シンプル都心ライフ

東京都心で仕事、生活、プライベートを謳歌するノウハウを公開しています。

【一人暮らし】3畳の狭い部屋にダブルベッドは置ける?

 

タクミです。

 

仕事場への利便性を優先して都心に住むと、部屋が狭いというデメリットがあります。

 

私の家も1LDKなのはありがたいですが、寝室は3畳と非常に狭いのです。

 

とはいえ、せっかく寝室付きの部屋に引っ越したのだから、ベッドもグレードアップしたい。

 

さすがにクイーンサイズやキングサイズのベッドは難しそうなので、今回は「ダブルサイズのベッド」が3畳の部屋に置けるのか試してみました。

 

結論としては「寝室がベッドだけになるけど、部屋の形によっては3畳にダブルサイズのベッドは置ける」ということが分かりました。 

 

 

【一人暮らし】3畳の狭い部屋にダブルベッドは置ける?

【検証】3畳の寝室のサイズを測ってみた。

まず、3畳といっても、縦長なのか正方形なのかによって、サイズが異なります。

 

そこで私の物件の3畳の部屋のサイズを測ってみました。

 

すると縦幅257cm、横幅168cmであることが分かりました。

 

次に、ダブルベッドの大きさを調査しました。

 

ベッドのサイズを測る場合は、マットレスのサイズではなく、ベッドフレームのサイズを測る必要があります。

 

しかし、ベッドフレームはモノによって異なるため、大まかにマットレスのサイズを測ってみました。

 

すると、ダブルサイズのマットレスは縦幅200cm、横幅140cmであることがわかりました。

 

私の部屋と比較すると、なんとか入りそうであることがわかりました。

 

最後にベッドフレームは縦幅220cm、横幅150cmということで、ギリギリ3畳の部屋に入ることがわかりました。

 

最終的にはベッド売り場の店員様にも確認し、搬入経路も問題ないということで購入を決めました。

 

3畳の寝室だと制限がある気がしますが、部屋の形によってはダブルベッドも入ることがわかりました。

3畳の寝室にダブルベッドを入れるとどうなる?

f:id:steveperry1373:20210704192916j:image

結果として、3畳の部屋にもダブルサイズのベッドを入れることができましたが、実際に3畳の部屋にダブルベッドを入れると余白スペースはほぼなくなります。

 

私の場合は、横幅は10〜15cm程度、縦幅は30cm程度しかスペースがないので、ホテルのようにサイドテーブルをつけたり、照明を置く場所を取るのは難しいです。

 

私の寝室部屋はドアではなく、襖扉のように開閉自由となっているので、昔使っていたローテーブルをサイドテーブル代わりにして使っています。

 

もし、3畳でサイドテーブルなどを置きたいという方はセミダブルサイズまでにしておくと、レイアウトが作りやすいと思います。

 

逆にいえば、4畳以上の寝室がある方なら、ダブルサイズのベッドを入れても問題ないですし、6畳あるならクイーンサイズやキングサイズも入れられるのではと思います。

 

どこでどのシリーズのダブルベッドを購入したのか?

私は新宿にある「大塚家具」さんで、「シモンズのダブルベッド(ゴールデンバリュー)」と、「グレースサルーン」というヘッド部分が柔らかい皮でできたタイプのものを購入しました。

 

大塚家具さんで購入すると、値引きセールのおかげか、通常価格よりも安く買うことができました。

 

それでもシモンズのベッドはそれなりのお値段で、マットレス+ベッドフレーム+配送料+前のベッドの撤去費用を含めて25万円かかりました。

 

なお、寝心地はホテルのようで最高です。

 

私は身長が180cm以上あるので、以前使っていたシングルベッドは狭く感じましたが、ダブルサイズのベッドになると、一人では十分すぎるくらい広々として使うことができます。

 

ベッドはそこまで高頻度に変えるものではありませんから、多少値が張ることは我慢して、思い切って購入してしまうことをオススメします。

 

私は、寝るだけでなくiPadを使いながら、広々としたベッドの上でブログを書くのにハマっています。本当に最高です。

 

まとめ。3畳の狭い部屋でもダブルベッドは置ける!

今回は一人暮らしの3畳の寝室にも、ダブルベッドは置けるのか?について記事を書いてみました。

 

結果として、「ベッドだけのスペースにはなるが、3畳でもダブルベッドはおける(可能性がある)」ことがわかりました。

 

物件によって、縦幅、横幅は異なりますし、ベッドの場合は搬入経路が重要となるので、購入する際は、店員様に部屋の間取りや特徴をしっかりと説明してから、購入することをおすすめします。

 

人生の3分の1から4分の1は寝具の上で過ごすことになります。

 

長時間使うベッドには、可能な限りお金をかけて、少しでも疲れた体を癒せるようにしてみてはいかがでしょうか。