シンプル都心ライフ

シンプルライフに憧れるけれど、都心の生活も満喫したい。そんな欲張りな20代男のシンプル都心ライフ中心のブログです。

MacBook Airの修理は、子供を育てるのと同じだと思った話

f:id:steveperry1373:20180808122922j:plain

液晶画面が壊れてしまったMacBook Air。なんとか外部モニターに出力しようと試み、Apple様にも問い合わせましたが、けっきょく断念しました

 

こちらにも、まとめてみました

www.takumoney.com

 

パソコンの画面が正常に見えるというのが、本当にすごいことだと、つくづく感じました

 

さて、MacBookAirを捨てて、新しいPCに乗り換えようとも考えましたが、やはり、液晶画面を修理することにしました

 

ちなみに今回、修理を依頼したお店は渋谷のこちらのお店です。税込で46800円で修理いただける見積もりをしてもらいました

Mac修理専門店 愛Mac

 

なんだか、MacBookAirが、自分の子供のように思えてきて、大切に使いたいなあと思ったからです

 

 

 

 

MacBook Airは子供を育てるのと同じだと思った話

子育ては、MacBookAirの修理よりも、数倍大変

 

MacBookAirは、お金を払って専門家に修理してもらえば、たいていの場合元どおりになります

 

もちろん、バッテリーなどの寿命もありますけど、せめて4〜5年は使ってあげたいなと思っているんです

 

これって、子育てに似ていますよね

 

子育てって、慣れた人でないかぎり、手探り状態で子供を育てると思うんです

 

将来、子供を有名大学に進学させたかったら、ちいさいときから、勉強をおしえたり、塾に通わせないといけません

 

子供が道を外れそうになったら、必死に元の場所に戻さないといけません

 

自分の教育方針があっているかなんて、子供が成人してもなかなかわかりません

 

そんな中で、子育てをしていけば、必ず子供は失敗します

 

そして、親が子供の尻拭いをしないといけないんですね。それは金銭的であったり、さまざまです

 

MacBookAirも同じです

 

もう少し頑丈な作りかなと勘違いしていたら、ちょっとした衝撃でケガをしてしまいました

 

親ながら、「たいしたことないだろう」と半年以上、MacBookAirの擦り傷を放置していたら、重症になり、まったく使い物にならなくなりました

 

MacBookAirは消耗品、すぐに取り替えが効くものと、勘違いしていたんですね

 

しかし、いざ修理代金が5万円と提示され(これでも最安値)一週間ほど、子供の手術代をだすかどうか、迷ってしまいました

 

これが、本物の子供だったら、重症が悪化していたかもしれません

 

とにかく、初期の故障があった時点で、すぐに修理に出すべきだったと反省しました

 

www.takumoney.com

 

どんなにMacBookAirの修理代金が高くても、それは「MacBookがそれだけ価値がある」ことの証明だからです

 

もっと早く、MacBookAirの価値に気がついていればと思いました

 

そして、将来子供が生まれたら、まさか子供が病気をしたのに「ほっとけばなんとかなる」と、放置したり、お金をケチったりするのは辞めようとおもいました

 

ちょっとした虫歯や風邪。ほっておいて治るものもあれば、とりかえしのつかないほど悪化する可能性もあります

 

食事にしても、無理に健康的な食生活を子供に押し付ける必要はありません

 

むしろ、親から強制されて偏った食生活をしている子は、なんだか虚弱なイメージがあります

 

まとめ。MacBookAirがこわれたかな?と思ったら高くてもすぐに修理にだしましょう

MacBookAirの画面の一部が見えないくらいなら、外部モニター出力などでなんとか使い続けることもできます

 

しかし、せっかくテンションをあげるために買ったMacBook Airが自宅でしか使えないのでは意味がないですよね

 

そして、MacBookAirは、かわいい自分の子供のようなものです

 

大切な子供に、「手術のお金が高いから、ほっておく」なんて、しないですよね

 

借金してまで、MacBookAirの修理をする必要はありませんが、5万円程度の修理で直るのなら、はやく治してしまったほうがよいと思います

 

そして、MacBookAirは、とてもひ弱な精密機器です

 

使う場面にもしっかりと気を遣って、大切に使うようにしてくださいね

 

 

 

www.takumoney.com