シンプル都心ライフ

シンプルライフに憧れるけれど、都心の生活も満喫したい。そんな欲張りな20代男のシンプル都心ライフ中心のブログです。

シンプル家計簿チャレンジ!2019年1月も半月が経過したので家計簿を振りかえってみた

f:id:steveperry1373:20190114215555j:image

2019年は家計簿をしっかりと記入することを目標の一つにしました

www.takumoney.com

2019年1月も半月が過ぎましたので、半月分の家計簿を確認して、お金のつかいかたをセルフコンサルしてみました

 

 

 

シンプル家計簿チャレンジ!2019年1月も半月が経過したので家計簿を振りかえってみた

引っ越し予算は大幅にお金が余った!一括見積もりサービスを使って引っ越し料金を安くできたのが成功

2019年1月の半月は「大型出費」が目立つ期間でした

 

まずは「引っ越し一時金」として「32万円」を予定してました。これは「敷金、礼金などの一時金+引っ越し代」の金額なので「27万円+5万円」でそれぞれ予算をもっていました

 

実際には、一時金が「26万円強」、引っ越し料金はなんと「3.1万円」で申し込みができたので、合計「291,111円(約29万円強)」となり、「3万円弱」の予算が余りました

 

成功の秘訣は「引っ越し侍(さむらい)」という「引っ越し一括見積もりサービス」を使って「大手以外の中堅規模の引っ越し業者」で「口コミ評価が高い+予算が安い」業者を見つけたからです

www.takumoney.com

 

実は、別の業者で「4.4万円」を見積もられていたのですが、一括で見積もり依頼を出すことで「1.3〜1.4万円」もお得に引っ越しすることができそうです

 

大型出費を安くすることができた成功体験でした

 

「食費・日用品」は予算以内で好調。自炊習慣は素晴らしいけど「年末年始」と「国内旅行」の要因が大きい

「食費・日用品」は「1.9万円」でした。半月分ですので、2倍すると「3.8万円」なので、「予算5万円」よりもお金を節約できています

 

しかし、「年末年始」では1月1日〜3日までは実家におり、石川旅行分の2日分が入っておりません

 

そのため、実質10日分の計算となりますので、「少々多め」というイメージです

 

とはいえ、平日5日分のうち、6割に当たる「3日分」は弁当を自炊できたことで、食費を節約できています

 

昨年度は、「野菜など日持ちしない食材の無駄買い」が目立ちました

 

面倒でも、「日々、食べる分だけの食材を購入する」ことを意識して予算内におさまるようにしたいです

 

「交際費・被服費」は大きな出費はなし。「美容院」と「靴下」、「実家土産」くらい

交際費は「1.1万円強」ですので、予算の「5万円以内」にしっかりとおさまるペースです

 

内訳は「美容院」と「ビジネス用靴下購入」、そして「実家への手土産」となりますので、大型の出費はありませんでした

www.takumoney.com

交際費は、飲み会シーズンやイベントがある季節には、支出が増えますので、今の時期はしっかりとセーブしていこうと思います

 

「海外・国内旅行」は充実した「石川県金沢、和倉温泉」の旅!

「海外・国内旅行」は「石川県の金沢市、そして和倉温泉」の旅行費に使いました

www.takumoney.com

 

国内旅行は「年に3回」、一回あたり「6〜7万円」の予算を想定しておりましたので、予想の範囲内におさまる素晴らしい旅となりました

 

旅の途中で節約したのかといえば全くそんなことはなく、「観光名所」はほぼ全て入館料を払って訪問しましたし、ランチの魚介類や旅館、温泉など、好きなだけ散財した旅でした

 

それでも予算内におさまりましたので、お金の面でも旅行の面でも素晴らしい思い出に残るたびになりました

 

「その他」の費用は想定外の費用がかかり、見直しをする必要あり

「その他」は家計簿で予想していない出費について書き出していたのですが、「交通費」の分が家計簿にないので、こちらの項目に記載しております

 

交際費は会社分のみでも年間8万円、その他を入れると10万円は超えるはずですので、あらためて予算の見直しをする必要があることに気づきました。。

 

家計簿は、一度作ったら終わりではなく、生活に合わせてフレキシブルに変更することが大切ですね

 

ちなみに交通費以外は「お年玉」の出費です。このような一時的な出費は今後もあるはずですので、「その他」の予算をもうすこし増やす必要がありそうです

 

まとめ。2019年1月の半月分の家計簿は順調なペース。年間100万円貯金を目標にして、予算管理を徹底しよう

家計簿は、習慣になると日常のなにげない行動が楽しく感じるようになります

 

「今月は食費や交際費にあといくら使えるんだっけ」

「一時的な出費が発生したけど、予算を計画しておいてよかった」

 

などなど、家計簿をつけていたからこそ気づくことができることが山ほどあります

 

ズボラな性格の筆者でも、家計簿をつけることで、少しだけお金を管理することに慣れてきた気がします

 

まだまだ2019年は半月が過ぎたばかりです。都心ライフを満喫しつつ、しっかりとお金を管理して、無理のないライフスタイルを送れるように努力します