シンプル都心ライフ

東京都心で仕事、生活、プライベートを謳歌するノウハウを公開しています。

転職に成功する人の特徴をまとめてみた【実績が重要】

f:id:steveperry1373:20191022121202j:image

転職を考える人:新卒で入社した会社で3年以上頑張って仕事をした。ようやく仕事に慣れたし3年間はしっかりと仕事を継続できたのは自信になる。そろそろステップアップで転職を考えたいけど「実際に転職に成功している人」はどんな特徴があるのかな?

 

タクミです。新卒入社した会社がホワイトなのですが、ステップアップで転職を考え始めています

 

私の会社では「転職する人」は少なく、感覚的に9割以上の方が入社してから定年退職まで勤め上げるような会社です

 

それでも転職する人は一部おり「うらやましいなあ」と思うことも多々あります

 

今回は「転職に成功する人」の特徴をまとめてみました

 

なお「転職で成功」の定義は以下のどれかが達成できた場合とします

 

  • 今の会社より「年収」が増えた
  • 今の会社より「社会的ステータス」が増えた
  • 今の会社より「MBA」「独立」などスキルが身につきやすい
  • 今の会社より「ワークライフバランス」が良い

 

転職サイトのオススメはこちらの記事を参考にしてください!  

www.takumoney.com

 

 

 

転職に成功する人の特徴をまとめてみた【実績が重要】

転職に成功する人は「平均より」優秀である

転職で成功する人は「平均より」優秀であることが多いです

 

当然ですよね。私の感覚では、同期入社の中で「上位10%」にいるなと思った同期は「3年以内」に転職に成功していました

 

  • 必要な資格試験に最速で合格する
  • 仕事が若手の中でできる
  • 激務な環境でもタフに仕事する

 

もし、入社時から転職を考える人は「とにかく優秀な人材になる」ことに集中することをオススメします

 

私は「プライベートも楽しみたい」と考えてしまったことで「資格試験」「仕事へのコミット」が遅れてしまったことを後悔しています

 

転職に成功したいなら、例えば土日休みの会社なら、どちらか1日は「勉強」に当てた方が良いと痛感します

 

転職に成功する人は「早くから転職のアンテナ」が高い

転職に成功する人は「転職のアンテナ」が高いです

 

入社前の学生の頃から、転職に必要な「資格」「条件」を調べ尽くしています

 

所属する部署で転職に成功した人から「転職の情報」を聞き出しています

 

私の同期で、異業種の高待遇の会社に転職した人は「入社前の学生時代から転職を考えていた」と言っていました

 

転職前提で会社に入るのは戦略的ですが、早くから転職で成功するには必要なことです

 

転職に成功する人は「浮いた人」である

転職に成功する人は「浮いた人」であることが多いです

 

「浮いた人」とは決してネガティブな表現ではありません

 

  • 業界以外の人と交流がある(学生時代の異業種の人や先輩とつながっている)
  • 社外のセミナーやイベントに積極的に参加する
  • 飲み会も大切にするが、一人でコツコツ勉強する

 

つまり「華金」「YouTubeでだらだら」する普通のサラリーマンと対極の行動をしているということです

 

言いかえると「意識が高い人」といえます

 

集団に合わせているようにみえて、冷静に一歩引いた目で見ています

 

転職活動は入社した会社や社員にとっては「嫌」な行動ですよね。周囲に合わせすぎないタイプの人が転職する傾向にあります

 

転職に成功する人は「会社で実績を出した」人である

転職に成功する人は「会社で実績を出した」人であることが多いです

 

  • 海外出張・赴任の経験がある(語学力・海外実績がある)
  • 営業の数値が評価されている(売り上げ上位)
  • 注目されている仕事の中心人物である
  • 技術的なスキルが非常に高い(ITならセキュリティやAI)

 

営業系の会社では「全国1位、部署1位の売り上げ」など、目立つ成果をあげやすいですよね

 

一方でチームで働く仕事の場合は「相対評価」になるので、「個人評価」の実績を積みにくいです

 

また「儲かっている部署で注目される仕事」を担当できれば最高ですが、所属する部署は「運の要素」が非常に強いです

 

あくまで運の要素が強いのですが、少なくとも「所属部署で活躍する」ことを意識するのがいいと思います

 

転職に成功する人は「運」がいい

最後に本人のスキルに関係ないことですが、転職に成功する人は「運がいい」です

 

例えば外部要因でいえば「景気の良し悪し」があります

 

不景気の時代には「就職活動」「転職活動」も厳しい戦いになります

 

また同世代の多い年代では「ライバル」が多く、苦戦します

 

例えば私の例でいえば、2019年現在「景気はそこそこ良い」ので転職がしやすい状況です

 

また私の同世代は「120万人」「そこそこ少ない」ので「ライバルが少ない」です

 

もし私が大学をストレートに卒業できたら、2013年入社でした

 

しかし私は「留年」と「大学院進学」をしたので2016年入社になり、「3年」ほど入社時期が遅れました

 

しかし2013年よりも2016年の方が「景気が良かった」ので「就活」では有利でした

 

このように「転職に成功する」には「景気の良し悪し」という本人のスキルと関係ないことも重要です

 

新卒入社の時期は選べませんが、転職の時期は選べますので「いつでも転職できる」スキルを身につけてより良い条件の会社を探してみましょう

 

まとめ。転職に成功する人の特徴は明確。実績とスキルを身につけよう

今回の記事では「転職に成功できる人の特徴」をまとめてみました

 

  1. 平均よりも優秀である
  2. 早くから転職にアンテナを張っている
  3. 周囲から浮いた人である
  4. 所属した部署で実績を出す
  5. 景気がいい時期に転職する

 

私は上記5つ全てをできている訳ではありません

 

しかし大変運が良いことに「5」の景気が良い時代に生きています

 

例えば、言葉は悪いのですが、あまり会社に馴染めていない人が「外資系IT企業」に転職して年収が1.5倍になった話を聞きました

 

これは本人の実力もありますが「外資系IT企業」が積極採用をしているという「外部要因」も非常に大きいです

 

転職は「就活」と異なり、「転職する時期を選べる」のが重要です

 

「景気が良い時代」に転職できるように、所属している会社や部署で「実績・スキル」を身につけることを意識していきましょう!

 

www.takumoney.com

 

転職なら「doda(デュータ)」で探してみましょう 

転職サイトはdoda

 

あなたの市場価値を「無料」診断できる「MIDAS(ミイダス)」もオススメ!

>>>ミイダス