読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

タクのふらふらマネー日記

サラリーマン2年目をむかえるタクが、マネーや日々の暮らしについてフラフラとテキトーに語る日記

英語は慣れ!通信簿の英語の成績が3だったタクがTOEIC900点とって英語できるやつに生まれ変わった方法とは

みなさんこんにちはタクです。

 

昨日のブログでは英語ができることのメリットを書きました。

 

本当に英語ができると人生変わります。

 

しかし、こんなタクも高校生までは英語はからっきし苦手科目でした。

 

そこでタクの英語勉強の経歴についてまとめて行きます。

 

英語を勉強している人の参考になればと思います。

 ※先に謝りますが、タイトルのスコア、ちょっぴり誇張してますすみません笑

本記事の読者

 

「英語の勉強してるが、結果が出ないのでやる気を出したい人」

 

「帰国子女や高学歴でないと英語はできない、という概念を壊したい人」

 

「高い通信教材や塾に通わないといけないと勘違いしてる人

 

タクの中、高時代

 

英語の成績は3でした。

 

というより英語以外の成績もオール3でした。

 

中高進学校ではなく、地元の都立中、都立高の普通科に通ってました。

 

中学時代は中二の時に学習塾に通いますが、英文が読めないので単語をつなぎつなぎして、鉛筆を転がすことで、高校入試のテストで60点ほど取れました。

 

高校は偏差値50程度の都立高です。

初めの定期テストで220人中150位の好成績を残しました。

 

英語の点数は軒並み40点前後でした。

 

中学の知識が十分でなかったので、高校の文法は綺麗さっぱり頭に入りませんでした。

 

どこかのブログに書きましたが、「ドラゴン桜」の再放送をみて、急に勉強に奮起しました。

 

大手学習塾に通い出し、少しずつ英語の文法を理解できるようになりました。

 

しかし高校3年生の春のセンター模試は200点中100点。

 

泣きそうになりましたが、なんと勉強を続けると

 

「ふと、英文を読んで頭の中で内容が理解できている」という感覚になりました。

 

高校3年の5月に140点/200点

8月に160点/200点と着実に点数が上がりました。

 

本番では154点/200点でしたが、この時点でタクは一番の得意科目は英語と胸を張れるレベルになっていました。

 

大学入学と留年

 

第三志望で入った大学に馴染めず、勉強は一切しませんでした。

 

その結果、大学2年時に留年が確定。暗黒時代でした。

 

留年から新たに目標設定、カナダ留学とTOEIC猛勉強 

 

大学中退を考えましたが、ギリギリで踏ん張り留年して2回目の大学2年生。

 

とりあえず単位を取ることに専念して大学3年生に進級できました。

 

大学3年〜東大大学院でTOEIC急上昇

東大に入りたい一心でTOEICの猛勉強。

 

なぜなら東大の大学院はTOEFLというTOEICの超難化版を受けないといけなかったからです。

 

そのスタートとしてTOEICの勉強に励みます。

 

大学3年4月のTOEIC400/990点

6月680/990点

7月755/990点

 

8月には両親に無理を言ってカナダに3週間の短期留学に行きました。

 

英語のスピーキングテストがあり

 

「なぜカナダの留学を決意したの?」

 

という質問に対し

 

「So I~..........I want to go .......  Canada.  Because Canada....is good place」

 

一分間のスピーチで話せたのはこれだけでした。

 

質問に答えられてませんね笑

 

カナダ留学で優秀な参加者から刺激を受ける

参加者の中に早稲田大学の学生が20人ほど来ていました。

 

彼らは皆優秀でした。意識が高い。

 

「カナダのホームレスにひたすら英語で話しかける」

 

「クラブに行ってカナダ人をナンパする」

 

などなど、英語を身につけたい一心で必死に英語を話すように努力していました。

 

彼らは今でも時々飲みにいく最高の仲間です。

タクはTOEICで700点を超えたくらいで自慢していた自分が急激にはずかしくなりました。

 

東大大学院に合格。TOEFLはほぼトップの点数。TOEICが簡単に感じた

 

カナダから帰国後、さらに勉強時間を増やします。

 

理系の東大大学院生のTOEICスコアの平均が730点という話を聞き、平均を上回ったとも思いましたが、100%近い確率で合格したかったので勉強を続けました。

 

大学4年のTOEICで840点/990点

 

無事に東大の大学院に合格しました。

 

就活のためにさらにTOEICの勉強。手応えないが高得点

 

東大の大学院は早稲田の学生以上に意識が高かったです。

 

授業は8割型英語でした。

 

英語で「原子力発言について議論せよ」など、論理性と英語力が鍛えられる講義が続きました。

 

英語でのレポートも作成しました。

 

また、就活に力を入れていたタクはTOEICの勉強を再開。

 

大学院1年12月890点/990点(過去最高得点)

 

目標の900には一歩及びませんでしたが、理系大学院でAランクの860点を超えたので満足しました。

 

東大の大学院の学生の中でも一番高いスコアを出せたので、自信満々に就職活動に挑みました。

 

加えて大学院の授業でインドネシアに3週間滞在し、英語で現地の人と交流しました。

 

この時には

 

「気がついたら英語で会話してた」

 

状態になっていました。

 

英会話なんてものは一切意識してなかったです。

 

社会人になって

グローバルビジネスを展開している部署に配属になりました。

 

社会人1年目にグループ会社のベトナム人が来日しました。

 

英語を話せる先輩が少なかったので、タクが通訳をしたりしました。

 

その結果、会社のお偉い方から

 

「タクは英語できるやつ」

 

という太鼓判をもらうことができました。

 

結果的に部署の中で

 

「英語といえばタク」

 

という印象を与えることができました。

 

 

 

という感じで長くなりましたが、英語が苦手で通信簿の成績が3だったタクでも、英語は得意になれました。

 

英語はただの言語です。よく言われるようにアメリカやイギリスに行けば5歳児が堂々と英語を流暢に話しています笑

 

日本人にとっては英語は難しいというのは事実ですが

 

「英語が苦手な人が多いからこそ、英語ができることは強力な武器になる」

 

わけです。

 

正直な話、英語の勉強法やスキルなんてなんでもいいです。

 

本当に英語ができるようになりたい!という強い意志が最も必要です。

 

 

少しでも英語を勉強している方の参考になれば幸いです。

 

 

というわけでタクでした!

 

 

 

 

メリットは計り知れない!英語ができるメリットとは?

みなさんこんにちは。
 
本日は会社の飲み会のため、有楽町にある食べログ評価3.5以上のお店にきております。
 
ここはお肉が美味しいお店として有名だそうで飲み放題込みで五千円前後で黒毛和牛の焼肉、すき焼き、しゃぶしゃぶが堪能できます。
 
会社の女性の先輩が2年ほど産休に入るため、その送別会として予約しました。
 
うまいものをたべるには目がないタクですので、楽しみです。
 
 
さてさて今日の本題に行きましょう。
 
 

タクの考える英語ができるメリットとは?

 
はい。陳腐なタイトルですね笑
 
今回は英語ができることで得られるメリットについて語って行きたいと思います。
 
 
ちなみに日本での英語ができるとは
 
「なんとなく話せる」
 
「TOEICで800点以上持っている」
 
「なんとなく英語といえば〇〇と周りから思ってもらえる」
 
 
 
このように定義します。
 
発音はなんちゃってでOKです。
 
英語できない人は発音が流暢なのかどうか区別つきません。
 
TOEIC対策のみで700、800点超えたから、洋画や英字新聞読めない。
 
まじでOKです。
 
TOEIC〇〇点の威力はなかなかのものです。
 
昔の英検世代の人はTOEIC700持っていれば「英語できるなこいつ」と思ってくれます。
 
とにかく外国人に対してはノリで接する。
 
聞き取れなくて構いません。リズミカルにoh year!と行って笑いが起これば
 
「超絶コミュ力の高いやつ」
 
こう行った印象を与えられます。
 
 
前振りが長くなりましたが、実際に英語ができるとどのようなメリットがあるのでしょうか。
 
 

メリット1:賞賛を受ける

 

これは鉄板です。

 

未だに英語に苦手意識を持ってる人多すぎです。

 

「yes! oh~ Realy?」

 

中学校で習った超絶簡単な単語をオーバーリアクションで使えばそれで「話せる人」という印象を与えられます。

 

メリット2:仕事が増える

 

英語できれば食いっぱぐれありません。

 

通訳、海外勤務、などなど、英語ができることでできる仕事の量が増えます。

 

近年、英語ができる人が増えたので、需要過多など言われていますがそんなことありません。

 

現にタクのIT企業では、英語話せる人が少ないので非常に重宝されます。

 

メリット3:自身がつく

 

間違いなく、これが最も大きなメリットです。

 

英語が話せれば、自身がつきます。

 

日本人は1億人前後しかいませんが
 
英語が話せれば40億以上の人とコミュニケーションできます。
 
日本住んでても電車やまちで外国人に道を聞かれた際には
 
流暢な会話で対応でき自身がつきます。
 
まさに、この自身がつくというのが一番のメリットです。
 
 

英語は最初が一番辛い

 

と、このように英語を話せるメリットを述べてきましたが、

 

ぶっちゃけみなさんが聞きたい、知りたいのは

 

どうしたら英語ができるようになるのか

 

だと思います。

 

正直、短期間で手軽に、英語を取得するのは無理です。

 

タクのように純日本人の人は特にそうです。

 

逆に言えば、英語の学習にはまってしまえばあとはスポンジのように英語が身について行きます。

 

TOEIC700点はふざけていても取れるようになります。

 

なので英語を勉強している人、かつまだ結果が出ていない人は

 

結果が出るまで気長に勉強を続けてください。

 

 

英語は一生ものです。

 

メリットは計り知れないです。

 

というわけで英語ができるメリットについて語ってきました。

 

みなさんも英語の勉強、引き続き頑張ってください!

 

英語、めっちゃ面白いですよ!

 

というわけでタクでした!

 

Thank you for reaing of my blog message!

 

Have a good night!

 

Best regard! Taku

 

人間の欲は上限ない!お金を稼ぐより大事なこと。

どうもタクです。

 

我ながらお金臭いタイトルですが、最近よくこう考えるようになりました。

 

お金はいくら稼げば満足するのか

 

正直なところ日本で生活し、働き口がある以上、餓死する確率は限りなく低いです。

 

生活保護も手厚い日本なら、働き口がなくてもなんとか生きられます。

 

 

ちなみにちょぴっとタクの生まれの話をすると、タクは平均的に見ると貧乏な家系生まれです。

 

東京生まれですが、最も治安の悪いことで有名な区出身です。

 

家賃3万前後の団地で10歳まで家族4人で生活してました。

 

さらにさらに両親も団地生まれ、かつ21歳で姉を産んだ時は父は大学生でした。

 

夜間の大学だったので、昼はケーキ屋でアルバイトをして、夜に大学いく日々だったそうです。

 

記憶にないのですが、母も銀行員として働いていたので、姉やタクは日中は祖父や義母に預かってもらったこともあるようです。

 

また祖父、祖母は正社員ではなく警備員やパートなどで両親を育てていたそうです。

 

 

 

それでも衣食住に不自由した思い出はありません。

 

 

最新のゲームも買えたし、ピアノのレッスンもやっていました。20万程度の電子ピアノがありました。英会話もイヤイヤながら11歳〜12歳の時に習っていました。

 

とても平和で楽しく幸せな生活でした。

 

両親の仲が未だに良いのが一番の要因だと思います。

 

 

なので多少貧乏だとしても、幸せかどうかはそこまで影響しないとタクは思っています。

 

 

 

「じゃあなんでお金稼ぎたいんだよ」

 

 

と言えば

 

 

安心感や生存のためではなく

 

「好奇心を満たすため」です。

 

 

好奇心を満たしたいとはなにか。

 

それは

 

「いい家に住んだらどんな気持ちなんだろう」

 

「高給料理店に行ったらどんな素晴らしいことがあるんだろう」

 

「3億円持っていて働く必要がなくなったら、どんな気持ちになるんだろう」

 

このような欲を満たしたいから、お金を稼ぎたいんです。

 

 

しかし最近気がついたんです。

 

この好奇心、追求したら終わりがありません。

 

例えば「高給料理店」一つとってみます。

 

正直現代の情報化社会では「食べログ」などのアプリを利用することで、コスパの良い美味しいお店にガンガンいける時代です。

 

タクも食べログ評価3.5以上のお店は去年一年だけで40店舗回りましてそのほとんどが満足のいくお店でした。

 

しかし、「高給料理店」とはそのコスパとは相反するものです。

 

そして上限がありません。

 

タクは今年1月に35000円の食べログ評価4以上の鉄板焼きや「表参道うかい亭」に行きました。

 

それまでタクは、一回の食事で一人1万円以上自腹を切ったことはありませんでした。

 

なので35000円もするうかい亭では「唸るような緊張感と滝のような汗」が出ました。

 

そして極度の緊張と極限のうまさ、贅沢なラグジュアリーな空間を堪能し、

 

「行ってよかった」

 

と人生の中でも良い経験として学びを得たわけです。

 

 

しかし一食35000円を一度堪能すると、「次は5万円の寿司」「10万の高級フレンチ」などなどどんどん次の欲が出てしまいます。

 

好奇心のまま突っ走ったらあっという間に破産してしまいます。

 

家賃も一緒です。

 

初めての一人暮らしでビクビクしながらいきなり10万弱の賃貸を契約し、両親にアホほど怒られたタクですが笑

 

今では12万〜15万の賃貸、タワーマンションに住みたいという願望が得てきてしまいました。

 

 

「好奇心に終わりはない」からです。

 

 

これはタクだけではありません。

 

タクの会社の35歳以上の先輩上司は軒並み800万〜1500万の給与をもらっています。

 

世間的には多少高給取りの部類に入るはずです。

 

タクも少しは夢を見たいと、そんな先輩たちの優雅な生活に期待していました。

 

 

現実は、ほとんどの人が「お金欲しい。全然足りない」といいます。

 

家賃3万の団地出身のタクからすれば

 

「この人たちは一体どうしてお金に困っているんだろう」

 

と最初は想像がつきませんでした。

 

何せタクの両親は共働きで300万〜400万程度の年収でしたから。

共働きでですよ。

 

 

しかしよくよく聞くと

 

「8000万の家をローンで購入している」

 

「「目黒」「豊洲」など家賃相場が高い場所に住んでいる」

 

「子供に金を使いすぎ。甘やかせ過ぎ」

 

「毎日ランチに千円前後使っている」

 

などなど「家や食費、養育費」に一般以上にお金を使っているからという単純な原因でした。

 

 

周りから見れば

 

「いい家に住み」

 

「住みたい街で特集されるような都内の有数の場所で暮らし」

 

「ランチ、飲み会の値段に糸目をつけず」

 

「高級ベビーカーやオーガ一ニック食材などに湯水のごとく消費する(オーガニックはタクもですが笑)」

 

 

消費生活を十分に楽しんでいるようです。

 

 

しかしどこまで行っても好奇心はなくなりません。

 

8000万の家に住む先輩は1億2億の家に住む富裕層に嫉妬していると思いますし

 

それこそ豊かな日本では、通勤電車に乗ればそのうち何人かは億万長者でしょう。

 

 

上には上がいる。

 

生まれた途端に数億の資産を持っている人もいる。

 

生活レベルを上げようとするといくら稼いでも満足感は得られません。

 

 

じゃあどう考えればいいのか。

 

 

お金はやりたいことができるだけあればいい。

 

結局結論や本質はシンプルです。

 

満足するだけ稼げればいいんです。

 

日々、衣食住が満足できれば良い人なら月に15万あれば十分でしょう。

 

実家暮らしの人なら10万も稼げば御の字です。

 

大学生で実家にいた頃のタクは月2万から3万円のアルバイト代で十分満足してました。

 

タクの場合、今のサラリーマン生活では大体月の生活費が25万前後です。

*ちょい使いすぎで反省

 

給与は残業代抜きで20万弱の手取り、かつ家賃補助代込みで25〜26万が最低の手取りです。

 

これに20〜40時間の残業代がつくので、タクの場合残業代が貯金、株の運用資金となります。

 

ようは収入-支出がプラスになっていればいいんです。

 

かつ収入-支出のプラス分が増えていくことが理想です。

 

自由に生活していて、それでいて貯金額、投資額が少しずつ増えていく

 

それが一番幸せなことだ、とタクは考えています。

 

 

タクの場合は現在より生活費を減らしつつ、残業代、ボーナス、株運用、せどり、ブログの副業でさらに貯金額、投資額を増やしていくつもりです。

 

 

「お金を稼ぐより、収入-支出=の額を増やしていくこと

 

 

これが一番大切です。

 

 

以上、金遣いが荒くなってきて反省したタクでした。