タクログ

シンプル都心ライフ

シンプルライフに憧れるけれど、都心の生活も満喫したい。そんな欲張りな20代男のシンプル都心ライフ中心のブログです。

一日10000字の文章を書き続けるのは難しくても、一日1000字は書けるようになるコツ

f:id:steveperry1373:20180729220601j:image

ブログを書いている人は、ブログの記事数を気にした人も多いと思います

 

タクミは、本ブログの平均的な文字数を過去に何度かまとめてきました

 

www.takumoney.com

 

www.takumoney.com

 

ただ、ブログ記事の文字数を気にしているうちは、まだブログを書くことに熱中できていないような気がします

 

ブログで記事を書くことにはまって入れば、文字数に関係なく何文字でも文章を書けると思うからです

 

日本でも有名なブロガーの方は、一日に10000文字の文章を書いているそうです。とはいえ、サラリーマンやOLなど、本業が別にある人は、少し実現するのが難しい目標です

 

もし、ブログの文字数を気にするなら、一日1000文字は書けるようにしてみるのはいかがでしょうか

 

今回は、400記事以上を更新してきたタクミが、1記事で1000文字以上を書くコツをご紹介します

 

 

 

一日10000字の文章を書き続けるのは難しくても、一日1000字は書けるようになるコツ

ブログを書くのも、質よりも量

ブログの記事を書くコツと言いつつ、結局、ブログも量をこなすことが必要になってきます

 

なぜなら、ブログの場合はパソコンで文章を書く人がほとんどだと思いますが、タイピングに慣れている人とそうでない人では、1000文字の記事を書く時間が全く異なります

 

もともとタイピングに自信のない人は、文章を書くことにも苦労するはずです

 

しかし、タイピングが上達するコツは、書籍などで勉強するよりも、実際に文章をガンガン書いて行く方が圧倒的に効率が良いです

 

なので、初めのうちは、ブログを書くときは、時間をできるだけ使ってでも、1000文字くらいのボリュームになるように書く練習をすると良いと思います

 

もちろん初心者であれば、同じ表現の繰り返しでもいいですし、ブログのタイトルとは別のことを書いてしまったりすることもあると思います

 

それでも、とにかく1記事で1000文字は書けるようになるまで、じっくりと時間を使った方が良いと思います

 

サラリーマンであれば、土日休みのどちらか2時間を使えば、何とか1000文字くらいのボリュームの文章は書けると思います

 

だんだんと、ブログを書くのに慣れていけば、ブログを書くスピードもタイピングもどんどん速くなりますので、心配いりません

 

一日1000文字を書くと、一ヶ月30000文字。原稿用紙75枚分

学生時代に、読書感想文などで、原稿用紙に文章を書いた人も多いと思います

 

当時を思い出してください。たった1枚400文字の原稿用紙ですが、なかなか1枚を書ききるのに一苦労したはずです

 

タクミは、文章を書くのが苦手だったので、小学生の6年間は全く同じ本に対して、同じような内容の読書感想文を書いていました笑

 

それでも、原稿用紙1〜2枚が限界でした。文字数で言えば400文字〜800文字

 

そう考えて行くと、一日1000文字もなかなか大変です。ただ、読書感想文とは違い、ブログでは自分の好きなことに関して文章を書くことができます

 

  • ゲーム
  • 漫画
  • 映画
  • お金
  • 恋愛
  • 仕事

 

自分の好きなことであれば、どんどん文章が書けるという人も多いと思います

 

とにかくブログを始めたばかりであれば、あなたの好きなジャンルに絞って、とにかく文章を書き始めてみることをオススメします

 

ブログで収益を得るのは、数年単位を考えておくとモチベーションが長続きする

 

ブログは長期戦です。三ヶ月〜半年で月収10万円という数値は、偏差値40から三ヶ月〜半年で早稲田、慶應などの難関大学を独学で受験するのと同じです

 

ブログを書かれるほとんどの方は、独学で少しずつ学びながら文章を書いていきます。なので、安定した収益を得るまでは、数年単位でブログの成長をしっかりと見た方が、結果的に成功しやすくなるのではと思います

 

インターネットを検索すれば、月に5万円〜10万円の副業での収入は、非常に簡単のように感じますが、年間60〜120万円の年収増加ができるサラリーマンの方は、ほとんどいないと思います

 

それくらい、ブログで稼ぐのはなかなか難しいこと

 

せどりなど、古本などを物販する方が、即金性も高いです。実際にタクミも大学院生の時に月に10万円の月収を稼いでいました

 

せどりは、ノウハウもツールも単純ですので、せどりを始めて二ヶ月目には月収6万円くらいは稼げるようになりました

 

ただし物販とブログでは、お金の稼ぎ方の労力の使い方がおおきく違います

 

物販ですと、仕入れを外注しないかぎり、時間と体力を消耗しますし、本などの利幅の狭い商品であれば、頑張って月に300冊を販売したところで12万円程度の収入にしかなりません

※これは実体験です

 

また、学生ならまだしも、せどりの仕入れはなかなか世間体がよくありません社会人として正社員で本業もありながら、週末にセコセコと古本屋で怪しげに調査している人を見たら怖いですよね笑

 

ブログであれば、本業の隙間時間にも記事を更新できます

 

さらに文章を書くスキルは、年齢に関係なくお金を稼ぐためには大変重要です

 

ブログで収益を得るには、数年単位の長期スパンで見て、毎日1000文字くらいのボリュームの記事を書けるようにしましょう

 

最初の半年間くらいは、PVやら収益は気にしなくて大丈夫です

※死ぬほど気になりますが、運が良くないといきなり月間10万PVなどは不可能に近いです

 

まとめ。ブログで一日10000文字は難しくても、一日1000文字くらいは書ける基礎体力をつけましょう

ブログを書くコツは、

 

  • 自分の好きなジャンルを
  • 時間をかけて
  • 一日1000文字書く

 

ことです

 

初心者で、毎日2〜3記事やら、一日10000文字を書くなんて、本業をしていては現実的ではありません

 

そもそもサラリーマンやOLの方であれば、本業だけでもなかなか体力を使うもの

 

なので、仕事のストレスを発散できるくらい好きなジャンンルの記事を、好きなだけ時間をかけて、一日1000文字くらいのボリュームで書いてみましょう

 

好きなジャンルの記事であれば、1000文字では全く足りないかもしれません

 

その場合には、1記事1000文字くらいの記事を、一日1〜2記事書いて見てもいいかもしれません

 

ブログの記事は、記事数が増えれば増えるほど、どんどん書くスピードが速くなってきます

 

また、ブログは記事数が増えるに従って、どんどんアクセス数が増えていきますので、もっとブログを書きたいという気持ちになれば、もう成功です

 

せっかくインターネットを一般個人が自由に使えて、自分の好きなことを自由に表現できる時代です

 

ブログで収益も大切ですが、何より自分の好きなことを毎日文章に書けることを楽しみましょう

 

また、ブログを数記事更新して見て、どうしてもブログがかけないという人は、Youtubeに動画を投稿するでも良いです。Twitterに140文字程度の短文を更新するだけでもいいでしょう

 

ブログのみにこだわらなくでも、自己表現が簡単にできる時代です

 

もし、ブログの記事を書くことが苦ではないなら、一日1000文字を目標にどんどん記事を更新していきましょう

 

次第に、2時間かけて1000文字書いていたものが、1時間になり、30分になりと、どんどん時間が短縮されるはずです

 

ぜひ、ブログを書き始めた初心者の方は、まずは好きなことを1000文字書けるようにして見てくださいね!

 

ちなみに、こちらの記事は30分で3000文字でした

 

ブログを書くスピードはどんどん早くなりますので、楽しみながら時間をかけてブログを成長させていきましょう

 

www.takumoney.com