シンプル都心ライフ

シンプルライフに憧れるけれど、都心の生活も満喫したい。そんな欲張りな20代男のシンプル都心ライフ中心のブログです。

ドイツの中心都市「ケルン」「フランクフルト」「ミュンヘン」を2泊で周遊してみた!値段や時間は?

タクミです

 

さて、ヨーロッパ旅行も終盤となりました

 

フランスのパリ、イギリスのロンドン、ベルギーのブリュッセルときて、最後はドイツのケルン、フランクフルト、ミュンヘンを周遊して来ました

 

ドイツは他にも首都ベルリンや、日本人が大好きなローデンブルグなど魅力に溢れた国です

 

とてもじゃないですが、たったの2泊で全ての都市を回ることは不可能でした

 

というわけで、たったのドイツ2泊3日でドイツの中心都市を3つを周遊してみて、わかったことをまとめてみました

 

 

 

 

 

ドイツの中心都市「ケルン」「フランクフルト」「ミュンヘン」を2泊で周遊してみた!値段や時間は?

ドイツのそれぞれの中心都市の特徴は、ケルン→大聖堂、フランクフルト→ビジネス都市、ミュンヘン→観光都市

ケルンは、ドイツの北側にあります

 

ベルギーのブリュッセルから、タリスという真っ赤な色をした新幹線で、片道2時間30くらいです(10,000円)

 

ちなみにタリスは事前にネットで予約していきました。日本語のサイトがあるので、手数料が1500円ほどかかりましたが、初心者の方はオススメです

 

さて、ドイツ最初の都市ケルンは、一言で言えば大聖堂です

f:id:steveperry1373:20180722223718j:image

ドイツのトリップアドバイザーでも、堂々の1位にランクインしている「ケルン大聖堂」が魅力のひとつです

 

もう、ケルン中央駅に到着してすぐのところに、ケルン大聖堂があります

 

大聖堂は、他の国やら都市にもたくさんありましたが、間違いなくドイツのケルン大聖堂が最も大きく、迫力がありました

 

ケルン大聖堂は夜の観光がベスト

f:id:steveperry1373:20180722223727j:image

今回は7月中旬の観光でしたので、ケルンの日没は22時30過ぎ

 

23時ごろにホテルを出発して、ケルン大聖堂の対岸側から、写真をパシャり

 

ドイツ旅行の旅のフィナーレといってもいいくらいの素敵な写真が撮れて大満足です!

 

ちなみにケルン大聖堂は、営業時間中は登ることもできますが、500段以上の階段があり、観光に1時間以上かかるということで今回はパスしました

 

時間と体力に余裕のある方は、ぜひケルン大聖堂を登ってみてください!

 

フランクフルトは、想像以上に大都市!大きなビルと旧市場が見所!

さて、ケルンからICEという、ドイツの新幹線でフランクフルトに向かいます(片道10,000円)

 

所要時間は1時間程度で、ケルン中央駅の券売機にて、クレジットカード決済で購入できました

 

さて、フランクフルトは一言で言えば、ビジネス街です

f:id:steveperry1373:20180722223858j:image

ヨーロッパの金融事業がフランクフルトに集まっているそうで、大きな近代的なビルが並びます

 

あれ、東京みたい、、と思っていたら、しっかりと旧市街も残っていました

 

 

 

フランクフルトは旧市街は、立派な観光地!お土産にもオススメ!

f:id:steveperry1373:20180722223906j:image

広場は昔ながらですし、観光名所として多くの観光客が訪れていました

 

タクミは、フランクフルト中央駅から徒歩20分のところにある、日本の三越銀座のような百貨店「マイツァイル」で「ロンネフェルト」という高級紅茶を買って来ました

 

こちら、アイリッシュモルトが一番人気で、100g5ユーロ/675円、ティーパックが8ユーロ/1000円くらいでした

f:id:steveperry1373:20180722224218j:image

正直なところ「ちょっと高いなあ」と思ったのですが、なんとこのアイリッシュモルトの茶葉は、日本のアマゾンで購入すると、100g1700円と超高級!

 

なんと3分の1の値段でロンネフェルトを購入できてしまいました!もっと買っておくべきだった!笑

 

ちなみに豆知識ですが、ロンネフェルトの茶葉は日本の5つ星ホテルで主に使われている業務用のため、東京の有名百貨店の新宿伊勢丹や、銀座三越では購入できません

 

日本だと、島根県に輸入店があり、横浜中華街の方にも店舗があるみたいです。いずれもドイツで買うより2〜3倍の値段がしそうですが汗

 

いやあ、もっと買っておけばと後悔しましたが、贈り物と自分用で大切に飲もうと思います

 

フランクフルトは、近代的な商業施設が多いので、ドイツのお土産を購入するのにも便利です

 

一方で、他の国や都市と異なり、そこまで目立った観光名所はありませんので注意が必要です

 

観光名所ならミュンヘン!日帰りでノイシュバンシュタイン城を見学するのが王道ルート!

さて、フランクフルトに似たドイツの主要都市ミュンヘンは、フランクフルトを南下して、片道15,000円で3〜4時間とちょっと距離があります

f:id:steveperry1373:20180722224320j:image

こちらもフランクフルトのように駅近くは近代的な建物やら、ショッピングモールが並びます

 

ミュンヘンには、旧市街から、近代的な大型ショッピングモールまで、新旧を合わせた見事な街並みがひろがっています

 

ドイツに観光に来たならぜひ立ち寄りたい場所です

 

ミュンヘンの観光の後は、お待ちかねのノイシュバンシュタイン城へ!

f:id:steveperry1373:20180722224410j:image

さて、観光客がミュンヘンに訪問したら絶対に行くべき場所は「ノイシュバンシュタイン城」です

 

そう、こちらのお城です。よくテレビでも放送されるくらい美しいお城です

 

これはノイシュバンシュタイン城から徒歩15分の場所にあるマリエン橋と呼ばれる橋から、観光客が写真を撮って撮影しています

f:id:steveperry1373:20180722224432j:image

こんな感じで大変混雑していて橋が壊れないか心配でした笑

 

しかし「ノイシュバンシュタイン城」は、フランスのモン・サン・ミシェルと同じく、ミュンヘンから片道2時間電車に乗った田舎にあります

 

行き方は、ミュンヘン中央駅から「フュッセン」という街まで、片道2時間程度です

 

1時間に1本は電車が出ていますので、10時くらいまでの電車に乗れば、十分にノイシュバンシュタイン城の日帰りが可能です

 

ただ、「フュッセン」の乗り場がミュンヘン中央駅の右奥の27番線というところでちょっとわかりにくいので、注意が必要です※2018年7月現在

 

また、切符の買い方が全く分からず、窓口で往復分を購入しました(往復4,000円)

 

「片道か往復か?」という切符売り場のおばちゃんの英語が訛ってて聞き取れず、呆れられてしまったのもいい思い出です笑

 

もちろんクレジットカードで切符は購入できます

 

さらに、フュッセン行きの電車は大変混み合って席がなくなりますので、発車の30分前には電車に乗って席を取っておくのをオススメします

 

席がなくなった人は、電車内の階段やら床にベタ座りしていて窮屈そうでした。自由席なので早めの行動が肝心です

 

フュッセン駅からはシャトルバスでノイシュバンシュタイン城へ!ただし城は2つあるので注意!

さて、フュッセン駅に到着したら、目の前のシャトルバスでノイシュバンシュタイン城に向かいます

 

しかし、タクミはミスして「ホーヘンシュバンガウ」行きのバスに乗ってしまいました(片道300円/10分)

f:id:steveperry1373:20180722224554j:image

実は、フュッセンにはノイシュバンシュタイン城の他にホーヘンシュバンガウ城という別のお城があります

 

おそらくみなさんの見たいノイシュバンシュタイン城に行く場合は、しっかりとバスにノイシュバンシュタイン城行きと書いてあるはずなので、そちらに乗ってください

 

とはいえ、ホーヘンシュバンガウからノイシュバンシュタイン城まで、徒歩で20〜30分程度ですので、どちらにせよバスでまずは移動することをオススメします

 

歩きでフュッセンからノイシュバンシュタイン城まで行くことも可能ですが、タクミが帰り道に、ノイシュバンシュタイン城からフュッセンまで、現金のユーロが尽きて歩いたところ、片道50分はかかりました

 

またノイシュバンシュタイン城までは、かなりの傾斜道を登ることになります。行きの体力は温存しておきましょう

 

頑張ってマリエン橋に着くと、あのノイシュバンシュタイン城の絶景を橋から見ることができます

 

ノイシュバンシュタイン城の中を観光するには、事前に切符の購入を!

 

さて、タクミはノイシュバンシュタイン城の外装を写真に取りたいだけなので良いのですが、ノイシュバンシュタイン城の中を見学したい場合、チケットを購入する必要があります

 

ちなみに、当日でもチケットは購入できますが、午前中に購入しようとしても、入場時間が17:00以降だったりと、数時間待つ必要が出てきます

 

ノイシュバンシュタイン城の中を見学したい方は、ネットで事前のチケットを購入の上、当日にチケットセンターにて、有効なチケットを手に入れてください

 

大変混雑しますので、観覧する1時間以上前にはこちらについていることをオススメします

 

ちなみにタクミのようにノイシュバンシュタイン城の外観を取りたい場合には、チケットなどは不要です

 

マリエン橋という場所まで、頑張って徒歩で登って、橋からノイシュバンシュタイン城を撮影しましょう

 

ドイツだけでなく、フランス、イギリス、ベルギーを含めて、最も感動する光景でした

 

ドイツのミュンヘンに行ったら、ノイシュバンシュタイン城は必ず観光して見てくださいね

 

まとめ。ドイツの主要3都市は、それぞれ違った魅力あり!ただし都市間の移動に時間とお金がかかるので、日数に余裕を持って行動するのがベスト!

 

タクミは、以下のようなプランでドイツ旅行をしました

 

一日目:ケルンで夜に一泊、ケルン大聖堂のイルミネーションを堪能

 

二日目:朝にケルンを出発、昼にフランクフルトで買い物と観光、19時にミュンヘン到着

 

三日目:ミュンヘンからフュッセンに日帰り旅行をして、ミュンヘン空港から、夜のフライトで日本に帰宅

 

なんとも弾丸旅行という感じなので、日数に余裕のある方は、1都市ずつしっかりと観光したり、ローデンブルグなど他の人気都市を観光するのもオススメです

 

また、ノイシュバンシュタイン城だけ見たいという人は、ケルンとフランクフルトをカットして、ミュンヘンからフュッセンまで日帰りするのもベストです

 

タクミのように、ドイツ北側のケルンから、南のフュッセンまで移動すると、交通費が3万円以上かかってしまいます

 

オススメプランとしては、ドイツの観光は1〜2都市に絞って、それぞれ観光するのがベストです

 

ただ、どうしても欲張ってドイツを観光したい!という人は、2泊3日でもドイツを横断できますよ、ということを知ってもらえれば嬉しいです

 

ドイツには、首都ベルリンやローデンブルグ、マイセンで有名なドレズデン、進撃の巨人のモデル都市になったネルトリゲンなど、まだまだ魅力的な都市があります

 

1度の旅行だけでは、まだまだ語れないドイツ

 

初めてドイツ旅行される方は、ミュンヘンを中心としてノイシュバンシュタイン城を見学し、2回目以降の訪問でそれ以外の都市を観光するのをオススメします

 

もしくは、ツアーで高速バスを使うと、ロマンチック街道を思いのままに観光できるので、ぜひ調べて見てください

 

というわけでフランス→イギリス→ベルギー→ドイツとヨーロッパ周遊の8泊9日の旅が終了しました

 

人生の中でも、最も密度の濃い最高の旅となりました

 

ぜひヨーロッパに旅行される際には、今回の記事を含めて参考にしていただけると嬉しいです!

 

www.takumoney.com