シンプル都心ライフ

東京都心で仕事、生活、プライベートを謳歌するノウハウを公開しています。

激安ヨーグルトメーカー購入で食費を節約して腸活!甘酒も作れて感動!

f:id:steveperry1373:20210326074309j:image

 

健康志向の人:健康にはヨーグルトと甘酒がいいみたい。腸内環境を整えてくれる食材だから毎日摂取しないと。でも意外とコストがかかるから食費が増えてしまうなあ。何かいい方法はないかな?

 

タクミです。先日「ヨーグルトメーカー」を購入してみました。

 

ヨーグルトメーカーは名前のとおり「ヨーグルトを自作できる機械」です。

 

私は2021年2月に「甘酒」にどハマりしました。甘くて美味しいのに「美肌」「美髪効果」「胃腸の健康促進」といいことづくめだからです。

 

www.takumoney.com

 

ただ甘酒を買いすぎて2月の食費は8万近くになりました。さすがに反省して「甘酒を自作できれば食費の節約になるよな」と考えるようになりました。

 

そこでアイリスオーヤマ社のヨーグルトメーカーを購入してみました。ヨーグルトメーカーなのにヨーグルトの他に甘酒を作れるという優れもので値段も3000円以下と驚異的なコスパの良さです。

 

結論からいえばヨーグルトメーカーで人生変わりました。今まで毎日のように購入していたヨーグルトと甘酒を自作できるようになったのです。

 

健康志向の人はヨーグルトメーカーはマジで購入すべきです。失敗しても価格も3000円と高くはないのですが、ヨーグルトと甘酒を自作できれば、アンチエイジングは確実です。

 

 

 

 

激安ヨーグルトメーカー購入で食費を節約して腸活!甘酒も作れて感動!

ヨーグルトメーカーの凄さ1:簡単にヨーグルトと甘酒ができる!

f:id:steveperry1373:20210326064517j:image

こちらが私が購入したアイリスオーヤマのヨーグルトメーカーです。

 

ヨーグルトメーカーは商品によりたくさんの商品を作れるようです。私は「甘酒」が作れればOKだったので、3000円のコスパ抜群のヨーグルトメーカーを購入しました。

 

ヨーグルトメーカーはそこまで大きいものではないので、写真のとおり冷蔵庫の上に置いた電子レンジの余白ほどのサイズにすっぽり収まるコンパクトさが嬉しいです。

 

私が住んでいるような20平米の一人暮らしの間取りではキッチンが狭いことがほとんど。いくら高性能な家電でも大きなものは嵩張りますし、不要になった際に手放すのも一苦労です。

 

それでいて「ヨーグルト」と「甘酒」が作れてしまうのですから、まさに「令和時代の食品製造機」といえる商品です。

 

 

 

 

ヨーグルトメーカーで「ヨーグルト」と「甘酒」が大量に作れる!

f:id:steveperry1373:20210326064514j:image

実際にヨーグルトメーカーを使ってヨーグルト(右)と甘酒(左)を作ってみました。

 

甘酒は少し飲んでしまっていますが、1回で1リットル分の甘酒ができます。ヨーグルトはタッパーいっぱいのヨーグルトが作れるので1週間では食べきれない量です。

 

味はどちらも「市販のものよりは優しい味」ですが、むしろ手作りなので余計な添加物が入っていないことを考えると「健康に優しい」ことは間違いありません。

 

ちなみにヨーグルトも甘酒も「腸内環境を整える」ことに抜群の効果があります。そのため、毎朝ヨーグルトと甘酒を摂取することで「便通改善」「美肌」が手に入りますよ。

 

「腸は第二の心臓」といわれますが、最近は「腸が全て」という本が出るほど「腸内環境」は大切です。腸内環境を整えるヨーグルトと甘酒で、一気に腸活がはかどります。

 

 

ヨーグルトメーカーで「ヨーグルト」と「甘酒」を作るコストは抜群に安い!

ヨーグルトメーカーでヨーグルトと甘酒を作るコストは、市販のものを買うよりも断然安いです。

 

参考までに私が購入しているダノンのヨーグルトと、八海山の甘酒と、自作のヨーグルトと甘酒のコストを比較してみます。

 

◆市販のヨーグルト

・ダノンのヨーグルト:75ml×4個(300ml)→300円

・自作ヨーグルト:ダノンのヨーグルト1個(75円)+牛乳900ml(225円)→1000ml

 

市販のダノンのヨーグルト(300ml)と比較すると、自作ヨーグルト(1000ml)は3倍以上の量を作ることができます。単純計算で「3分の1」の値段でヨーグルトを楽しめるわけです。

 

◆市販の甘酒

・八海山の甘酒:800ml→864円

・自作の朝酒:米180cc(50円)+米麹100g(150円)→1000ml

 

市販の八海山の甘酒の4分の1のコストで、大量の甘酒を自作できてしまうことがわかります。

 

私は健康のためなら食費を惜しまない人間です。毎月のヨーグルト費や甘酒費だけでも月に1万円以上は確実に使っていましたが、ヨーグルトメーカーを導入したことで「食費を大幅に節約」できました。

 

ヨーグルトに至っては自作した「自家製ヨーグルト」の一部と牛乳をヨーグルトメーカーにかければ、ヨーグルトを無限増殖させることができるので、市販のヨーグルトを購入する費用が丸々浮いてしまいます。

 

 

 

 

ヨーグルトメーカーのデメリットは「9時間」の時間が必要ということ。

ヨーグルトメーカーの唯一のデメリットは「ヨーグルトや甘酒を作るのに9時間かかる」ということです。

 

時間がかかるので「すぐに食べたい」という場合には不向きです。

 

しかし夜寝る前にヨーグルトや甘酒をヨーグルトメーカーにセットしておけば、寝て起きたら完成しています。

 

またヨーグルトも甘酒も1000mlもの量を1回で作ることができるので、1度作れば1週間は自作のヨーグルトと甘酒を楽しむことができます。

 

寝ている間に簡単にできてしまうのは嬉しいポイントですよね。

 

 

まとめ。ヨーグルトメーカーは食費を節約しながら腸活するには最高のアイテム!

今回はヨーグルトメーカーを購入して1ヶ月使ってみた感想をまとめました。

 

結論としてはヨーグルトメーカー最高ということで、健康志向の方はいますぐにでも購入した方がベストな商品です。

 

特に美容・アンチエイジングに気を使われている男性・女性の方は、ヨーグルトと甘酒という「腸活に効果のある食べ物」を大量生産してしまうことができるのでオススメですよ。

 

私はヨーグルトメーカーを使って「農家の人」の気持ちを味わうことができました。

 

それは「自分で食材を増やすことができた」ことで「食事の心配がなくなった」気持ちになったからです。

 

仮に私が仕事を辞めて貯金を減らしながら生活することになっても、最低限ヨーグルトと甘酒があれば、空腹を満たしながら健康を維持することができると考えています。

 

ヨーグルトメーカーは想像以上に便利で健康志向の私には最高のアイテムでした。

 

コストも3000円以下と他の家電と比較しても安いので、メルカリで中古を探さなくても新品で十分安いですよ。

 

ぜひ健康志向の方はヨーグルトメーカーをいますぐ購入して置くことをオススメします!