シンプル都心ライフ

シンプルライフに憧れるけれど、都心の生活も満喫したい。そんな欲張りな20代男のシンプル都心ライフ中心のブログです。

朝が起きれなくて眠いのはあたりまえ!洗顔して紅茶やプロテインのみましょう!

f:id:steveperry1373:20180814091532j:image

平日の朝ってなかなかベッドや布団から出られないし、眠いですよね

 

タクミも最近は、というか今もベッドの上からブログを書いてます。家を出るのが9:30より少し前なので、朝は比較的ゆったりとスタートできます

 

しかし、何時間眠っても「朝は起きられないし眠い」ですよね

 

20代前半の頃は、当たり前のように徹夜したり、朝まで起きているのが普通だったので、体力の衰えを感じます笑

 

さて、インターネット上で「朝 起きれない 眠い」という検索をしている人が非常に多かったので、今回の記事を書いて見ました

 

ぶっちゃけた話、朝なんてみんな起きれないし、眠いしだるいですよ笑

 

冷たい水で洗顔して、栄養補給にプロテイン飲んで見ましょう!という超短絡的な話です笑

 

 

 

 

朝が起きれなくて眠いのはあたりまえ!洗顔してプロテインのみましょう!

目が重いのは、目やにがついてるから。洗顔してリフレッシュしましょう

目が重い感じがすると、なんだか眠気を感じますよね

 

朝の起きた瞬間、人にもよりますが目やにで目が重く感じます

 

タクミの場合は、目やにが多く、また寝ている時に目が開いてしまっているとなんども指摘されたことがあるので、なおさら、眠りが浅くなりがち

 

そんなわけで、朝起きて、眠気を吹き飛ばすには、「洗顔」しましょう

 

猛暑の夏は、それこそ冷水でバシャバシャと顔を洗ってスッキリさせちゃいましょう

 

カフェインを含んだ紅茶やコーヒーで眠気を覚ましましょう

朝の眠気を吹き飛ばすには、カフェインもうまく摂取していきましょう

 

タクミはコーヒーはあまり飲まないので、代わりに朝に紅茶を飲んでます

 

紅茶には、アンチエイジングの効果があるほかに、実はカフェインも多く含まれるので、朝の眠気を吹き飛ばすのに、もってこいです

 

朝は栄養不足状態、最低限「タンパク質」は摂取しましょう

朝に、野菜や果物中心のスムージーを飲む人は、特に女性に多いと思います

 

しかし、ビタミンも大切ですが、さらに大切なのが「たんぱく質」です

 

タクミは、無添加のプロテインに、ピュアココアと蜂蜜を混ぜたシェイクを毎朝飲んでます

 

6〜8時間という長時間眠った後の体は、栄養失調状態です

 

かといって、まだまだ胃などの臓器は活発になっていないので、朝から納豆ご飯味噌汁など、ガツガツ朝食は、ほどほどにしましょう

 

ホテルで朝食ブッフェを食べた方はわかると思いますが、朝に食べ過ぎると、体がだるくなってしまうんですよね

 

これは「朝の時間帯は胃が活発になってないから」です

 

なのでスムージーなどのドリンク系が良いのですが、スムージーにはたんぱく質がほぼ含まれてません。果物や野菜が中心だからです

 

きな粉をスムージーに混ぜるなら、かなりオススメです

 

そして、きな粉がないなら、プロテインでたんぱく質をしっかりと補給しましょう

 

これだけたんぱく質が大切という情報が流れているのに、未だに野菜ばかり食べて、肉、魚を食べない女の子が多いです

 

しかし、たんぱく質を十分に摂取できないと、肌も髪も悪影響が出てしまいます

 

プロテインは人工的だとか、腎臓を壊すという研究もありますが、あれは過剰に摂取した場合です

 

最近のハーバードの研究では、体重の1.6倍程度のプロテインであれば、影響はないという結果になってました

 

時々、体重の2倍くらいのたんぱく質をとれ、と筋トレ本に書いてあったりしますが、その場合は、プロテインだけでなく、ささみや卵など、たんぱく質を多く含んだ食材を複合させて摂取すれば問題無いです

 

とにかく、眠気の残る朝はカフェインに頼り、栄養素を体全体に浸透させましょう

 

まとめ。朝が眠いのはみんな同じ!ゆっくりと紅茶やプロテインを飲んで、出社しましょう

朝の習慣は人それぞれです

 

早朝からランニングに出かける人もいますし、ジャズやクラシック音楽を聴きながらリラックスしたり、朝の情報番組を見ながらコーヒーを飲んだりする人も多いでしょう

 

朝の貴重な時間は、あなた自身がいいと思える過ごし方をするのが、一番良いです

 

その朝の習慣の中に、少しだけ眠気を覚ますために紅茶やコーヒーを飲んだり、栄養を補給するためにプロテインやきな粉入りのスムージーを飲んであげると、さらに良いと思います

 

いつもの朝の習慣にプラスアルファで、健康的になって眠気を覚まして1日の仕事に向かいましょう