シンプル都心ライフ

シンプルライフに憧れるけれど、都心の生活も満喫したい。そんな欲張りな20代男のシンプル都心ライフ中心のブログです。

シンプルライフで目指すのは、ハイランクのミニマリスト「ハイライフ」である理由

f:id:steveperry1373:20180816002206j:image

シンプルライフ、ミニマリストが日本で大ブームになってます

 

しかし、単純にシンプルライフやミニマリストというのは、「大切なものだけに囲まれて、不要なものに力を使わない生き方」です

 

「大切なもの」には、個人個人の性格やタイプが強く出るので、シンプルライフ、ミニマリストというのは、マニュアルが存在するわけではありません

 

個人個人が、「自由気ままにシンプルライフのイメージをして、ものを少なくしてミニマリストを目指す」。これがシンプルライフのメリットです

 

さて、タクミの場合は、シンプルライフで目指しているのは「ハイランクのシンプルライフ」です。通称「ハイライフ」です

 

 

 

v

 

 

シンプルライフで目指すのは、ハイランクのミニマリストである理由

ハイランクのシンプルライフ「ハイライフ」は、「住む場所」「数少ない持ち物」「健康」にこだわるライフスタイル

ハイライフとは、住む場所、数少ない持ち物、健康に特にこだわります

 

www.takumoney.com

www.takumoney.com

住む場所というのは、「利便性」と「治安」が良い場所に住むということです

 

  • 利便性:都心部である港区、新宿区、文京区、渋谷区などの近辺に住むこと
  • 治安:高級住宅地があるような「セキュリティ面がしっかりしている場所」に住むこと

 

当然ながら、上記2つの条件を満たす家は、家賃が高いです。なので、ハイライフでは、年収を増やすために本業を頑張ったり、副業でお金を稼げるまでビジネスをしたりと、向上心高くライフスタイルを送る人を指します

 

とは言っても、東京カレンダーに出てくるような登場人物とは違います。一流の場所(ほとんど港区のどこか)、家(ほとんどタワーマンションとシャンパン)、女性(港区女子)とのデートではなく、あくまで、自分が納得できるレベルの住居や場所に住んで、自分の趣味を謳歌できる人を指します

 

普通のシンプルライフというと、静かな場所で、多少不便なところでこじんまりとした生活を送ったり、生活費を抑えるように家賃の安いコンパクトな部屋にものを少なくして住むことを指すことが多いです

 

 

 

ハイライフに必要なのは、少しのお金と、向上心、そして健康

年収1000万円が必要というわけではなく、その年齢の平均年収以上を安定して稼ぎつつ、お金の使い道を、家賃やジム、ビジネスに使うのがハイライフの特徴です

 

特に健康は重要です。栄養のある食べ物を勉強したり、時にはサプリメントの力を借りつつ、定期的に運動の習慣を入れ、細マッチョ体系を維持します

 

理想としては、シンプルなユナイテッドアローズなどの数万円のジャケットと、ユニクロ系のシンプルな数千円のインナーとボトムスという、比較的シンプルでカジュアルな格好でもキマる男というのが理想です

 

しかし、シンプルな服装でもキマるためには、それ相応の筋肉は必要です

 

ゴールドジムのように、高級なジムに通う必要はありません。近場のジムで週に2〜3回程度、汗を流し、栄養補給できるくらいのお金があれば十分です

www.takumoney.com

 

そして、持ち物も最小限ながら、あなたがもっとも気に入ったブランドのものを持ちましょう

www.takumoney.com

 

タクミが男ながらメンズ用のプラダの財布を持っているのは、プラダはシンプルなデザインを意識していて、ハイライフの概念に最もぴったりときたからです

 

www.takumoney.com

 

ただし、あくまで予算の中であなたが最も気に入ったブランドのものを持てば良いです

 

もし、どんな分野でも一流のものを持ちたい。という価値観ならば、奮発してエルメスの長財布を買うべきですし、可愛いけど質が良いものが欲しいという女性ならプラダやミュウミュウなどがオススメです

 

大切なのは、限りあるお金の使い方を常に考えて、大切なもの、欲しいものだけに一点集中させるという考え方です

 

年収の大小に関係なく、欲しいものに一点集中すれば、たいていの小物は購入することができます

 

好きな上質のものだけに囲まれて生きるハイライフという概念。シンプルライフの極みとも言えるライフスタイルですが、今の年収からでも始めることができます

 

  • 住む場所や治安などに配慮したイメージが良い家に住む
  • ジムや食生活などで、健康に気を遣う
  • 限りあるお金を、本当に欲しい上質なものに一点集中する

 

ハイライフのマニュアルは、たったこれだけ。

 

年収に関わらず、やろうと思えば今すぐにやることができます

 

  • いつか使うかもしれないと取っておいたクーポンやお店のスタンプカードなどに別れを告げましょう
  • まだ着れるけど、汗の匂いがついてヨレてしまったインナーなどの服は捨てましょう
  • 気がついたら、どんどん増えてしまったボールペンなどの消耗品は、すべて捨てましょう
  • 思い出のモノは、写真や動画に取ったら、捨ててしまいましょう

 

ハイライフな過ごし方をするには、まずは現状のマキシマムなライフスタイルを改善する必要があります

 

余分なもの、不要なものを整理することから、はじめてみませんか。

www.takumoney.com