タクログ

シンプル都心ライフ

シンプルライフに憧れるけれど、都心の生活も満喫したい。そんな欲張りな20代男のシンプル都心ライフ中心のブログです。

残業ゼロの代償!住民税が増えて火の車!残業で年収が高い人は、次年度の控除に要注意。

f:id:steveperry1373:20180617221346j:image

社会人1年目は、一番優雅な生活ができるといいますよね

 

それは社会人2年目から控除される「住民税」がないからです

 

そして社会人3年目になり、働き方改革の波にのって、月の残業時間が平均30時間からほぼ0になりました

 

一見、ライフワークバランスとしては残業ゼロはメリットが多そうですが、残業が多かった年から、いきなり残業が0になると、なかなか火の車になりがちです

 

 

住民税が増えて火の車!残業で年収が高い人は、次年度の控除に要注意!

残業で前年度の年収が高く出ていると、住民税が高くなる

残業は基本的に悪に見られがちです。

 

しかし残業代がしっかりつく会社なら、むしろ残業しないとまともな生活ができない企業もあります

 

筆者は、2年目の平均残業時間は30時間程度。各種補助を含めて昨年度は年収600万円程度でした

 

所得税は、昨年度の1月から12月までの年収、そして住居をもとに計算されます

 

結果的に、年収が高くなればなるほど、所得税は高くなるのです

 

ちなみに昨年度も高いと思ってましたが、昨年度よりも1万円ほど所得税があがりました

 

なんとかモチベーションをたもってます笑

 

前年に残業で年収が高くなっていると、残業がなくなったときにカツカツになる

もちろん、税金が上がること自体は仕方のないことだと思っています。

 

なにも北欧のように、高額な税金を取られているわけではないですし、むしろ税金を多く納めるほうが「よく頑張って稼いだな」とも思います

 

しかし、問題なのは昨年同様の収入を得られないとき。

 

サラリーマンの給与は、若手のうちは残業の有無によって決まります。

 

残業なしの人と、月に80時間の残業の人を比較すれば、時給換算で1時間2000円だとして、16万円も手取り額がかわってしまいます

 

残業がないことは本当にありがたいと思っています

 

心身ともに健康でいられるからです

 

しかし、その一方で、昨年度までの優雅なライフスタイルを送ることは難しくなります

 

所得税などの控除が、昇給額よりも増えて、なおかつ残業代が入らないからです

 

まとめ。残業がないという前提でライフスタイルを考えなおす

今回のように、住民税が増えて残業が0になることで、一気に収入が少なくなる経験をして気づいたことは、残業を前提としないで生活するということです

 

そもそも残業は0があたりまえ。

 

残業なしのベース収入から、日々のやりくりをすべきでした

 

社会人1年目は、初めての一人暮らしやサラリーマン生活もあって、非常に慎重にお金を使っていました

 

なので1年間で100万円近い貯金ができました

 

しかし2年目になり、所得税が増えましたが、残業代が増えたから使おうという発想になっていました

 

残業はいつ発生するかわかりません。またいつ残業がなくなるかもわかりません

 

残業に頼らないライフスタイルに切り替えないといけないなあと、社会人3年目になって痛感いたしました笑

 

皆様も、急な税金の増額にはくれぐれも気をつけてくださいね笑

 

お金はカツカツになりますが、残業なしの生活は本当にありがたいものです。

www.takumoney.com