シンプル都心ライフ

シンプルライフに憧れるけれど、都心の生活も満喫したい。そんな欲張りな20代男のシンプル都心ライフ中心のブログです。

お金はいくら必要?独身者が生活するために本当に必要な額は500万円以上?

f:id:steveperry1373:20180826091617j:image

お金は、一体いくらあったら十分なのでしょうか

 

独身の方と、結婚されている方で、当然お金の必要な額が異なります

 

独身の方であれば、一人暮らしをして家賃を支払い、その他生活費、食費等を払った上で自分の趣味に使えるお金があり、それでいて貯金ができるほどにお金があるというのが最も理想では無いでしょうか

 

 

節約などをせずに、人生を楽しく過ごしながら、それでいてお金がどんどん増えていく。これくらいのお金を稼ぐには一体どうすれば良いのでしょうか

 

 

 

お金はいくら必要?独身者が生活するために本当に必要な額は?

都内で一人暮らしをするなら、年収6,000,000円を目指す

年収6,000,000円と言う数字は、頑張れば達成できる数字です

 

年間の手取り額で言うと4,600,000円程度です

 

ボーナスの手取り額を1,000,000円とすると、年間3,600,000円。毎月300,000円の手取りがある計算です

 

毎月300,000円あれば、家賃100,000円のところに住み、食費光熱費などの生活費に80,000円ほどだとしても、残り120,000円余っています

 

120,000円あれば、趣味に月100,000円使う人や、飲み会やデートの交際費が多く毎月100,000円程度使ってしまう人であっても、まだお金があまります

 

多くの独身の方であれば、お金がかかる趣味を持っていたとしても、毎月100,000円程度あれば、満足度が高いのではないでしょうか

 

さらに、毎月数万円のお金が貯金できる上に、ボーナスには全く手をつけていないので、年間1,000,000円は貯まる計算です

 

もし、毎月100,000円程度の自由に使えるお金があっても足りない場合は、このボーナスからお金を使えば1,000,000円分は自由に使えます

 

貯金を考えなければ、年収6,000,000円ある独身の方であれば、かなり優雅に生活をすることができます

 

また、貯金がメインの方であれば、生活費を合計200,000円程度まで抑えることができれば、毎月100,000円の貯金で年間1,200,000円。ボーナスと合わせて年間2,200,000円もの貯金をすることができます

 

 5年間この生活を続ければ10,000,000円の拠点を作ることができます

 

年収6,000,000円は難しい?年収5,000,000円であれば可能性は高まる

年収6,000,000円が難しい場合は、年収5,000,000円を目指してことをお勧めします

 

年収6,000,000円の時と同じ計算をすると、年間の手取りは年収5,000,000円の場合、およそ3,800,000円です

 

ボーナスの手取りを800,000円とすると、年間3,000,000円。毎月手取りで250,000円も使うことができます

 

手取りで毎月250,000円の場合、家賃 100,000円のところに住むと、残り150,000円。食費等の生活費を80,000円とすると残り70,000円。自由に使えるお金は毎月70,000円ということになります

 

もっと自由にお金を使いたい場合は、家賃80,000円程度に下げて、生活費も60,000円〜70000円レベルにすると、10,000円から30,000円分プラスされます

 

生活費60,000円と言うのは、かなり現実的です。食費を40,000円として、光熱費と通信費を合わせて20,000円とすると達成できるからです。

 

本業以外に、小額でも副業のお金があると、生活のクオリティーが上がる

 

さて、年収5,000,000円の場合と、年収6,000,000円の場合の、独身の方の生活費を見てきました

 

どちらにしても、独身の方でこれくらいの収入があれば、都心であっても十分に優雅に生活することが可能そうです

 

さらに満足度を上げるためには、毎月、副業で数千円稼げれば十分に達成できます。数万円稼げたら、さらに優雅になります

 

例えば、毎月3000円を稼ぐことができると、年間36,000円。毎年、高級ホテルに一泊したり、ミシュランの星付きのレストランに行くことができます。たったの月の3000円です

 

毎月5000円レベルになると、年間60,000円。ちょっとした国内旅行や、海外旅行を年に1回、本業の収入と関係なく楽しめるレベルです

 

毎月10,000円レベルにまで到達すると、年間120,000円。MacBook Airを始めとした高級なガジェットを買うことができるレベルです

 

本業以外にお金を稼ぐ副業は、実は値段以上に、価値のあるものです

 

お金に色は無いと言いますが、実際には本業で稼いだお金を使うよりも、副業で稼いだお金を使う方が満足度が非常に高いです

 

なぜなら、副業で稼いだお金は、自ら考えてお金を生み出す努力をした結果、収入として得られるものだからです。そして、収入はあなたの今後の努力次第では、どんどん成長する可能性があるからです

 

副業で稼いだお金は、本業のお金とは違い生活費に直接関与して来ません。本当に自由に使えるお金そのものなのです

 

理想的な生活としては、本業で毎年5,000,000円以上のお金を稼ぎつつ、副業で毎月3000円以上稼ぐようなことができれば、かなり満足度の高い生活を送ることができます

 

毎月3000円のレベルと言うのは、一見簡単そうですが、そこそこ時間がかかります。副業は、実際には誰でもできるものではありませんが、「時間」と言う武器を使うことで実現する可能性を高めることができます

 

まとめ。独身者であれば年収5,000,000円以上あれば充分に生活ができる。サラリーマンや、OLをしつつ、足りない部分は転職や副業で狙うのがオススメ

 

年収5,000,000円以上狙う場合、1番可能性が高いのは転職をして、年収5,000,000円の企業に入ることです

 

副業で、年収5,000,000円に達成すると言うのは、かなり厳しいレベルです。月100,000円レベル、年間120,000円を副業で稼ぎ、年収5,000,000円達成すると言うのは、ハードルが高いです

 

ですので、まずは本業で時間をかけて、年収5,000,000円近くまで稼ぎ、さらに、副業に数年間準備をかければ、毎月3000円以上の収益を得ることができます

 

副業には収益化するまでに時間がかかります。 1番もったいないのは、副業を始めたけれども、収益化できる前に止めてしまうということです

 

どんなに可能性が低そうな副業でも、時間をかけて、少しずつ微調整をすれば毎月3000円レベルであれば、ほとんどの人であれば稼げるはずです

 

本業でしっかりとお金を稼ぎつつ、数年単位で副業を成長させる。収入は二本柱で持っていると、優雅に生活ができそうですね

 

まずは本業で年収5,000,000円を稼ぐことを目標にしましょう。IT系の求人であれば、残業は多めになりがちですが、休みも多く、年収も高い求人が多いです

 

www.takumoney.com