シンプル都心ライフ

シンプルライフに憧れるけれど、都心の生活も満喫したい。そんな欲張りな20代男のシンプル都心ライフ中心のブログです。

勉強をするときにやる気がなくなる考え方と、その対策法を考えてみた

f:id:steveperry1373:20180412185053j:plain

社会人になると勉強することが全くなくなる人もいますが、TOEICや情報系、金融などでは仕事と並行して勉強を続ける必要がある人も多いのではないでしょうか。

 

筆者も情報系の会社のため、三日後に迫った応用情報技術者試験の勉強をしています。

 

日本に生まれると18歳までは高校で勉強し、半数の人は大学受験のために猛勉強する習慣があります。

 

さらに弁護士、弁理士、会計士などの三大資格から、TOEIC、公務員勉強など、社会人になるまでに猛勉強が必要な人も多いですよね。

 

そんなわけで巷の本屋には〇〇勉強法という本が大量に並んでいます。9割は読む必要のない本なわけですが、読者としては勉強のやる気がでないときに、本にすがりたくなってしまうんでうよね。

 

筆者も大学受験のときは、なかなか成績が上がらないと、予備校のそばの本屋で暇つぶしに自己啓発本やビジネス本を読みあさっていました。

 

これは本当に無駄だったなあと反省しています。試験や大学の合格を目的とするなら、勉強する以外に方法はないですからね。

 

というわけで今回は勉強のやる気がなくなってしまうネガティブな考え方と、その対策について筆者なりにまとめてみました。

 

筆者のスペックとしては、大学受験は失敗。その後、奮起してTOEIC900点、東大大学院合格までは良かったですが、社会人になって情報系の試験に落ち続けるという状態です笑

 

ようは、元から神童と呼ばれるくらい進学校の出身ではないですし、実家が金持ちで長期留学に行った経験も、小学校から予備校に通った経験もありません。

 

ごくごく普通の能力をもつ筆者だからこそ、参考になる人は多いのではと思います。