シンプル都心ライフ

東京都心で仕事、生活、プライベートを謳歌するノウハウを公開しています。

普通の会社員が港区麻布に一人暮らしを1年して驚いたこと

f:id:steveperry1373:20200506131341j:image

会社員で港区に一人暮らしをしたい人:港区に住みたい。でも普通の会社員で港区に住んでいる人はいないかも。会社員で港区に一人暮らししている人の生の声が知りたい

 

タクミです。港区麻布に一人暮らしして1年以上が経過しました

 

私は港区の麻布に住んでいます。非常に快適・かつ刺激的な生活を送れており「20代のうちに港区に一人暮らしして本当によかった」と思っています

 

過去にも同じ記事を上げてきました。引っ越し直後・数ヶ月目に感じたことをまとめていますが、1年間住み続けると「住めば都」になりとても快適な生活が送れます

 

www.takumoney.comwww.takumoney.com

www.takumoney.com

 

ただ私は普通の会社員です。親の援助もないですし元々貯金が30万円だった本当に普通の20代の男です

 

そんな私が好奇心だけでお金持ちの多い港区麻布で一人暮らしをする中でたくさん驚くことがありとても新鮮でした

 

そこで今回は普通の会社員の私が港区麻布に1年以上住んで驚いたことをまとめてみました

 

これから港区に住んでみたい!という方に興味を持ってもらえたら嬉しいです

 

 

 

普通の会社員が港区麻布に一人暮らしを1年して驚いたこと

スーパーの領収書率が高い


麻布にはスーパーがたくさんあります。私が驚いたのはスーパーの領収証をもらっている方がとても多いと言うことです

私はスーパーで領収証を貰う事はほとんどありません。普通にサラリーマン生活をしていて領収書が必要になる機会って少ないですもんね

ところが麻布にあるスーパーでは領収書をもらっている方をたくさん見かけました。これはサラリーマンではなく経費で落とせる事業者の方が多いと言うことだと思います

港区では起業家の方もたくさんいらっしゃるので領収証をもらっている光景を目の当たりにすることが多くなります。会社員目線ではとても新鮮です

 

スーツの人が少ない

麻布ではスーツの着用率が少ない印象を受けます

私タクミは普通のサラリーマンですので、会社に出社する日はスーツを着て外出します

ところが麻布の平日の朝、もしくは夜に道を歩いていてスーツ姿の人は非常に少ない印象を受けます

これは私の考えですが、麻布に住む方は起業家やお医者様など、サラリーマン属性ではない方が多数住まれているからだと思います

スーツ率が低い状況で生活すると、働く人はスーツを着るべきと言う固定観念は麻布にはあまり関係がないということがわかります

麻布に住むと会社員でスーツを着る以外にもたくさんの仕事があるということに気付きます 

 

牛乳800円。しかも売れ残っている

 

港区麻布は物価が高いと言われます。それは半分正解で半分が間違っています

まずは物価が高いスーパーの話をします。私が最初に驚いたのは近所のスーパーで800円もする牛乳が売られていると言うことです

私はおいしい牛乳が300円前後で売られていることすら高級と考えている人間なので、一本800円の牛乳は誰が買うんだろうと思っていました

ただ私がもっと驚いたのは800円の牛乳は普通のスーパーで言われている300円の牛乳に比べて、麻布でも売れ残っている確率が高いと言うことです

つまり麻布に住むようなお金持ちの方でも、常に高級な食材を購入している訳ではなく、お金の使い方は非常に敏感だと言うことを学びました

800円の牛乳を大量に買い込む人など1度も見ることがなく、むしろ市販のレトルト食品やお惣菜を少量買う人が多い印象です。お金がある人はお金の使い方にとてもシビアなのだと思いました

外国の方が多い


私が住んでいる麻布は日本の中でも大使館が最も多い地区です

そのため平日も休日も海外の方がたくさんいらっしゃいます。日本にいるのにプチ海外旅行の気分を毎日味わえるようになります

また外国の方が多いのでお店も海外のお店がたくさんあります。これも刺激的で非常に面白いです

・ニューヨークのベーグル、サラダ
・ホノルル、オスロコーヒー
・中華専門店
・キムチ専門店

海外の方向けのスーパーもあります。私は海外旅行や海外の雰囲気が好きなので、麻布に住むことでちょっとだけ海外気分を味わえて毎日新鮮です

 

サングラス率が高い


イメージ通りでしたが特に女性の方はサングラス率が高い印象を受けます

麻布と言えば芸能人がたくさん住んでいるイメージです。そして男性も女性も明らかに華やかそうな人を見る機会が増えました

とは言え芸能関係のスクープのために取材をしている人はそんなに多いイメージはありません。たまに商店街に撮影隊がいるくらいなので、日常生活ではほとんど意識することがなくなります

 

スーパーで買い物をしているときや夜道に有名な方とすれ違うことも多いのでしょうが、普通に生活をしていると慣れてくるので気づかないことがほとんどです

 

とはいえ、一般の方も含めてオーラがある方が多い印象です。港区麻布に住むと普段は出会えない人に会える確率が非常に高まり、普通の会社員にとっては刺激的な日常を送れます

見たことがない車が多い


麻布に住むと見たことがない車をたくさん見ることができます

私は車に興味がないため、具体的にどのような車種は分かりませんが一目見てわかるフェラーリ以外にも、どこで売っているかわからないような見たことがない外車をたくさん見ることができます

車好きの方にはたまらない環境かもしれませんね

ダイエーがとても安い


港区麻布は大変過ごしやすい環境です。その理由はリーズナブルで使いやすいスーパーがたくさんあるからです

特に使いやすいスーパーはダイエーです。値段も安く深夜3時ごろまで営業しているので大変便利です

ダイエーで買い物をするようになれば、食費は他の地区に住むのと大して変わらないか、もしくは抑えることすらできると思います

港区のスーパーは全てが高級路線と言うわけではないのがまた面白いところですね

100円ショップもある


麻布商店街にはキャンドゥという100円ショップがあります

私はキッチンペーパー等の商品をよくキャンドゥに買いに行きます。いつも非常に賑わっており需要がたくさんあるんだなと言うことを実感します

消耗品は安いものたくさん購入したい時もありますよね。ちょっとした小物が必要なときに100円ショップがあるのは大変便利です

スニーカー率が高い


麻布に住むと身だしなみが整った方が多いのでファッションに興味を持ち始めました。そこで気づいたのが想像以上にスニーカー率が高いことです

これはおそらく健康志向で運動を大切にされてる方が多いからだと思います

ランニングされてる方もたくさんいらっしゃいますし、24時間通えるフィットネスジムも大量に存在します

また個人用のトレーニングジム、フィットネスジムなども大量に存在するので、健康志向の方がたくさんいらっしゃるのではと思います

お金がある方は健康にも投資をするということが目に見えて分かります

歯医者の数がとても多い


麻布に住むと歯医者の数がとても多いことに気づきます

私の地元では歯医者に行くために自転車で数十分かかっていた記憶がありますが、麻布では徒歩圏内の至るところに歯医者があります

外観から高級感あふれる歯医者もありますが、地元とほぼ変わらない、もしくはとてもリーズナブルな歯医者もあります

ビジネスや芸能関係など、人に見られる仕事、人に良い印象持ってもらう必要がある仕事では、歯が重要なのではないか私は思っています

お金がある方は清潔感を印象づける歯に投資をしている人が多いのだと思います

 

マンションの女性比率が多い


私が住むマンションは女性の方の比率が大変多いです

 

エレベーターですれ違う方は8割型女性の印象です


最初は理由がわからなかったのですが、港区の人口比率を見てみると男女比較で女性の方が多いことを知りました

なぜ女性が多いのか考えてみましたが、1番の理由は治安の良さだと思います

港区麻布は大使館が大変多いため、至るところに警察官が警備しています

私が毎日通勤に使う道では、5人程度の警察官に遭遇します。他の地区ではここまで警察官に会う事はまずないですよね

 

警察官が多いと言う事は治安が大変良いと言うことです。港区といっても六本木の1部は治安が悪いですが、麻布に関しては怖い経験をしたことは一度もありません

 

また私自身もですが、女性が好む健康志向のお店やおしゃれな海外のパン屋がたくさんあるのも理由の一つだと思います

・サラダ専門店

・オーガニック専門店

・パン専門店

・ナチュラルローソン

・成城石井

 

加えて麻布は歩道が大変綺麗で、どの道を歩いてもゴミは少なく気分が良いです

麻布に住む女性の方が多いのは、街の雰囲気や健康的・かつグルメなお店が多いからだと思います

まとめ。普通の会社員が麻布で一人暮らしすると毎日刺激的で大変楽しい

今回の記事では、普通の会社員が港区麻布で一人暮らしをして驚いたことをまとめてみました

周囲に港区に住んでいる話をすると驚かれることが大変多く、これは港区の家賃が大変高いからと言うイメージがあるからだと思います

しかし実際に家賃相場を検索してみるとわかりますが、家賃相場はワンルーム、1Kの間取りで約12万円からが平均です

築年数や、駅からの距離を多少妥協すれば、10万円程度で収まる物件もたくさんあります

最近は職住近接を考える人が多いためか、麻布では単身用のマンションが次々に建設されています

 

つまり高所得者のみをターゲットにしてるわけではなく、利便性を求める会社員の方もターゲットにしているということがわかります

家賃の問題がクリアできれば物価の問題ですが、ダイエーや100円ショップなどもあるので、物価が高くて困る事はまずありません

 

私自身も最近の生活費は20万円以下で収まるようになってきました。月の生活費が20万円で港区の生活ができると考えれば大変安くてコストパフォーマンスが良いですよね

 

www.takumoney.com

 

また麻布の良いところは徒歩圏内で六本木や東京タワー、広尾などにアクセスができることです

 
それでいて麻布は住宅街なので落ち着いた環境が手に入ります。もし港区に住みたいと言う方がいたら麻布の物件を検索してみることをお勧めします

と言うわけで普通の会社員が1年間麻布に暮らしてみて驚いたことをまとめてみました

私は20代のうちに港区に住む経験をしてみたかったのですが、実際に住んでみて大変刺激的で本当に良かったと思っています。興味がある方はぜひ物件を検索してみてはいかがでしょうか