お掃除「irobot(アイロボット)」「ブラーバ380j」を購入したレビュー!値段や評価は?【働く一人暮らしの人なら100%購入すべし】

f:id:steveperry1373:20190316090756j:image

「お掃除ロボットってルンバが有名だけど、今やたくさんの種類が家電量販店で売られているから、何を買ったら良いかわからない。それに値段も5〜10万円くらいするから財布のヒモがなかなか緩まらないなぁ・・ちゃんと掃除してくれるか信用できないし」

 

結論からいえば、一人暮らしで平日は残業も多めで、土日になっても掃除が面倒な人は、100%アイロボットを購入した方がいいです

 

ちなみに「ルンバ」ではなく「ブラーバ」を購入しましょう

 

 

 

お掃除「irobot(アイロボット)」「ブラーバ380j」を購入したレビュー!値段や評価は?【働く一人暮らしの人なら100%購入すべし】

そもそもブラーバとルンバの違いとは?

  • ルンバ:掃除機ロボット
  • ブラーバ:床拭きロボット

 

学校でいえば、ホウキでゴミをとりのぞいたあとに、雑巾で床拭きしましたよね

 

ホウキがルンバで、雑巾がブラーバというイメージでよいです

 

とはいえ、ブラーバは「床拭き」以外にも、「カラぶき」機能も付いてます

 

ですので、床が「フローリング」であるなら、「ブラーバ」一択です

 

ブラーバはどんな種類があって、オススメのものはなに?

ブラーバは「2種類」販売されています

 

まず値段が違いますね

  • ブラーバ380j:36000円
  • ブラーバ371j:27500円

 

「えっ1万円も違うのはなんで?安いブラーバ371jでは効果ないの?」

 

実はブラーバ380jもブラーバ371jも、本体は「同じ」です

 

なので「値段が安い方が失敗を減らしたい!」という方は、ブラーバ371jをオススメします

 

しかし筆者はブラーバ380jを購入しました

 

ブラーバ380jと371jの違いは、「充電スタンド」があるかないか、「充電時間」が異なります

  • ブラーバ380j:充電スタンドあり(2時間)
  • ブラーバ371j:充電スタンドなし。アダプタ充電(4時間)

f:id:steveperry1373:20190316090747j:image

充電スタンドとは、写真のようにブラーバ380jを立てかけるだけで充電できるものです

 

371jの場合は、充電の際に「毎回アダプタを本体に接続する」手間がかかります

 

そして、充電時間が「2倍」も「ブラーバ380jの充電スタンド」の方が早いです

 

夜、寝る前にこまめに充電アダプタを接続できる人は、371jでも全く問題ないのですが

 

筆者のように「そもそもマメじゃない性格で、掃除が苦手」な人は、ラクにスタンドで充電できる2時間で充電できるブラーバ380jを圧倒的にオススメします

 

ちなみにブラーバ380jは値段が高い!と思う方、多いと思いますけど、36000円で1年間利用するなら、「1ヶ月3000円」です

 

2年間なら1ヶ月「1800円」。三年なら「1ヶ月1200円」と、利用年数が増えればどんどん安くなっていきます

 

掃除の家事代行なら、1回で5000円〜1万円かかりますから、無制限に利用できるブラーバが、コスパ的に圧倒的にオススメなワケです

 

実際にブラーバ380jを部屋で利用してみた!しっかりと掃除できるのか?

ブラーバの値段は、長年利用するならそこまで高くないことがわかりました

 

次に気になるのが「ブラーバはしっかりと掃除してくれるの?」という疑問です

 

まだまだ発展途上と言えるロボット業界、誤作動などによりしっかりと掃除できなければ意味がありません

 

ということで、ブラーバ380jを実際に利用してみました

f:id:steveperry1373:20190316090736j:image

まずはこちらのキューブを部屋の中心におきます

※部屋が汚すぎてホコリがつもっており恐縮です・・

 

こちらのキューブを中心にして、ブラーバは掃除を始めます

 

まずは「カラぶき」からスタートします f:id:steveperry1373:20190316121642j:image

 

ブラーバ380jは、机などの障害物にぶつかりながらも、しっかりと抜けなく掃除していきます

 

カラぶきが終わったフローリングです。角など、一部掃除できないところがあるのは、仕方がないですね。しかし印象として全体の90%程度は掃除してくれます

f:id:steveperry1373:20190316090732j:image

 

カラぶき完了!ざっと15分程度でこんなにホコリが取れました。想像以上の働きぶりです

f:id:steveperry1373:20190316090728j:image

 

カラぶきが完了したら、水拭きをスタートします

f:id:steveperry1373:20190316090721j:image

 

ブラーバの真骨頂は、水拭きで綺麗に吹き上げてくれることです

f:id:steveperry1373:20190316090724j:image

水拭きも15分程度で完了しました。クロスを見ると、十分に汚れが落ちています

 

結果的に、30分程度で、ホコリまみれの部屋が一気にクリーンになりました

 

ブラーバの想像以上のクオリティに大満足でございました

 

ブラーバ380jのデメリットはあるのか

ブラーバ380jは想像以上に実力があります。それではブラーバ380jのデメリットは何でしょうか

 

  • 部屋の角まではゴミを取れない
  • 1時間くらい利用すると充電が切れる。フル充電まで2時間かかる
  • 床にものがあると、モノの周辺は掃除してくれない
  • ちょっとした段差は登れない。1Kだとリビングとキッチンで2回に分ける必要がある
  • ラグマットなどは利用前にどかす必要がある

 

ブラーバを利用する際には、「部屋の90%は掃除できればいいや」というくらいのクオリティなら、大満足の買い物になります

 

さすがに部屋の角までは掃除できませんし、大きめのゴミがあると、障害物と勘違いして、周辺部分は掃除できなくなります

 

またラグマットなどや低い段差などを障害物と検知するので、フローリングを掃除したい場合は、一旦どかす必要があります

 

そして、1時間も利用することはないと思いますが、ブラーバ380jはフル充電までに2時間はかかるので、連続しての利用には向いてないかもです

 

とはいえ、1K20平米のコンパクトな部屋では、カラぶき15分、水拭き15分で十分に綺麗になります

 

コンパクトな家であれば、そこまで大きなデメリットはないのではと思います

 

まとめ。アイロボット「ブラーバ380j」は忙しく働く一人暮らしの人なら100%購入すべきオススメ商品

アイロボット「ブラーバ380j」を購入して、実際に利用してみた感想をまとめました

 

  • ブラーバは「水拭き」ができるアイロボット
  • ブラーバ380jはスタンド充電ができる。充電は2時間かかる
  • ブラーバ380jは36000円前後で購入できる
  • 1K20平米の部屋だと、カラぶき15分、水拭き15分で掃除できる
  • 部屋の角など、掃除できない箇所もある
  • ラグマットなどは、事前にどかす必要がある
  • 動作音は非常に静か

 

控えめに言って、ブラーバ380jは最高の買い物でした

 

ちなみに1K20平米のコンパクトな部屋でなくても、もっと広い部屋でも十分に動作しますよ

 

少なくとも、一人暮らしで忙しく働く人にとっては、ブラーバ380jが1台あるだけで、一気にQOL(人生のクオリティ)が上がります

 

「アイロボットって興味はあるけど、値段は高いし効果が心配」

 

そんな方に、今回の記事が参考になれば嬉しいです