シンプル都心ライフ

シンプルライフに憧れるけれど、都心の生活も満喫したい。そんな欲張りな20代男のシンプル都心ライフ中心のブログです。

シンプルライフで服を断捨離しすぎて「靴下」が足りない。生活パフォーマンスが下がったので追加購入した話

f:id:steveperry1373:20190103113112j:image

一人暮らし3年目になりましたタクミです。シンプルライフや断捨離歴は、実家暮らし時代から数えて5年以上になります

 

断捨離を5年間も継続していると、不要なモノを捨てることがどんどん上手くなってきます。特に服については数十着を断捨離してきました

www.takumoney.com

 

シンプルライフを心がけて、断捨離を加速させることで、1K20平米の狭い部屋であっても、スッキリして広く見えるメリットがあります。実際に遊びにきた人が「部屋がシンプルですっきりしていいね」と言うふうに言ってくれたりします

www.takumoney.com

 

www.takumoney.com

 

さらにクローゼットの中を見てみるとほとんど服がありません。半分以上は空きがある状態です。スペースに余裕があると、なんだか優雅な気持ちになります。実家時代はクローゼットからモノが溢れてましたからね

 

それだけ服が少なくても、何も問題なくビジネスもプライベートも着て行く服がないなんてことになることもなく生活することができています。むしろ服が多かった時代は、何を着ていくか毎日悩む時間がたくさんあってストレスが溜まっていました

 

さて、シンプルライフや断捨離のおかげて生活のパフォーマンスが圧倒的に向上しました

 

しかし断捨離で捨て過ぎて、唯一生活のパフォーマンスが下がってしまったアイテムがあります

 

それが「靴下」です

 

なぜ「靴下」が少ないことで生活のパフォーマンスが下がってしまったのでしょうか

 

今回はシンプルライフで服を断捨離しすぎて靴下が少なくなってしまった筆者が、新しく靴下を買い足さないといけなくなった原因をまとめてみました

 

 

 

 

シンプルライフで服を断捨離しすぎて「靴下」が足りない。生活パフォーマンスが下がったので追加購入した話

「靴下」が少ないと洗濯の回数が増えて負担である

「靴下」は平日用に5セットしか持っていませんでした

 

しかし、これは土日に洗濯物ができない場合には問題ないのですが、旅行や仕事で洗濯ができなくなってしまった場合には、すぐに靴下が足らなくなります

 

また、洗濯をしても靴下がうまく乾かないことも多々あり、再度洗い直しになってしまうこともありました

 

靴下は毎日履くものです。特にビジネス用の靴下は平日5日間、休日出勤を含めると6日間履くことになります

 

靴下が5セットしかないと、洗濯物ができないときに履いていく「靴下」がなくなり非常に不便なのです

 

靴下の「素材」「カラー」「デザイン」がバラバラで、セットにならない

もともとは平日の5日間分の靴下しか持っていませんでした。それ以上の靴下はすべて断捨離してしまったのです

 

しかし靴下が5セットしかないのですが、靴下のデザインや素材、カラーはそれぞれバラバラなのです

 

筆者はすぐにモノが散らかってしまうルーズな性格なので、靴下の左右のデザインがなぜかバラバラになってしまうことがよくあります

 

これは、靴下を洗濯する時に、片方だけ洗濯し忘れることが多いからです

 

靴下の左右のデザインが違うまま仕事に行くわけにはいかないので、朝の5分から10分を使って、同じメーカーの靴下を探す時間が必要になる時があります

 

ただでさえ時間の少ない朝の時間に、靴下を探す時間を消費することが、とてもストレスとなっていました

 

 

靴下のデザインやカラー、柄をわざわざ分ける必要はない

靴下が左右バラバラになってしまう理由は、「靴下のデザインやカラー、柄がそれぞれ違ったデザインの靴下を持っていたから」です

 

カラーはブラックだけではなくネイビーの靴下やチャコール色の靴下など、デザインはストライプが入ってるものや無地などバラバラの靴下を購入していたのです

 

筆者は洗濯をする際に靴下を片方だけ入れ忘れたり、脱ぎ捨てた靴下がベッドのそばに落ちていて気づかずそのままにしていたりすることで、靴下が両方揃わないと言うことが発生してしまったのです

 

もちろん筆者のルーズな性格が問題なのですが、仮にルーズな性格であっても靴下問題で朝の貴重な時間を消費しないためにはどうすればいいのでしょうか

 

すると「スティーブジョブス」のことを思い出しました。スティーブジョブスは毎日全く同じデザインの服を着ていました

 

つまり同じデザインの靴下を複数持っていれば済むのです 

 

全く同じデザインで全く同じ色の靴下を5束持っていれば、たとえ靴下を洗濯し忘れてしまったとしても、デザインを合わせるために靴下を探す時間を使う必要がなくなります

 

仕事でビジネス用の服装を身につける目的は、スーツや靴下でカッコつけることではなく、周りの人が不快に思わない程度のTPOを心がけた服装をすることです

 

そうであれば、靴下は全く同じデザインで、全く同じ色であっても全く問題ないのです。靴下は特に目立つアイテムでもありませんからね

 

ということで、早速アマゾンで「ハリソン」というブランドの靴下を5足追加購入してみました

 

「ハリソン」を選んだのは「靴下の老舗ブランド」だからです。一束当たり1300円と安いものではありませんが、品質が良さそうなので購入してみました。後日レビュー記事を書きます

 

まとめ。シンプルライフで断捨離するのは楽しい!けれど断捨離しすぎて、生活のパフォーマンスが下がらないようにしよう

いくらシンプルライフを心がけて断捨離をしても、生活のパフォーマンスが下がってしまっては本末転倒です

 

筆者の場合は靴下以外のアイテムは少し多めに持っています。ですので特に悩んだりする時間を消費することなく済んでいます

 

しかし靴下だけは2足必要です。そしてなんとなくデザイン、素材、カラーがバラバラで持っていました

 

どの服を着るかで悩む時間も楽しいものではありますが、ビジネスように毎回同じ格好でも問題ない場に行くのに、「靴下」のことで悩む時間は非常にもったいないです

 

たった5分、10分悩む時間を削減するだけで、会社に行く時間が5分、10分早くなります。平日20日、仕事があるとすれば、毎月100分から200分もの時間を生み出すことができます

 

靴下を探す時間をなんて無駄遣いしていたんだろうと反省も込めて、靴下は同じデザインで良いので、少し多めにまとめ買いしておくことをオススメします

 

www.takumoney.com