シンプル都心ライフ

シンプルライフに憧れるけれど、都心の生活も満喫したい。そんな欲張りな20代男のシンプル都心ライフ中心のブログです。

ミニマリストなシンプル部屋でも、ベッドだけはこだわるべき4つの理由

f:id:steveperry1373:20180703220434j:image

シンプルライフを目指しているタクミです

 

シンプルな生活、ミニマルでものをほとんど持たない生活をしていても、タクミの家には普通にベッドがあります

 

シンプルライフを快適に過ごすコツは、長時間使うものにはお金をかけること

 

こちらは、タクミが愛用しているベッドです

 

今回は、シンプルライフをするには、ベッドにはお金をかけるべきと思う4つの理由をご紹介します

 

 

 

 

シンプルな部屋でも、ベッドだけはこだわるべき4つの理由

ベッドは最低でも6時間以上使う大切な場所だから

ベッドはどんな人でも、毎日最低6時間以上は使います

 

タクミは平均睡眠時間は6〜8時間の間なので、人生のほとんどの時間をベッドの上にいることになります

 

せっかく長時間をベッドで過ごすなら、快適なベッドがいいですよね

 

ベッドはお金がかかる家具の代表ですが、できるだけお金を使ってでもいいものを手に入れることをオススメします

 

タクミは、日本製のフランスベッドをネット通販で購入しました

 

インターネットだと、どんな寝心地かわからないと思いますので、一度はお店で試してみるのがオススメです

 

フランスベッドは、東京だと六本木店があります

 

店舗では10万円以上が当たり前でしたが、インターネットでは10万円以下で本物のフランスベッドが購入できるのでオススメです

 

 ベッドにお金を使えないなら、マットレスにお金をかける

ベッドには、フレームの他にマットレスがあります

 

しかし、このマットレスが数万円から数十万円と、値段に幅があります

 

社会人になりたての方や、マットレスに数十万円使えない人も多いはず

 

そんな人は、トゥルースリーパーがオススメです

 

3万円以下の値段で、どんなベッドでも寝心地が最高に変わります

 

タクミも、ベッドカバーの下にトゥルースリーパーをひいてます

 

一気に寝心地が最高になるので、ぜひ一つ購入して見てください

 

慢性的な腰痛も、気がついたら治っていました

 

 

 寝心地を決める枕もこだわるべし

マットレスが寝心地に大きな影響を与えることがわかりました

 

そして、もう一つ寝心地を決めるのが枕です

 

枕は、テンピュールを使っています

 

テンピュールがオススメなのは、高さを低い部分と高い部分を日によって変えることができること

 

高さを調節できるので、あなたにとって最適な高さを選ぶことができるメリットがあります

 

枕で迷っているなら、テンピュールを使ってみることをオススメします

 

 余力があれば、掛け布団にもこだわる

かけぶとんまでこだわるかは自由ですが、タクミはデュベスタイルの掛け布団を使っています

 

デュベスタイルとは、高級ホテルでこぞって使用している年中使える掛け布団です

 

都内の5つ星ホテルでは、ほとんどこちらのデュベスタイルの掛け布団を使っています

 

ホテル向けの業務用を、一般向けに販売しているので、興味のある人はぜひ試して見てください

 

デメリットとしては、この掛け布団に慣れてしまうと、外出先のホテルではよっぽど高級なホテルでないと、快適に思えなくなることです笑

 

まとめ。シンプルな部屋でも寝具にはお金をかけるべし

寝具にはこだわりましょう

 

シンプルライフの方は、寝具もミニマムにする人も多いですが、寝具だけは本当にこだわった方がオススメです

 

特に、家のベッドは毎日長時間使う場所です

 

タクミは都内の高級ホテルに試しに泊まったりするのが趣味ですが、どの高級ホテルでも、一番重要なのはベッドです

 

家でもホテル仕様のベッドができれば、毎日ホテルに泊まるのと同じようになります

 

ぜひ、寝具にはこだわって見てくださいね!

 

コンパクトな部屋に引っ越しを考えるなら「いえらぶ」がオススメ!

お家探し・不動産情報のいえらぶ

 

www.takumoney.com