シンプル都心ライフ

東京都心で仕事、生活、プライベートを謳歌するノウハウを公開しています。

【実験】ファッションを変えただけで評価が180度変わるのか?「100万円」使って実体験をまとめてみた

f:id:steveperry1373:20200112112832j:image

ファッションに無頓着な人:ファッションはファストファッションでもおしゃれができる時代。無駄に品質の良いアイテムを買わなくてもいいか。数年経てば高価な服もダメになるし使えるお金も限られる。高額なアイテムを買うメリットは何だろう?

 

タクミです。1〜2年前はこんな記事を書くくらいファッションに無頓着でした 

www.takumoney.com

 

基本的に「ユニクロ」「無印良品」をベースにして、高額なアイテムといってもコートで「1〜2万円」レベルのリーズナブルな物を中心に買っていました

 

それでも「かっこいいね」と優しく言われることもあり「ファッションはお金をかけなくてもいいか」と思っていたのです

 

ですのでファストファッションのアイテムでも「3年以上」使って「ヨレヨレ」になっても同じアイテムを着用していました

 

仕事着も無頓着で「ネットショッピング」「イトーヨーカドー」で購入した1着2000〜3000円のワイシャツで、ベルトもボロボロの5千円程度、ビジネスバッグも「革が数カ所破れている」のに気にせず使うレベルです

 

しかし20代最後の歳になり「大人っぽい上質なファッションも勉強したい。なんなら周囲の評価が高くなる服を着たいという気持ちが強くなりました

 

そこで実験として六本木の「東京ミッドタウン」や銀座を中心に「高品質」なアイテムを購入してみることにしたのです

  

www.takumoney.com

※全然、被服費は年収の4%に収まりませんでしたが来年分の家計簿から先引きします。。

 

結論からいえば「ファッション」を変えると周囲からの評価は180度変わりました。それも「好印象」になることが増えたのです

 

この2ヶ月の間に「100万円」ファッションに身銭を切ってわかった実体験をまとめました。完全に節操のないお金の使い方ですが全く後悔はしていません

 

 

 

【実験】ファッションを変えただけで評価が180度変わるのか?「100万円」使って実体験をまとめてみた

腕時計を変えると仕事ができるように見える?

腕時計を変えると特に「ビジネス」で役立つことがわかりました

 

私は「カルティエ(44万円)」の腕時計を購入してオフィスでも利用しています

 

www.takumoney.com

 

すると会議などで発表するとき、仕事で近くの席にいる人と話した時に「腕時計に視線が集まる」ことがよくあります

 

これは「自己満足」ですが、単に私の会社では「高額の腕時計」をつける人が少ないので目立っただけだと思います

 

しかし驚いたのはその後でして、人格否定レベルに厳しい指摘ばかりする上司から初めて少しだけ高評価をいただけました

 

会議で発表した内容自体は以前とそこまで変わりませんでしたが、腕時計一つ変えるだけで見せ方が変えられるのは非常に勉強になりました

 

腕時計に対して直接コメントしてくる人は皆無なのですが、無意識のうちに腕時計の印象だけで「好印象」「できる人」に見えている可能性はあります

 

ワイシャツ、ベルト、ビジネスバッグに投資し、革靴を磨くと自信がつく

次に仕事着をアップデートしました

 

ワイシャツはイタリア製の「バルバ(3万円)」と「ビームスFオリジナルのワイシャツ(1,5万円)」を数枚新調しました

 

ベルトは「ホワイトハウスコックス(2万円)」、バッグはプライベート兼用で「Aniary(アニアリ(5万円))を購入しました

 

ネクタイは「アルマーニ」ではなく「エルメス(2,4万円)」を新調しました。 

 

そして元々気に入って利用していた「大塚製靴(3,8万円)」「ステファノブランキーニ(5,2万円)」の革靴を「週に1回」は磨くようにしました

 

www.takumoney.com

 

www.takumoney.com

 

 

すると、なぜかわかりませんが「仕事に長時間集中できる」ようになりました

 

通勤も楽しくなりますし「質の良いアイテムを使っているのだからもっと責任感を持って仕事に取り組みたい」と無意識に仕事モードがオンになりました

 

ファッションを変える「周囲からの評価」だけでなく「自分自身からの評価」も変わります。そして不思議なことに「仕事に集中できる」ようになります

 

 高品質な白シャツ、ニット、オーダージャケットで女性からの印象が変わった

 ファッションは清潔感が最重要と言われます

 

しかし冒頭に書いたとおり「ファストファッション」のアイテムを3年以上使うほどファッションに無頓着でしたので、デートをしてもうまくいかない状態が続きました

 

そこで「ジャンネットの白シャツ(2,6万円)」「ジョンスメドレーの白、黒ニット(3,5万円)」、「麻布テイラーのオーダージャケット(3,5万円)」など、大人っぽく上品に見えるアイテムを揃えました

 

するとデートもうまくいくようになり、幸運なことにお付き合いする人も見つかりました

 

決して数万円のアイテムでなくても「新品の服」を揃えて「清潔感」をアピールするだけでOKだったのだと思います

 

しかし高品質なアイテムは「着ているだけで自信が出てくる」ので、デートで自信を持ちたい方は「ラフなファストファッションスタイル」ではなく「新品に近い清潔感も上品さもあるアイテム」は勝負服を持っていると良いと思います

 

モテるためにファッションにお金を使うのは嫌という男性は多いと思います。しかし女性はメイク・化粧・小物などそれこそ「ファッションに投資」している方が多いので、ファッションに無頓着の男性は「手抜き・本気度が足りない」とマイナスの印象になる可能性が高いです

 

 ファッションで高品質なアイテムを着用するメリットは「自分への自信」

ということで「ビジネス」「プライベート」でも「ファッションを変える」ことで良い結果が出て大満足という結論になりました

 

なぜファッションを変えると良いことが起こるのかといえば「自分に自信がつく」からです

 

学生時代は手が届かなかったハイブランドのアイテムを、仕事を頑張ったおかげで購入できるようになった、ということで自信がでることもあります

 

仕立ての良いアイテムを使っていることで「できるビジネスマン」を連想して仕事が頑張れるという「プラシーボ効果」的な要素もあります

 

「新しい服を新調したからデートでどういう風に見られるのか気になる」のでデートのエスコートに積極的になるという面もあります

 

どれも「ファッションを変えると自分に自信がでる」ことが良い結果をもたらすことがわかりました

 

仕事や特技、人間関係で良い結果を出せる人は「ファッション」にこだわらなくても自信に満ち溢れており魅力的です

 

しかし「これから仕事や特技、人間関係で結果を出したい」という方は、お金さえ払えば手に入る「ファッション」を変えるのが「自信をつけるのにオススメ」です

 

100万円もファッションに使う必要は全くありませんが、年に1回は「過去には購入しなかった高品質なアイテムを買ってみる」経験は非常に大切だと思います

 

まとめ。ファッションを変えただけで評価が180度変わるのは本当。

 ということでファッションに100万円を使って実験した結果「ファッションを変えるとビジネスでもプライベートでも良い結果がでる」ことがわかりました

 

100万円あればたくさんのチャレンジができます

 

  • 100万円を外国株投資して年間5〜10万円を稼ぐ
  • 100万円でヨーロッパを周遊する
  • 100万円で新しいマンションに引っ越しをする
  • 100万円でミシュラン3つ星を体験し・5つ星ホテルに宿泊する

 

私はこれら全てを実践してきました。そして、どれも素晴らしい結果が出ました

 

今回は「ファッションに100万円」使ってみたら、やはり素晴らしい結果が出ました

 

特にファッションにお金を使ってよかったのは「ビジネスでも高評価になる可能性がある」という点です

 

同じだけの仕事をしても「身なりが綺麗でビシっとしている」人と「ヨボヨボのワイシャツを着て清潔感がない人」では評価のされ方が異なります

 

またプラシーボ効果で「仕事を長時間、責任感を持って頑張れる」ようになるので、仕事で評価されやすくなり、生涯賃金で100万円がはした金になるくらいの差になる可能性が非常に高いです

 

さらに「プライベートで外出して人に会いたい気持ちになる」のも大きなメリットです

 

インドアな筆者ですがファッションを変えると、どんどん人に会いたい気持ちになります

 

ファッションへの投資は「浪費」「意味がない」と思われがちです。私自身が最近までそのように思っていました

 

しかしファッションは「周囲の人」そして「自分自身」に対しても大きく評価を変える力があることがわかりました

 

特に私のようにファッションに無頓着な人は逆にラッキーです。銀座、六本木にあるお店で1つずつ「定番」「ベーシック」なアイテムを揃えるだけでOKです

 

もちろんお金との相談になりますが、できる範囲で結構ですので少しづつアップデートすると目に見えて結果が出るようになります

 

私も帳尻合わせのため、来年は「食事」「旅行」を控えて「身だしなみ」をテーマにお金を使っていきたいと考えています