シンプル都心ライフ

東京都心で仕事、生活、プライベートを謳歌するノウハウを公開しています。

20代年収700万円の残業時間は?激務で休日出勤は多いの?

f:id:steveperry1373:20200224111517j:image

年収が気になる人:年収を増やしたいなあ。年収1000万円は無理でも20代で年収700万円くらいは目指したい。でも残業時間も長くなるのかな?

 

タクミです。20代で年収700万円の記事を過去に書きました

 

 

www.takumoney.com

www.takumoney.com

 

日本の平均年収が最も高くなる50代で670万円程度ですから、20代700万円となると「どれだけ鬼残業すればいいのか」と思うかと思います

 

これから就職活動も本格化するので学生の中には「年収が高めでも激務は嫌だな」と思う人もいるでしょう

 

そこで20代年収700万円の残業や激務度、休日出勤などについて「1サンプル」をご紹介します

 

世の中にはもっと残業が少なくて20代年収1000万円などの企業もあるかもですが、あくまで筆者の体験から「20代年収700万円」の仕事量をまとめます

 

 

 

20代年収700万円の残業時間は?激務で休日出勤は多いの?

20代700万円の残業時間は「月30時間」?

私個人のサンプルですが、20代年収700万円の場合、給与と賞与の内訳は「月収35〜40万円」「賞与120万円×2回」でした

 

では残業は月にどのくらいかといえば「月平均で30時間」程度です

 

とはいえ「平均月30時間」ですので、仕事量により波があります

 

朝10時出社から夜22時〜24時退社が週5の月もあれば、朝11時〜夜18:00時の時短が多い月もあります

 

私の場合、MAXで「月60時間」、最低では「月10時間」程度でした

 

月60時間になると休日出勤や深夜24時までの作業が続くことになりますが「倒れたり病んだりする」レベルにはほど遠いです

 

20代といえども「20代半ばで年収700万」の同期は「月80時間」で休日出勤や夜勤もコンスタントにこなしていました

 

私は20代後半での年収ですので「月30時間」程度でも年収700万円になります

 

 

20代で年収700万円だと休日出勤は多いの?

20代年収700万円の場合、やはり休日出勤は多いのでしょうか

 

結論としては私の場合は「休日出勤は何に2〜3回」です

 

年間休日は120〜140日(有給含む)と言われますから、そのうち2〜3日というのは少ないのではと思います

 

20代前半、半ばで年収700万なら休日出勤もガリガリこなす必要がありますが、大手企業で20代後半なら多少の休日出勤で年収700万円を超えることもあります

 

 

20代700万円で「年休取得」はできるの?

正直ベースですと20代700万円になると「仕事の責任」が大きくなり、休みにくい環境になっていきます

 

私の例でいえば・・・

 

  • 新卒:今のうちに年休取得しとけと言われる(年15日)
  • 2年目:閑散期に月1〜3日休む。(年20日)
  • 3年目:徐々に仕事に追われる。(年12日)
  • 4年目:自分で休みを調整できるが難しい(年10日)

 

このように制度上は年休が取得できるにしても「仕事の責任が高まり休みにくい」状態になっていきます

 

年収消化は義務ですので、上司から「年収とれ」と言われて「業務」がないがしろになることも多々あります

 

20代700万円の場合「年休はある程度妥協する必要がある」かもしれません

 

 

20代年収700万円では何を食べてどこで暮らす?

20代で年収700万円の場合は「ライフスタイル」によって「独身貴族」もできますし「ガンガン貯金」もできます

 

年収700万なら手取り530万円、「月44万円」の手取りになります

 

独身で貯金を考えずに「月44万円」ふるふるに使えるならそれこそ悠々自適です

 

  • 家賃15〜18万円の高級賃貸orタワーマンション
  • 交際費10万円
  • 食費・光熱費は7〜10万円
  • 被服費5〜10万円

 

都心部でも家賃15〜18万円払えばそこそこの高級賃貸に住めますし、交際費10万円使えるのは行動範囲が広がります

 

一方で生活費を月20万円前後にした場合、年間240万円のみの支出ですので「約300万円」の貯金ができます

 

月25万円に生活費をあげても「約240万円」、月30万円でそこそこ優雅に生活費しても「約180万円」もの貯金ができます

 

一人暮らしなら都心生活でも悠々自適ではあります

 

 

年収700万円を20代で超える企業の特徴は?

20代年収700万円を超える企業はどんな企業でしょうか

 

中には「業界や会社」により「あっという間に20代で年収1000万円」に到達する会社もあります

 

ではどのような企業が高給かといえば、皆様もご存知の有名企業が多いです

 

  • 5大商社(7大商社)+上位専門商社
  • 製薬
  • 金融
  • 不動産
  • IT/SIer/キャリア(一部上位)
  • インフラ(ガス等)
  • メーカー(最大手車/部品/精密機器)
  • 外資系

 

金融、不動産は最大手以外はチャンスがあります。しかし5大商社、インフラ、外資系は「学歴+アルファ」が求められます

 

もちろんこれ以外の業者でも高給な企業はありますが「入社自体が難しい」企業が多いです

 

IT/SIerは穴場ではあります。学歴がそこそこでもやる気があってコミュ力をアピールできれば文系でも最大手に採用されるケースがあります。これは「採用人数が多い」「他業種の滑り止め」に扱われることが多いからです

 

やはり大手高給企業は「人気」ですので「高学歴+体育会」や優秀な学生との勝負に「勝つ」必要はありますが「穴場業種」ならチャンスがあります

 

 

まとめ。20代後半で年収700万円の企業は「ほどほどに忙しい」

今回の記事では20代年収700万円の仕事の忙しさをまとめてみました

 

20代年収700万円の企業は・・・

 

  • 月10〜60時間の残業。平均30時間
  • 年休は年間10〜15日
  • 休日出勤は年に1〜3回

 

どうでしょうか。意外に忙しくないと感じる人もいれば「残業0でもっと休みが多い企業がいい」という人もいるでしょう

 

20代で年収1000万円を目指すなら「学歴」「ガクチカ」「運」を揃えて高給な企業に就職・転職する必要があります

 

さらに「激務」「リストラ」のリスクを受け入れないといけない可能性があります

 

都心生活であっても「一人暮らし」なら「700万円」あれば選択の幅が広がります

 

20代700万円なら大手企業に限らず手が届くことも多いので、ぜひ就活・転職などで挑戦してみてはいかがでしょうか