タクログ

シンプル都心ライフ

シンプルライフに憧れるけれど、都心の生活も満喫したい。そんな欲張りな20代男のシンプル都心ライフ中心のブログです。

パリに到着!憧れの街並みとルーブル美術館に感動!

タクミです

 

今はパリからブログを書いてます。ちょうど7時間の時差なので日本はお昼頃ですかね

 

さてさて、長いフライトが終わってようやくパリに着きました!

 

日本時間の9:00に成田を出発して、アシアナ航空で韓国の仁川国際空港に乗り継ぎ、日本時間の夜11:30にフランスのシャルルドゴール空港に到着

 

14時間30分のフライトを終えて、ホテルに到着、眠気を我慢してホテルの近場を散策してみました

 

 

 

パリに到着!憧れの街並みとルーブル美術館に感動!

朝は寝坊してからのスタート!ぎりぎりフライトに間に合う

さて、朝からドタバタしてました。成田のフライトが9:00からなので、2時間前の7時には空港につかないといけないからです 

 

タクミの家からでも、当然5時すぎには家を出る必要かあります

 

しかし、連日3時までおきていたのが悪かったのか、なんと起きたらすでに5:50!

 

フライトに間に合わないとあせり、ひさびさに走って最寄り駅から成田に向かいます

 

結局、7:30に成田空港に到着。搭乗手続きとユーロ、ポンドの両替をすると、8:35の搭乗にギリギリ間に合いました  

 

アメックス特典のラウンジなんか使う時間ありませんでした笑

 

みなさんは、フライトが朝早い場合は充分に余裕をもって早めに空港に到着してくださいね笑

 

ちなみにヨーロッパはクレジットカードがどこでも使えるという口コミを信じて、日本円でユーロは15000円、ポンドはたった5000円を換金しました

 

110ユーロと30ポンドかな?残念ながらレートが高い時期ですし、空港での換金なので我慢します笑

 

始めてのアシアナ航空は想像以上に快適!

さて、今回は個人手配なので一番格安だったアシアナ航空でフライトです

f:id:steveperry1373:20180714115903j:image

 

このアシアナ航空、値段は安いですが想像以上に満足しました!

 

  • アジア系(韓国)だからか、日本語のアナウンスや対応をしてくれる
  • 機内食が美味しい!
  • 椅子も国際線は充分に広い
  • チャイティーが美味しい
  • CAさんが落ち着いている
  • 比較的、航空券が安い
  • フライト時間が短い(トランジットが1時間)

 

トランジットとは、飛行機を乗り継ぎの際に発生する待ち時間のことです

 

じつは、去年のオーストリア、チェコではエミレーツ航空(ドバイ)だったんです

 

口コミが非常に高かったから、試しに使ってみたのですが、こんなイメージでした

 

  • CAさんは愛嬌があって素敵
  • 機内食は普通
  • トランジットが8時間もあり長い
  • 機内はそこそこ広いがCAさんも体格が大きいので、通路側だとよくぶつかる
  • 圧倒的なエンターテイメント(映画、音楽などの種類が豊富)
  • 航空券はそこそこリーズナブル

 

そう、エミレーツ航空の一番のウリは、エンターテイメントなんですよ!(たぶん)

 

ただ、タクミは映画をみたりするのは目が疲れるので、ほとんどサービスは使いません

 

なので、あまりエミレーツ航空のメリットが必要なかったりします

 

なので、必要最低限のサービスがいき届いていて、丁寧に対応いただけたアシアナ航空は、コスパもいいし、すごく当たりでした!

 

トランジット1時間は、飛行機の遅延があると乗り継ぎできなくなりますが、日本と韓国は非常に高い(1時間30分)ので、ほとんど遅延も起こりません

 

ヨーロッパ旅行は、トランジットの内容によってはまるまる24時間以上かかることもあります(なかには48時間とかありました笑)

 

その点、アシアナ航空はトランジットを含めて14時間30分なので、とても便利でした

 

機内食も4回もでて、全部美味しかったです。とくに牛丼はうまかった!キムチも出ましたが、機内の匂いをきにして食べませんでした笑

 

f:id:steveperry1373:20180714122008j:image

 

f:id:steveperry1373:20180714122020j:image

 

f:id:steveperry1373:20180714122013j:image

 

シャルルドゴール空港からパリへ!ビビっていたパリへも、バスで一本!

さて、日本時間の夜11:30、パリの17:30にシャルルドゴール空港に到着しました

 

空港からパリまでは、シャトルバスで50分、値段は12ユーロ(1500円くらい)でした

※2018年7月のレートで、1ユーロ130円の場合)

 

シャトルバスの注意点は、4本くらい行き先の違うバスがあるところです。また、バスの券売機は2つあります

 

タクミは、1つ目の券売機では、ホテル近くのオペラ座までいかなかったので、近くにいた若い受付の人に聞いてみました

 

すると、1つ目の券売機から、左側に歩いた先にオペラ座行きの券売機があることを教えてもらいました!

 

親切で丁寧な対応にメルシー(ありがとう in フランス語)です!

 

そんなわけで12ユーロを現金で払ってチケットを購入。ちゃんと英語表記もできますし、そんなに難しくないです

 

クレジットカードも使えそうでしたが、なんだか不安だったので現金で払っちゃいました

 

そして、シャトルバスはオペラ座まで直通ですし、なんと日本語の案内も流れていました

 

タクミの後ろにいた大阪のおばさま2人の関西弁が面白くて、パリに来た実感が湧きませんでした笑

 

やはりパリは観光客に人気の町なんですね

 

ホテルにチェックインして、近くのルーブル美術館を散策!ホテルのデポジットに気をつけて!

 

さて、なんとか眠気をこらえてホテルに到着

 

こじんまりとした綺麗な4つ星ホテルで、ここに3泊します。土日月で、休日は当然高いので、平均24000円/1泊くらい。パリのホテルは高いです涙

 

さらにチェックインでクレジットカードをだしたら、追加で50ユーロ(6500円)引かれていて、テンションが下がりましたが、これはデポジットなんですね笑

 

デポジットとは、海外のホテルで一時的に支払う預け金のことです

 

要は、とくに問題を起こさずにホテルに滞在すれば、デポジットは返却されるとのことでした。

 

ああ心配しました笑

いつもはツアーでホテルをとってもらうのでデポジットの存在を知りませんでした

 

ホテルでシャワーを浴びてパリ時間の夜8:30から街並み散策

 

治安が心配だったパリですが、7月などの夏場は夜でも日の入りが遅いんです!

 

こちらはセーヌ川の写真ですが、パリの夜21時です。めちゃくちゃ明るいですよね

f:id:steveperry1373:20180714184507j:image

 

ノートルダム大聖堂も貫禄があっていいですね。
f:id:steveperry1373:20180714141218j:image

 

さすがに22時になると一気に暗くなりました

こちらはルーブル美術館のライトアップ。
f:id:steveperry1373:20180714184503j:image

ルーブル美術館は金曜日は22時間まで営業してます。普段は18時くらいまでです

 

ちなみにこの日は2018年7月13日。

 

明日の2018年7月14日はパリ祭という革命記念日のために、15ユーロ(2000円)くらいする入場料がなんとフリーになります

 

なので、外観だけ楽しむことにします

 

まとめ。パリに旅行してわかったこと

そんなわけで、パリ1日目をご紹介しました

 

  • アシアナ航空はリーズナブルで美味しい機内食で日本人にも対応してくれて最高

 

  • シャルルドゴール空港からは、12〜15ユーロでパリまでのバスがある。ただしオペラ座行きとそれ以外で券売機が分かれている

 

  • 7月半ばのパリは、日没が21:30〜22:00。治安も都心部なら観光客も多くて心配ない 

 

  • 紫外線強い!乾燥してる!目が痛いのでサングラスと日焼け止め、帽子はあったほうがいい

 

  • 海外のホテルでは、チェックインでいきなり数十ユーロを支払う!でもデポジットなので、普通に部屋のミニバーなど使わなければお金は返ってくる

 

  • スリはまったく見かけない。空港には書類を配ってサイン詐欺をしようとする人がいるけど、みんな無視してるから避けやすい

 

というわけでパリ1日でたくさんのことを学びました!

 

ひきつづきパリ旅行を楽しんできます!

 

www.takumoney.com

 

www.takumoney.com

 

www.takumoney.com