数年単位で努力が必要です

 

  • 音程が合うように修正する
  • 高音域、低音域の声がでるようにトレーニングする
  • ビブラートを自由にかけられるようにする
  • 抑揚を身につける
  • リズムを細かく正確に刻めるようにトレーニングする
  • 声量をつける
  • 声色を変える

 

歌がうまくなるためには、実にたくさんの要素があります

 

元々声が高い人や、耳がよく音程が取れる人は一定数いますが、そうでなくとも練習することで歌は少しずつ上達します

 

歌の素晴らしいところは、何年練習量によって上達していくことです

 

スポーツだと、30代を過ぎると一気にパフォーマンスが落ちたりしますが、

 

歌の場合は高音域がでないことはあっても、練習量によって着実に上達していきます

 

高齢になってもカラオケは上達しますし楽しいので、ぜひ若いうちから趣味のひとつとしてとりいれてみましょう!