シンプル都心ライフ

シンプル都心ライフは東京を中心とした都心型ライフスタイルの情報を提供しています。その他、20代の働き方、副業、海外、ホテルなどの情報を展開しています。

サラリーマンは平均年収を気にしても意味がないと思う理由【正しい情報がわからない】

f:id:steveperry1373:20190528125419j:plain

仕事も3年以上続いたし、なんとか生活も安定してきた。でも自分の年収って平均的には多いのかが気になる。頑張ってるわりには給与が少ない気もするし、うーんどうなんだろう

 

タクミです。タイトルでは平均年収を気にしても意味がないと書いていますが、めっちゃ気になるタイプの人間です

 

しかし、サラリーマンで平均年収を気にしても意味がないなと最近は思います

 

理由としては「サラリーマンなら99%は決まった年収しかもらえないから」です

 

サラリーマンは平均年収を気にしても意味がないと思う理由【正しい情報かわからない】

サラリーマンの平均年収は「ばらつき」がある

サラリーマンの平均年収には、「ばらつき」があります

 

業種、職種、年齢、性別、地域、学歴、企業規模、すべてが異なるのですが、「サラリーマン」として「一つ」にまとめた数値です

 

東京の家賃は、一人暮らしだと「7〜10万円」かかりますが、安い地域では「3〜5万円」だったりしますよね

 

なので「平均年収」を調べても、物価がそもそも違うので意味はないです

 

世界レベルでみると、年収400万円で上位「1%未満」だけど、日本では意味がない

f:id:steveperry1373:20190528123456j:image

「グローバルリッチ」というサイトを使うと、世界で自分の年収が何位かわかります

 

画像は「年収400万円」で計算しました。これでも0.77%と「上位1%」ですから、日本は世界的に見ても好待遇であることがわかります

 

ただ、実際に「年収400万円」で日本で生活するなら、そこまで裕福には感じませんよね

 

家賃も食費も光熱費も、日本では収入の分だけ高くなるからです

 

東南アジアでの生活なら「年収400万円」でも満足できますが、世界でのランキングを見ても特に意味はありません

 

「上場企業の年収ランキング」もほぼ変わらないラインナップで意味はない

よく「上場企業の平均年収ランキング」が特集されますが、あの数値にも意味はありません

 

平均年収が2000万円の企業でも、勤続年数が「1〜3年」と極端に短かったり、「新卒」では入れない企業も混じっているからです

 

また、企業によってはあえて「平均年収」を高く見せたり、低く見せたりしています

 

年収を高くみせるには「家賃補助」などの福利厚生を含めたり、退職金を前払いする方法があります

 

年収を低くみせるには、「総合職」だけでなく「一般職」「作業員」の給与を含めると低くなります

 

「総合職」が100%の企業の「平均年収」と、「総合職」が10%の企業の「平均年収」は比べても意味がないのです

 

本当の年収を知りたいなら「転職サイト」で確認する

就職活動の学生は、「転職サイト」に無料登録して、「実際の年収」を調べることをオススメします

 

転職サイトでも「審査がゆるい」ものはウソの情報がかかれやすいですが、大手であれば「多くの信ぴょう性が高い口コミ」が集まります

 

私がオススメしているのは「vorkers」「キャリコネ」です

 

転職サイトには、あきらかに「ウソ」の情報も含まれますが「こんなにぶっちゃけていいの?」という福利厚生を含めた細かな情報までかかれています

 

デメリットとしては「ある程度、知名度のある企業に限る」ということですが、気になる企業があれば、まずは転職サイトで調べてみることをオススメします

 

まとめ。サラリーマンは平均年収を気にしても仕方がない。収入を増やす方法、支出を減らす方法を考えよう

酒のつまみ程度の話題として、「サラリーマンの平均年収」を知るのは面白いかもしれませんが、ほとんどは役にたちません

 

いちばん残念なのは「給与が高いと思って入社したら、そうでもなかった」という場合です

 

見た目の年収が高くても、福利厚生がなく退職金もなく、見込みの残業代が含まれている場合もあります

 

新卒での就職にしても、転職活動にしても、目先の平均年収で決めずに、しっかりと情報収集をしましょう

 

そして「今の年収」にかかわらず、優雅に生活するには「収入を増やす」か「支出を減らす」必要があります

 

「収入を増やす」には時間がかかりますので、まずは「支出を減らす」ことに挑戦してみてはいかがでしょうか